おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

漫画家として成長したい!夢を実現させるなら漫画家の専門学校へ!

   

漫画の世界は非常に奥が深い世界ですが、これから漫画家になろうとする方や「漫画家として成長したい」という強い思いを持っている方は、漫画の専門学校へ行ってみましょう。

専門学校は夢を追い求める若者の味方です。

充実したフォロー体制、カリキュラム、システムと三拍子揃っていますので、専門学校に通えば素人からでも、プロの漫画家になれるチャンスがあります。

スポンサーリンク

漫画家という仕事

漫画家の仕事はまず漫画の設計図になるプロットを作り、その後に絵コンテの作成や下書きを行い、下書きが出来たらペン入れを行います。

そして、最後に仕上げを行って一つの「漫画」という作品が出来上がります。

イラストレーターなら、ただ絵がうまいだけでも良いですが、漫画家は物語を考えたり、登場するキャラクターの性格や物語での役割を考えたりと色々としなければいけないことが沢山あります。

読む方は気軽に読めますが、作る方は意外に大変な部分もあるわけです。

ですから、漫画家になりたいという方は、まずは一つの漫画作品を作るために必要な知識を身につけていく必要があります。

ノートに落書きする程度なら誰にでも出来ますが、ビジネスとして、また商業用として売り物に出来るレベルにするためには最低限の業界知識は必要不可欠です。

スポンサーリンク

成長できる環境が整っている専門学校がおすすめ

そこで、色々覚えなければいけないことがある漫画家を目指す際に、使うと良いおすすめの学習機関が専門学校です。

専門学校に通うメリットは非常に大きいので、素人からプロになりたいなら通ってみましょう。

例えば、漫画の専門学校には以下の6つの特徴があります。

効率よく学習

美容師や調理師といった専門職を目指す方がよく通う学習機関が専門学校です。

また漫画の専門学校では、二年ほどそこで勉強しただけで、素人からプロデビューする学生もそこで珍しくありません。

なぜ、そんな短期間でプロデビューをすることが出来るのかと言えば、やはり効率よく学習できるカリキュラムが専門学校にはあるからです。

専門学校の学習カリキュラムは、学生が効率よく基礎から応用を学べるように緻密に練られたものとなっています。

学習カリキュラムを作る際には、プロの漫画家や元プロなどの講師も大抵参加して練っていくこともあります。

独学で学習する場合、「プロとして何が必要か」ということが分からず、余計な事ばかり覚えてしまうこともありますが、専門学校なら本当に必要な事を重点的に学習していけますので、いち早くプロになれるのです。

