おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

独学でも学べる?デザインを学ぶならデザイン専門学校がおすすめ!

   

デザインは日常の幅広い分野に浸透しているもので、身の回りにあるすべてのものはデザインすることで形作られているため、デザインがなければほとんどのものが成り立たないのです。

デザインは重要な位置を占める技術ですが、独学で学ぶことはできるのでしょうか。

ここでは、独学とデザイン専門学校で学ぶ時の特徴を比較しながら、デザイン専門学校の魅力をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

独学でデザインを学ぶ時の特徴

デッサンの基礎的な技術の練習をする

デッサンと聞くと絵画をイメージする方がいるかもしれませんが、デザインは物の形の土台となる技術なので、まずはデッサンの技術を身につける必要があります。

身の回りにある物をよく観察しながら鉛筆を使ってデッサンを積み重ねることで、バランスが良い線画を描くことができるようになります。

デッサンの練習は独学でもできますが、どのくらい上達しているか自分では判断が難しい場合があります。

デザインの書籍を自分で購入して学ぶ

デザインを学ぶ時、完成されたデザインを鑑賞するのは新しい作品を生み出す時の参考になりますが、作品を見るだけではデザインの完成に至るまでにどんな技術が必要なのか分かりません。

独学で学ぶ場合、幅広いデザインの作品を眺めるだけではなく、デザインの技術に関する書籍を自分で購入して基礎から応用まで学ぶことが大切です。

豊富なデザインの書籍があるため、何をどう選んだら効率良く学べるか分かりにくい場合があります。

デザイン展に足を運んで学ぶ

これまでにない新しいデザインを生み出すには基礎的な技術と発想力が必要となるため、幅広いデザインに目を通す必要があります。

有名なデザイナーのデザイン展は、完成度の高い作品を間近で見ることができるのでデザインの勉強になります。

デザインをただ眺めるだけではイメージを形にするスキルが身につかないため、高度なデザインのスキルを身につけたい場合に独学だと人一倍の練習量が必要となります。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイン専門学校で学ぶ時の特徴

カリキュラムに沿ってデザインを効率良く学べる

デザイン専門学校ではカリキュラムに沿って、実践をもとにレッスンを積み重ねていくので効率良くデザインが学べます。

初めてデザインを学ぶ方でも無理なく基礎から応用まで学べて、独学のように試行錯誤して学ぶという遠回りがなく、段階に応じてデザインに必要な技術を身につけていくことができます。

専門分野の講師から直接指導が受けられる

デザイン専門学校では専門分野の講師から直接指導を受けながら学ぶので、適切なレッスンを積み重ねることができます。

学ぶ過程で分からないことがある場合でも、その場で講師に質問できるので安心してレッスンを進めていくことができます。

また、プロの視点からデザインの技術がどのくらい身についているか判断してもらえるので、不足している点をより強化することができます。

基礎から応用まで段階に応じて丁寧に学ぶ

素晴らしいデザインが浮かんだとしても、それを形にする技術がなければせっかくのアイディアが生かされません。

デザイン専門学校では基礎から応用までを段階に応じて丁寧に学んでいくので、デザインの土台となるものを築いた上でプロに必要な技術を積み重ねていくことができます。

また、課題作品の提出があるのでスキルがどのくらい身についたか確認しやすいのです。

得意分野を掘り下げて丁寧に学べる

デザイン専門学校には、幅広い分野のコースがあるので基礎と応用を学んだ上で得意分野を掘り下げて丁寧に学ぶことができます。

学校で学ぶプロセスで自分がどんな分野に向いているのか掴めてくるので、専門的な技術のスキルアップが目指せます。

デザイン専門学校で学ぶことがおすすめの理由

デザインの土台となる基礎がしっかり身につく

デザインはデッサン・線画・発想力・デザインを形にする技術が揃ってはじめて完成するものです。

デザインの土台となる基礎が築かれていないまま、独学でデザインに取り組もうとするとイメージと違ったものが出来上がる可能性があります。

デザイン専門学校は、授業を通して基礎から応用までをしっかり身につけることができるのでおすすめです。

プロの視点からの適切なアドバイスが受けられる

独学でデザインについて学んでいると、自分の実力を客観的に判断できない場合があります。

その点、デザイン専門学校なら、プロの講師の視点から客観的に適切なアドバイスが受けられるので、自分の何が強みで何が弱みなのか知ることができます。

アドバイスをもとに必要なスキルを磨くことができるのでおすすめです。

即戦力となるデザインの技術が身につけられる

将来プロのデザイナーを目指すためにデザインを学んでいる方は、即戦力となるデザインの技術を身につける必要があります。

自分自身が好きなデザインをすることも大切ですが、プロのデザイナーの多くはクライアントの意向に沿ったデザインの依頼を受けるため、他者のイメージを形にする技術が必要となるのです。

デザイン専門学校はカリキュラムに沿って学び即戦力となるスキルが身につくのでおすすめです。

就職に関するサポートが整っている

デザイン専門学校は就職に関するサポート体制が整っているため、プロのデザイナーを目指す方にとって夢に近づきやすい特徴を持ちます。

学校によってプロのデザイナーを多く輩出しているところもあるので、適切なアドバイスをもとに就職のための準備を進めることができます。

就職率が高いデザイン専門学校を選ぶことで、デザインのスキルを身につけた上でプロへの道が歩みやすくなります。

学びやすい最適なデザイン専門学校の選び方

学びたいデザインのスキルが身につく学校を選ぶ

独学することでデザインの技術が伸び悩むような場合には、デザイン専門学校で学ぶと良いでしょう。

学びたいデザインのスキルが身につく学校を選ぶようにすれば、遠回りがなく効率良く必要な技術を身につけることができます。

詳しい授業内容を知りたい場合には、資料請求をしていくつかの候補の中から学校を選ぶことをおすすめします。

通いやすい場所にあるデザイン専門学校を選ぶ

自宅の近所に通いたいデザイン専門学校があれば良いですが、有名な専門学校は都心にあることが多いです。

公共の乗り物を利用して通学することになるかもしれませんが、駅の近くにある学校ならアクセスしやすいので通学しやすいです。

通いやすい学校なら、デザインを学ぶことに集中することができます。

丁寧な就職サポートを行っている学校を選ぶ

独学でデザインの技術を身につけた後、数多くのデザイン会社に自分自身で作品を持ち込んで採用してもらうのは時間と手間がかかってしまいます。

丁寧な就職サポートを行っているデザイン専門学校を選ぶようにすれば、効率良く就職活動することができます。

就職活動する場合には、履歴書だけではなくデザインの作品をまとめたポートフォリオを制作して面接時に持参する必要があります。

ポートフォリオ制作の指導や就職活動に関する相談を受け付けているデザイン専門学校を選ぶことで、安心して将来に向けての準備ができます。

まとめ

独学は試行錯誤しながらデザインについて学ぶので、カリキュラムに沿って学ぶ時と比べて必要な技術を身につける際にどうしても時間と手間がかかってしまいます。

デザイン専門学校はデザインの基礎と応用が効率良く身につくだけではなく、プロのデザイナーになるための就職サポートが付いているので将来に向けて着実なステップを踏むことができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