おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

福岡の漫画の専門学校 ベスト4選!初心者でもプロになれる?

   

子供の時は、漫画家になりたいと夢を見ていても、多くの方たちは途中で、自分の才能の限界を感じて夢を諦めてしまうものです。

ところが、福岡にある漫画の専門学校に通えば、途中で夢を諦めた方だけではなく、今まで漫画を描いてこなかった方であってもプロを目指す事が十分に可能です。

にわかに信じがたい事かもしれませんが、なぜ、そこまで言い切れるのか詳しく紹介するので、確認してみて下さい。



スポンサーリンク

ASOポップカルチャー専門学校

『ASOポップカルチャー専門学校』は、専門的なスキルを習得できるように指導を行なっています。

そのため、読み書きだけで終わる場所ではないので、実践的なスキルを習得したい方には、興味深い所だと思うので本校について詳しく解説しましょう。

専門学校の特色

本校は、教養科目よりも『専門科目』を重視していて、基礎力・応用力・実践力・マインドなどが身に付くように指導しています。

実際に、様々なスキルを習得したとしても、実践力を身に付ける事ができなかったら、プロとして活躍する事は難しいのです。

しかし、専門学校は学習期間が短くなっているので、あまりスキルアップしないうちに卒業してしまう可能性があります。

本校では、そのような事がないように『少人数制』を採用していて、個別指導を行なっているのです。

一人の講師が、担当している生徒の人数が少なくなっている事から、丁寧な指導が可能になっているので、しっかりとスキルアップできます。

授業内容

本校では『マンガ・イラスト・CG科』と『マンガ専攻科(別科)』がありますが、おすすめなのはマンガ専攻科になります。

なぜなら、マンガ専攻科は3年制になっているので、学習期間が長くなっている事から、しっかりとスキルを習得する事ができるからです。

授業では、基礎的なスキルを習得できるようにペンテクニックから指導していくので、今まで漫画作品を制作してこなかった方でも、プロを目指す事は十分に可能です。

さらに、アナログとデジタルの両方のスキルも習得できるので、どちらのスキルを習得するべきか悩んでいる場合には、本校で学んでみる価値があります。

カリキュラムだけではなく『設備面』も充実していて、漫画制作ルームが完備されているので、漫画作品を制作しやすい環境を整えています。



スポンサーリンク

専門学校 九州デザイナー学院

『専門学校 九州デザイナー学院』は、漫画家にとって必要なスキルを数多く習得できるように指導しているので、飛躍的に画力をアップさせる事ができます。

そのため、今のままではプロになれないと思っている場合には、本校で学んでみる価値があるので、詳しく紹介していきましょう。

専門学校の特色

本校の魅力は何と言っても、充実した設備を完備している所にあります。

その設備とは、マンガスタジオ・Macルーム・学生ホールなどです。

マンガスタジオでは、漫画作品を制作しやすいように、多くのデスク・椅子・ペンタブなどが完備されているので、多くの生徒たちが授業に集中しやすくなっています。

Macルームでは、多くのMacが完備されている事から、デジタルの作品を制作する事が可能です。

デジタルは、アナログに比べて、温もりをあまり感じられないような作品になってしまう場合はありますが、効率よく作品を制作できるというメリットもあります。

学生ホールでは、大きめのデスクの周りに、多くの椅子が設置されているので、大勢の生徒たちとコミュニケーションを取る事が可能です。

授業内容

本校の『マンガ学科』には、マンガ専攻やコミックイラスト専攻があって、それぞれ学べる内容が違っています。

マンガ専攻では、キャラクターやストーリーの制作方法について指導が行われているので、絵を描く事は得意でも、ストーリーを考える事が苦手な方は学んでみる価値があります。

さらに、Illustrator・Photoshop・Clip Studio EXなどの専用ソフトの操作方法も学べるので、デジタルの漫画作品を制作する事も可能です。