効率よく学習したいなら独学より専門学校のほうが何かと優れています。

一人じゃない

自身の成長においては、仲間の存在が多大な影響を与えてくれることもあります。

同じ夢を共有し語り合える友達が一人いるだけでも、モチベーションは「グンッ」と上がってきます。

モチベーションがあれば絵にも熱が入りますし、もっと成長したいという気持ちがプラスに働きますので、周りに同じ学生がいる専門学校は成長するにはもってこいの環境です。

更に、同じ学生同士の繋がりがあるだけではなく、業界関係者との繋がりも出てきます。

多くの専門学校が漫画業界で有名なプロや元プロの漫画家や、編集者を講師として採用していますし、更に学校のイベントを通して定期的に業界人と関われる機会が多いです。

学習していく上で、決して一人ではありませんので、孤独な環境で勉強するのが苦手だという方には漫画の専門学校が良いでしょう。

作品を発表する場所がある

漫画家やイラストレーターの成長を考える時に、重要になってくる要素が作品を発表する場や機会です。

漫画家は自分で描いた漫画を自分で読んで楽しむものではなく、誰かに見てもらってなんぼの世界です。

専門学校では、作品を発表して誰かに見てもらえる作品展などがあります。

誰かに見てもらえる機会があると分かれば、作品作りにも力が入りますし、それがやりがいに繋がります。

また、指定された日にちまでに作品を作るという事自体も、プロとして働くようになったら求められる能力ですので、スケジュール管理能力も培っていけます。

評価やアドバイス

そして、発表した作品を誰かに見てもらい評価してもらえる機会も専門学校にはあります。

学生同士でお互いの作品を見て評価しあえば、自身の作品に足りない部分に気が付く事もよくありますし、更に自身の作品に磨きがかかってきます。

また、学生だけではなくプロの講師に見てもらえば、そこから良いアドバイスを貰えるチャンスもあります。

色々な人から評価を受け、アドバイスをもらって漫画家としての経験値を積んでいきましょう。

学校に通ったという実績

その他、漫画の専門学校を卒業するとそれは学歴として目に見える形になります。

就職活動をする時に専門学校に通っていたと履歴書にかければ、それもまた一つのプラス評価ポイントになる事も多いです。

就職支援

最後に、就活に関して言えば、専門学校では就職支援やフォローが整っている学校もありますので就職にも強いと言えます。

独学で漫画の勉強をした方は、就活の前に面接の練習をしたくても親にお願いするか、就職セミナーなどに参加するしかありませんが、専門学校なら学校自体が面接指導や履歴書の添削などを行ってくれる所もあります。

面接や履歴書などの書き方指導のほかに、就職関連の情報も積極的に学校側が集めて学生に提供してくれるので、就職活動もかなりやりやすいです。

良い学校生活を過ごす秘訣

ちなみに、漫画の専門学校に通う人は、良い学生生活を過ごすために次の事もやっておくと良いです。

アルバイトも漫画に関するものを

高校を卒業して専門学校に通うようになったら、親からの仕送りだけでは買いたいものも買えないこともあります。

そんな時に、学生はアルバイトをしてお金を稼ぎますが、そのアルバイトも可能なら漫画に関するものを選ぶと、将来的にアルバイト先での経験が役に立ちます。

デビューチャンスを伺う

漫画家としてのデビューチャンスは無数に転がっています。

専門学校側が与えてくれるデビューチャンスだけではなく、色々と情報収集をしてデビューチャンスを探していきましょう。

特にチェックしておきたいのは新人賞です。

少年誌によって新人賞が年に数回行われていますので、締切はいつか、どんな新人賞があるかをチェックして頭やスケジュールに入れておくと良いです。

また、新人賞の他には持ち込みによるデビューもありますので、専門学生のうちは人より多く動いて行動するのが、成功するためのポイントとなります。

資格取得

漫画の専門学校に通えば、メキメキと実力が上がっていくものですが、漫画能力検定といった関連する資格取得もしておくと良いです。

漫画家は美容師のように必須となる国家資格はありませんが、資格は無いよりあったほうが評価されます。

また、資格はただ評価されるだけではなく、資格取得のためには勉強は欠かせませんので、自身の知識も増えてきます。

専門学校へ行こう

漫画の専門学校は、素人からプロの漫画家になるための成長の土台がしっかりしています。

ぜひ、漫画家志望なら学校のカリキュラムをよく見たり、資料請求をして学校選びを行い、専門学校に通ってみましょう。

漫画の専門学校の公式サイトを見ると、よく講師陣のコメントやコラムなどが載っています。

読み物として面白いですし、意外に役に立つ事をかいていたりしますので、気になっていたらまずは調べるところから始めてみるのもおすすめです。

まとめ

近年はデジタル漫画制作も注目を集めていますが漫画の専門学校では、デジタルマンガ制作も学習できる所があります。

また、シナリオ演習や添削会など、独学で学ぶ場合は体験することが無い機会もあるので漫画家志望の方にとってかなり刺激的な環境もあります。

自身の成長を本気で考えるならやはり漫画の専門学校が良いでしょう。

独学で漫画家を目指すのは安上がりで気ままに出来ますが、逆にその気ままに出来る事が自身の成長を遅くしてしまうこともあります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.oca.ac.jp/work_books/44…
http://www.amgakuin.co.jp/contents/…
http://www.tsg.ac.jp/course/comic/i…
https://mannavi.net/newcomer/
http://manga.lemon-s.com/txt/plot.h…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校