おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

評判の良い漫画の専門学校 ベスト4選!満足できるポイントが違う?

   

日本には、多くの漫画の専門学校がありますが、評判の悪い専門学校もあって、プロデビューできない専門学生たちは多くいます。

そのため、入学する際には、しっかりと評判の良い所を選んで、プロデビューを目指す事が重要になります。

そこで、数多くある専門学校の中でも、評判の良い専門学校を4校まで紹介するので、参考にしてみて下さい。



スポンサーリンク

総合学園ヒューマンアカデミー

『総合学園ヒューマンアカデミー』は、全ての分野で、評判が良いので、あなたも満足できる可能性は高いです。

そこで、どのような評判やカリキュラムになっているのか紹介するので、確認してみて下さい。

専門学校の評判

本校は、夜間・通信講座・通信制講座などがあって、高校を卒業したばかりの方だけではなく、社会人の方でも学びやすくなっています。

会社を辞めないで学ぶ事も可能になっていて、貯金を切り崩さないで、学んでいく事ができるのです。

そのため、多くの方たちが気軽に学ぶ事が可能です。

さらに、100名以上のプロの講師が在籍している事から、生徒一人一人に対して、丁寧に指導する事もできます。

通学している最中は、気が緩みがちになってしまいますが、本校では『長期インターシップ制度』を用意しているので、在学中にも関わらずプロにとって必要な経験を積む事ができます。

インターシップ制度を利用すれば、緊張感を持って仕事をする事もできるので、授業に真剣に取り組む事もできるでしょう。

受講費用は155万円以上になっているので、少し高くなっていますが、学びやすくなっている事を考えたら、社会人の方で漫画を学んでみたい場合にはおすすめの学校です。

カリキュラムの内容

今まで、漫画作品を制作してこなかった方たちは、専門学校で学んでも、プロデビューできないのではないかと心配になってしまうかもしれません。

ところが、本校では、漫画の技法を基礎から徹底的に指導していくので、プロデビューする事も夢ではありません。

さらに、ストーリーの構想やデッサンなども指導しているので、ストーリーが思いつかない方や、画力が低い方でもイメージ通りの漫画作品を制作する事が十分に可能です。



スポンサーリンク

東京コミュニケーションアート専門学校

『東京コミュニケーションアート専門学校』は、学費が不明になっていますが、様々なサポート制度を整えているので、詳しく紹介しましょう。

専門学校の評判

本校は『奨学金』や『教育ローン』などを利用できる場合があるので、経済的にゆとりのない方でも、学びやすい専門学校になっています。

本校には『マンガ専攻』がありますが、3年制しかなくて、あまり評判は良くありません。

確かに、2年制に比べたら、学習期間が長くなってしまうので、プロデビューできる時期が遅れてしまいます。

しかし、1年も長く学ぶ事ができれば、多くのスキルを習得する事ができるので、将来の事を考えれば決して悪いポイントとは言えないでしょう。

授業では『専攻』以外の授業も受ける事ができるので、様々なスキルを習得してみたい方には、おすすめの専門学校です。

さらに、360社以上と太いパイプがあるので、デビュー活動する際には有利になるでしょう。

カリキュラムの内容

1年次には、デッサン・クロッキー・背景効果・アシスタントテクニックなどを学ぶ事ができるので、基礎的なスキルを習得する事ができます。

アシスタントテクニックを学べば、漫画家だけではなく、漫画家アシスタントを目指す事もできるので、デビュー活動をする際の選択肢の幅を広げる事ができるのです。

2年次には、デジタルの漫画を制作する事ができるので、アナログとデジタルのスキルの両方を習得する事が可能です。

3年次では英会話や海外実学研修などが用意されているので、様々な経験を積む事ができます。

日本アニメ・マンガ専門学校

『日本アニメ・マンガ専門学校』は、東京コミュニケーションアート専門学校とは違って、学習期間が違っているので、評判が悪くなっている所もあります。

しかし、スキルアップしやすくなっていて、評判の良い所もあるので、詳しく解説しましょう。

専門学校の評判

東京コミュニケーションアート専門学校では、学習期間が3年になっている事から、評判が悪くなっていました。

ところが、本校(日本アニメ・マンガ専門学校)の場合には、学習期間が2年になっている事によって、評判が悪くなっていたのです。

この辺りは、学習期間が短くなっている事によって、評判が悪いというよりは、通信講座が充実していない事が大きく関係しているのでしょう。

しかし、プロの講師が指導してくれる上に『マンガ編集部特別添削会』が実施されていて、評判の良い所もあります。

実際に、プロの講師は的確な指導をしてくれるので、学習期間が2年しかなくても、スキルアップする事が十分に可能です。

カリキュラムの内容

本校の『マンガクリエイト科』では、つけペンテクニックや画材技法などを学べるので、様々な画材道具を扱えるようになります。

そのため、今まで、画材を扱った事がない方でも、画風の幅を広げる事が可能です。

さらに、人体をクロッキーする授業が行われているので、画力を高めるだけではなく、キャラクターを制作できるようになります。

そして『デジタルコミック』で、Clip Studioを使って、デジタルの漫画作品を制作する事もできるのです。

代々木アニメーション 学院

『代々木アニメーション 学院』も、評判の悪い所と良い所がありますが、悪い所はあまり心配する必要がありません。

なぜなら、評判の悪い所は、漫画とはあまり関係がないからです。

そこで、漫画を学びたい方のために、本校について詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。

専門学校の評判

本校で、評判の悪い所は2つあります。

1つ目は、出版業界よりもアニメ業界のほうが、繋がりが強い所です。

漫画家を目指している方にしてみれば、少し気になるかもしれませんが、アニメーション制作企業に就職しやすいので、決して悪いポイントとは言えないでしょう。

2つ目は、アニメの実績ほどではないという評判です。

しかし、実績が少なかったとしても生徒本人が努力をすれば、それほど問題にはならないので、気にする所ではないでしょう。

本校は『夜間コース』や『週1コース』があるので、社会人の方でも学びやすくなっています。

そして、業界に精通したプロの講師の指導を受けられるので、評判の良い所も数多くあります。

カリキュラムの内容

本校の『マンガ科』では、1年次で、キャラクター描画基礎・マンガ画材基礎・背景&パース基礎などを学べます。

基礎的なスキルが多くなっていますが、背景やパースなどを学ぶ事ができれば、リアルな漫画作品を制作する事ができるのです。

2年次には、発想トレーニングや、ストーリー応用なども学ぶ事ができるので、読者の興味を惹きつけられるストーリーを考えつく事も可能です。

そのため、キャラクターは制作できても、ストーリーが思いつかない方は、本校で学んでみる事をおすすめします。

まとめ

評判の良い専門学校と言っても、評判の良い所もあれば、悪い所があるので、総合学園ヒューマンアカデミーのように全ての分野で評判が良い所はごくわずかです。

しかし、評判が悪い所と言っても、その内容を見れば、自分が学びやすい学校なのか分かるはずです。

そのため、専門学校の評判を聞いてから入学したい場合には、評判が悪い内容が自分にとって不利になるものか確認してから、検討したほうが良いでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://mangaschool-hikaku.com/
http://www.mangaka-suCCess.com/scho…
https://ha.athuman.com/manga/
https://www.tca.ac.jp/creative/cour…
http://www.web-jam.jp/
https://www.yoani.co.jp/

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校