おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

社会人でも大丈夫?夜間の漫画専門学校のメリットとデメリット

   

漫画家になる夢を持ちながら就職をして社会人として過ごす中で、どうしても夢を諦めきれないという方がいます。

かといって仕事を辞めて夢を追うことには不安がある方が多いかもしれません。

そんな時、夜間の漫画専門学校なら仕事をしながら漫画家を目指すことができます。

一般的な漫画専門学校とどんな違いがあるのか、夜間の漫画専門学校のメリットとデメリットを見ていくことにしましょう。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

スポンサーリンク

一般的な漫画専門学校と夜間の漫画専門学校の違いとは

一般的な漫画専門学校は朝から夕方までびっしり授業が入っているので、本格的に漫画の描き方を学ぶことに専念できます。

通常の漫画専門学校と夜間の漫画専門学校はどちらも漫画の描き方の基礎から応用、高いレベルの作品を描けるようになるまでの流れは同じですが、両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

授業を受ける時間帯が大きく異なる

一般的な漫画専門学校は朝から夕方までの時間帯の中で授業を受けますが、夜間の漫画専門学校は夕方から夜の時間帯の中で授業を受けます。

このことから、昼間は働いている方や学校に通っている学生の方でも授業を受けることができるです。

朝から夕方までの時間が空いていないことで漫画専門学校に通えなかった方でも、気軽に漫画のスキルを身につけることができます。

個別指導を受けながら安心して学べる

夜間の漫画専門学校は、少人数制クラスで授業を受けることが多く初心者の方でも安心して学べるのでおすすめです。

授業に関して分からないことがあっても、その場で理解できるまで丁寧に指導してもらえるので内容が濃い授業を通して漫画の描き方の上達を目指せます。

一般的な漫画専門学校のように大人数のクラスでは実現が難しい、個人に合わせたきめ細やかな指導が夜間漫画専門学校の魅力のひとつなのです。

1日の授業の時間が短時間で済む

一般的な漫画専門学校に入学すると、1日のうちのほとんどを授業を受けることに費やすので、ほかのことを同時にすることができない場合があります。

その点、夜間の漫画専門学校は1日の授業時間が夕方から夜にかけての短時間で済むので、1日の時間を効率良く使いながら漫画家を目指すことができます。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

スポンサーリンク

夜間漫画専門学校に通うことのメリット

夜間漫画専門学校は、短時間で漫画の描き方が学べる濃い授業内容となっているところが大きな魅力です。

時間を有効に使うことができれば、自分がやりたいと思っていることを効率良く実行することができますが、夜間漫画専門学校に通うことのメリットについて見ていくことにしましょう。

時間を効率良く使いながら漫画のスキルが身につく

漫画家を目指したくても、人によって様々な事情から1日のうちのすべての時間を漫画を描くことだけに使えないこともあります。

しかし、夜間漫画専門学校なら、夕方から夜までの限られた時間の中で集中的に漫画の描き方を学ぶことができるので時間を効率良く使いながら漫画のスキルを身につけることができます。

仕事や学業と両立しながら漫画の描き方が学べる

社会人の方や学生の方は漫画家を目指すために専門学校やスクールに通いたくても、昼間は仕事や学校があるので思うように漫画の指導を受けることができません。

しかし、夜間漫画専門学校なら、会社や学校が終わってゆっくりと過ごせる夕方からの時間を有効に使って授業が受けられるので仕事や学業との両立が可能なのです。

ライフスタイルを大きく変えずに安定的に漫画専門学校に通えるのでおすすめです。

分からない点も講師から丁寧な指導が受けられる

初めて漫画専門学校で漫画の描き方について学ぶ方は、授業を受ける中で分からないことが多く出てくるかもしれません。

そんな時、少人数制クラスの夜間漫画専門学校なら、講師から分からない点を丁寧に教えてもらえるのでスキルアップを目指しやすいでしょう。

クラスメイトが少ないことで周囲を気にせず質問しやすいので、もともと何かを質問するのが苦手な方におすすめです。

夜間漫画専門学校に通うことのデメリット

夜間漫画専門学校は、夕方から集中的に漫画の描き方が学べるので仕事や学校など、ほかのやるべきことがある方にとって漫画について学びやすい環境が整っています。

短時間の密度が濃い授業の中で講師から丁寧に指導が受けられるなど一見するとメリットしかないように思えますが、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

仕事帰りに遊びの予定が入れられない

夜間漫画専門学校に通っていると夕方からは授業が入っているので、社会人の方であれば仕事帰り、学生の方であれば学校帰りに遊びの予定を入れることができません。

このことから、同僚やクラスメイトと交流する時間を十分にとることができない点がデメリットのひとつです。

また、毎日の中で昼間は仕事や学校、夕方から夜にかけては授業というようにスケジュールがハードになりがちなので意志を強く持って入学することをおすすめします。

デッサンなど絵の描き方の練習に十分な時間がとれない

絵の描き方がまったく分からない状態からプロレベルの漫画が描けるようになるには、かなりの練習が必要となります。

通常の漫画専門学校は長期間かけて絵の基礎から漫画原稿の描き方までを学べるので、絵の描き方という初歩的なことからしっかり学べます。

しかし、夜間漫画専門学校はデッサンなど、絵の描き方に関する授業に多くの時間がとれないので、絵を描くことの十分な基礎を身につけたい方からすると授業内容に物足りなさを感じることがあるかもしれない点がデメリットです。

夜間漫画専門学校で漫画家デビューを目指すコツ

夜間漫画専門学校で漫画家デビューを目指すには、限られた時間の中で効率良く必要なスキルを身につけることが大切です。

漫画家を目指す方が数多くいるので、高いスキルを身につけるために授業以外でも漫画を積極的に描く必要がありますが、ここでは、夜間漫画専門学校で漫画家デビューを目指すコツを見ていきたいと思います。

分からないことはその都度講師に丁寧に教えてもらう

漫画を初めて学ぶ場合、基礎的なスキルをしっかり身につけておくことが大切です。

基礎という土台をしっかり築いておくことが応用的な技術の習得に必要なので、分からないことはその都度講師に丁寧に教えてもらうようにしましょう。

夜間クラスで学んだスキルを生かして新人賞に応募する

夜間クラスは短時間で集中的に漫画の描き方が学べるのが大きなメリットですが、身につけたスキルを生かして漫画の作品を積極的に制作することが夢への第一歩となります。

漫画は描けば描くほどスキルアップする分野なので、マイペースに漫画作品を制作しながら新人賞に応募すると良いでしょう。

卒業生の活躍に関する話をたくさん聞くようにする

夜間漫画専門学校で学ぶ中で、学習へのモチベーションをアップさせる方法のひとつが卒業生の活躍です。

自分が通っている専門学校に現在活躍中の卒業生がいることを知れば、自分の未来を描きやすくなります。

プロの漫画家の方と専門学校を通して繋がりがあるというだけでも高揚感があるので、授業に身が入るでしょう。

まとめ

夜間漫画専門学校は、これまで仕事や学校などを理由に本格的に漫画が学べなかった方にとってメリットがたくさんあります。

夕方から始まる短時間集中型の授業や少人数制の個別指導など、別のことをしながら漫画家を目指したい方にとって満足度が高い授業を受けることができるでしょう。

夜間漫画専門学校なら、効率良く学びながら漫画家デビューを目指すことができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校