おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

驚きの低価格さと高いパフォーマンスを兼ね備えたマルチに使える液タブ

   

液タブ XP-pen 液晶ペンタブレット 15.6インチペンタブ 電池不要ペン フルHD 筆圧8192レベル 6個エクスプレキー Artist15.6 タブレット収納用バッグと描写専用グローブ付き 正規品

スマホでなんでも済ませられたらいいですが、イラストを描くのにはスマホはかなり狭くて描きにくいです。

そこで便利なのが大きくてスマホと同じように使えるタブレットであり、タブレットはイラストを描きたい人にはもってこいのアイテムです。

今回はそんな液晶タブレット、略して液タブの中から特に初心者にぴったりな低価格で高いパフォーマンス性があるイラストも描ける物を2つ紹介します。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

BLUEDOT 8インチ タブレットBNT-801W

BLUEDOT 8インチ タブレットBNT-801W (Android8.1/A53クアッドコア1.3GHz/RAM 2GB/ROM 16GB)

BLUEDOTから販売されているAndroid 8.1搭載のタブレットです。

付属のペンなどはありませんが、イラストを描くにあたっては別途販売されているマルチペンでもしっかり描けるようになっていて問題ありません。

もちろんアプリもAndroid 8.1に対応している物ならインストール可能ですし、内蔵メモリの16GBの容量の中やmicroSDカードにもアプリをしっかり入れられます。

このタブレットの長所は薄くて軽量という点であり、持ち運んで使いたい人や手に持って使いたいという人にぴったりです。

低価格というのもあってAmazonでも人気が高い液タブになっています。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶タブレットのスペックと価格

サイズは20.9cmx12.4cmx0.9cmと薄く、さらにそこまで小さいと言うわけでもありません。

画面サイズは8インチであり、解像度は1280×800と大画面で美しい映像を楽しんだり、イラストも綺麗に描けるようになっています。

重量は322gと軽めであり、持ち運びも可能です。

CPUはMediaTek社のを使っており、CPU速度は1.30 GHz、プロセッサ数は4つです。

メモリタイプはDDR3 SDRAMとなっています。

RAM容量は2、GBで、HDD容量は16GBもあります。

またmicroSDカードスロットもあるので、容量の増設も可能。

通信の形式はWi-Fiであり、4Gなどの通信は使えません。

電源はUSB Type-Cで充電するようになっています。

価格はAmazonの価格で12,480円とかなりの低価格さ。

カラーバリエーションはホワイト1種類です。

OSはAndroid8.1であり、最新のバージョンが使えます。

付属品としてはACアダプターとUSBケーブル、タブレットの取扱説明書と保証書もついています。

良いというレビュー評価

総評は5点満点中4点とタブレットの中では割と高い評価を下されており、使用者のレビューでも満足している人は結構多かったです。

その中でも特に良かったと言われていた点は軽量さと操作性でした。

軽さは本当にすごいらしく、持っていて疲れないという感想も沢山ありました。

重めのタブレットに疲れた人にはおすすめではあるそうです。

また操作性もかなり良いそうで、動画を見る、多少重めのアプリを開いて動かすといった事もカクカクせずにスムーズに行えるそうです。

高い操作性やスペックを求めるゲームなどは多少カクつきはあるそうですが、それ以外は大丈夫みたいです。

コストパフォーマンスも良いと言われており、満足度はとても高いようです。

悪いというレビュー評価

評価の中には悪かった、残念だったというレビューの感想もあり、その辺りは所詮安めのタブレットとして描かれていました。

残念だったと言われていた点は明るさの調整であり、内部の設定では出来ないとか明るさが固定されるといった問題があるそうです。

しかし明るさ調整アプリを入れたら普通に調整出来るそうなので、設定からせずに別途のアプリをインストールすれば解決です。

他にも軽量なタブレットゆえに耐久性はそこまで高くないみたいです。

長く使いたい場合はサイズに合ったカバーなどを買った方が良いとも言われていました。

このように結構安いゆえの弊害はあるみたいですが、工夫すれば使えるのは使えるようです。

HUAWEI T3 8 8.0インチタブレット

HUAWEIが販売している8.0インチのandroid搭載格安タブレットです。

付属のペンなどはありませんが、別途販売のマルチペンを使ってイラストを描いたりは可能です。

またandroid搭載なのでandroidのイラストアプリもインストールして使えます。

長所はマルチタスク画面機能がある点であり、イラストを描く際に資料写真やSNSなどを横に出して見ながら描けます。

なので作業効率も上げられますし、非常に便利です。

またHUAWEIブランドなのでOSのアップデートがきちんとされますし、その辺りも安心して使えます。

低価格高パフォーマンスを実現した液タブでありAmazonでの売れ筋ランキングでも上位に入っています。

液晶タブレットのスペックと価格

サイズは12.5cmx0.8cmx21.1cmでかなり薄いタブレットになっています。

重さは349gとかなりの軽量さであり、使いやすいメタルボディでもあります。

画面サイズは8インチで、解像度は1280×800です。

曲面デザインになっていて手にしっかり馴染めるようにしています。

カメラは500万画素の高精細なカメラ機能が採用されていて、タブレットでも綺麗な写真が撮れます。

CPUはQualcommのを使用し、CPU速度は1.4 GHzです。

メモリに関してはRAMの容量は2GB、HDDの容量は16 GBとなっています。

電源はAC電源で海外製タブレットですが日本の家庭でも充電可能。

バッテリーの容量は4800mAhもあり、充電時間も5時間で満タンに出来ます。

OSはAndroid 7.0 Nougat、Emotion UI 5.1ですが、OSアップデートが出来ます。

価格はAmazonの価格で新品15,712円と超格安。

付属品はACアダプタ、USBケーブル、そしてクイックスタートガイドとオリジナルのケースも付いてきます。

良いというレビュー評価

437件のレビュー評価のうち41%の人が5点満点、31%の人が4点を付けているほど絶賛度合いは高かったです。

特にここが良かったと言われていたのはパフォーマンスの良さと価格の安さでした。

2万円を切る価格で問題なく動画を見たりいろんなアプリを動かしたりが出来るのが好評で、満足されているようでした。

また低価格タブレットにありがちな感度の悪さも無くWi-Fiの感度もとても良いそうで、低価格で使えるタブレットを買いたい人にはかなりおすすめだそうです。

悪いというレビュー評価

絶賛度合いは確かに高いのですが、総評は3.9点とそこまで高くなく残念がっている人も一部にはいました。

特に残念と思われていたのは音量周りであり、音の調整が微調整できない、結構極端な調整になっているそうです。

また軽量ではあるが重くなるパーツが真ん中に寄っているのかずっしりとした重さを手に感じるという人もいました。

タブレットでしっかり音楽を聴く人や、軽いタブレットを求めている人にはあまりおすすめではないようです。

しかしパフォーマンスには特に不満の声も上がっておらず、パフォーマンス目当てならかなり良いタブレットなのは間違いないです。

まとめ

低価格でイラストを描くのにも使える液タブを2つ紹介しましたが、どちらもパフォーマンスは本当に良いそうです。

イラストを描くのに欠かせない操作性も全然問題ないですし、ペンは付属していませんが別途のペンで描けますしタブレットでお絵かきをしたい初心者にはお試しとしても良いアイテムです。

もちろんイラストを描くだけでなく動画を見たりも可能ですし、買って損は無いです。

参考URL(文献)・根拠など

https://www.amazon.co.jp/BLUEDOT-8…
https://www.amazon.co.jp/dp/B074BZC…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶ペンタブレット(液タブ)