コミックイラスト専攻でも多くの専用ソフトの操作法を学べますが、漫画作品というよりはイラスト作品の制作法について学びます。

そのため、漫画制作を集中的に学びたい場合には、コミックイラスト専攻よりも、マンガ専攻のほうがおすすめです。

専門学校 日本デザイナー学院

『専門学校 日本デザイナー学院』は、生徒の個性をつぶさないように指導をしているので、多くの方たちが授業に取り組みやすくなっているので、その魅力に迫ってみましょう。

専門学校の特色

義務教育までは、大人数の生徒たちが集団行動に馴染めるように指導が行われています。

集団行動を取る事は重要ですが、少し息苦しく感じてしまう方も多いでしょう。

本校では、アットホームな校風で、少人数制を採用しているので、義務教育とは違う雰囲気で授業を受ける事ができるのです。

そのため、多くの生徒たちがリラックスした気持ちで授業に取り組む事ができます。

実践的なカリキュラムを習得できるように指導が行われていますが、生徒たちのペースでスキルアップできるように配慮してくれるのです。

そのため、焦る必要もないので、落ち着いてスキルアップする事が可能です。

さらに50年を超える伝統があるので、サポート体制も充実しています(2019年時点の情報)。

授業内容

本校の『マンガ科』では、デッサン力が付くように指導を行っているので、イメージ通りの絵を制作できるようになります(個人差があるので注意)。

義務教育で、デッサンを受けてきた時には、リンゴや手などを鉛筆で描くだけなので、あまり面白みを感なかったかもしれません。

しかし、デッサン力が付けば、迫力のあるキャラクターを描く事もできるようになるので、デッサンをする意義はあります。

さらに『ビジネスマナーコミュニケーション』を学ぶ事もできるので、漫画に関わる方たちとコミュニケーションを取る時に役立てる事もできるでしょう。

福岡デザイン&テクノロジー専門学校

『福岡デザイン&テクノロジー専門学校』は、設備が充実している上に、様々なイベントを行なっているので、生徒たちはあまりストレスをためずに漫画作品に集中する事ができます。

そのため、多くの方たちが満足しやすい専門学校になっているので、詳しく紹介しましょう。

専門学校の特色

本校では『学生寮』が完備されていて、全室個室になっているので、プライベートを大切にしたい方でも満足しやすい環境を整えています。

セキュリティーもしっかりとしていて『カードロックシステム』を採用している上に『防犯カメラシステム』が設置されているので、女性の独り暮らしでも、それほど心配する必要がありません。

授業では、作画の時に利用できる『ライトテーブル』を設置しているので、効率よく漫画作品を制作する事が可能です。

『マンガ制作実習室』も完備していて、1,000冊を超える漫画の蔵書まで用意されているので、作品細作をする上で、参考にする事もできます(完全なコピーをしたら著作権違反になるので注意)。

そして『学園祭』や『海外クリエーティブ研修』などのイベントを行なっていて、気分をリフレッシュする事ができます。

授業内容

本校の『マンガ専攻』では、マンガ制作をしていき、高度なスキルを習得しながら、作業スピードを上げる方法を学ぶ事ができます。

そのため、今まで漫画作品を制作する際に、完成まで時間をかけてしまっていた場合には、本校で学んでみる価値があります。

さらに『シナリオライティング』や『アイデアテクニック』などを学ぶ事もできるので、ストーリーの構成やアイデアなどを考える能力も身に付ける事が可能です。

まとめ

福岡にある漫画の専門学校では、充実した設備を完備している上に、多くのスキルを習得できるように指導しています。

そのため、学習期間が数年であったとしても、プロの漫画家になるためのスキルを習得する事は十分に可能です。

ただし、漫画家になろうとしている方たちは多くいるので、必ずプロデビューできるという訳ではないので注意して下さい。

参考URL・参考文献・根拠など

https://apc.asojuku.ac.jp/
https://www.kdg.ac.jp/comic.html
https://www.ndg-nbs.ac.jp/courses/m…
https://www.fca.ac.jp/course/manga_…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校