おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

Amazonで人気の高い液タブ4選! その魅力とは?

   

Amazonでは、多くの液タブが販売されているので、どの機種が優れているのか比較する事ができます。

しかし、あまりにも多くの機種が販売されているので、どの機種を購入したら良いのか悩んでしまいがちです。

そこで、数多くある液タブの中でも、人気の高い機種を4つまで紹介するので参考にしてみて下さい(2019年5月10日時点の情報なので注意)。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

GAOMON 15.6インチ PD1560

『GAOMON 15.6インチ PD1560』は、適度な大きさになっている上に、高機能な機種になっているので、多くの方たちが利用しやすくなっています。

そのように優れた機種の特徴や口コミを解説するので、確認してみて下さい。

製品情報の内容

本製品は、15.6インチになっていますが、小さなサイズでは13インチになっている機種がありますし、大きなサイズでは27インチにもなっている機種があるのです。

多くの方たちは大きなサイズのほうが良いと思ってしまうかもしれませんが、液タブが大きすぎたら、パソコンデスクの上に設置する事が難しくなってしまうので注意しなければいけません。

さらに小さすぎる液タブの場合には、勢いよく線や色を引く事ができないですし、イラストが小さく表示されてしまうので、視力が低い方では見えづらいというデメリットまであります。

そのような事を考えたら、適度なサイズになっている本製品は、おすすめの液タブです(大きさの好みは個人差があるので注意)。

本製品は筆圧が『8192』レベルもあるので、線や色の太さを調整しやすくなっているので、効率よくイラストを制作できます。

本体部分には、10個の『ショートカットキー』が搭載されている事から、カスタマイズする事によって、専用ソフトのツールをあまりクリックしなくても作業を切り替える事が可能です。

値段は安くなっていて、Amazonでは税込価格33,999円で販売されています。

利用者たちの口コミ

本製品は、15.6インチになっているので、適度なサイズになっている所を気に入っている方がいました。

そのため、小さすぎる機種や大きすぎる機種などが利用しづらい場合には、本製品に買い換えてみる価値があります。

筆圧が、8192レベルもある所を気に入っている方もいたので、あまり線や色を加筆したくない場合には、利用価値の高い機種です。

ただし、本製品に備えられている説明書の内容では理解しづらい方もいて、今まで液タブを利用していない方は理解する事が難しい可能性が高いので注意して下さい。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

HUION 液タブKamvas Pro13

『HUION 液タブKamvas Pro13』は、少し小さなサイズになっていますが、利便性が優れている所があるので、詳しく解説しましょう。

製品情報の内容

本製品は、13.3インチしかないので、イラストの細かい所を見る時は、拡大ツールを利用する必要があるので、少し手間暇をかけてしまう機種になっています。

しかし、コンパクトなサイズの液タブになっているので、イラストに関連する資料やキーボードなどをパソコンデスクに設置していても、それほど窮屈(きゅうくつ)に感じません。

ただし、パソコンデスクが小さかったら窮屈に感じる事もあるので注意する必要があります。

筆圧のほうは、8192レベルもあるので、キャラクターの眉毛を描く際には、ひと塗りで描ける場合もあるので、短期間でイラスト作品を完成させる事も可能です。

値段のほうは、Amazonでは税込価格37,230円になっています。

利用者たちの口コミ

本製品に備えられている『専用ペン』は、優美な曲線を描く形状になっている事もあって、利用しやすくなっていて満足しているケースがありました。

実際に、扱いづらい専用ペンを利用してしまえば、イメージ通りの線や色を引く事が難しくなってしまうので、扱いやすい専用ペンが備えられているのは魅力的なポイントです。

ただし、専用ペンを本体部分に接しようとしたら、ペン先の位置が少しズレてしまうケースもあったので、正確性を重視している方は気を付けて下さい。

Wacom Cintiq 16 FHD

Wacomの液タブは、高い知名度や人気を誇っている機種ですが、値段が高いというデメリットがありました。

ところが、Amazonで販売されている『Wacom Cintiq 16 FHD』は、それほど値段が高くないので、詳しく紹介しましょう。

製品情報の内容

本体部分の裏側には『折りたたみ式スタンド』が備えられているので、ある程度まで本体を立たせる事ができます。

液タブは、パソコンのディスプレイよりも低い位置にあるので、板タブに比べて、頭を傾かせなければイラストを見る事ができないという問題点がありました。

しかし、本製品のように立たせる事ができれば、あまり頭を傾かせなくてもイラストを見る事ができるので、肩や首にかかる負担を軽減する事ができます。

本製品は、15.6インチになっていて、筆圧は8192レベルにもなっているのです。

そして『オリジナルデータ特典(CLIP STUDIO PAINT カスタムブラシ)』が備えられているので、様々な描き方が可能です。

お買い得なセットになっている事もあって、Amazonでは税込価格66,634円になっていますが、他のWacomの機種に比べたら安くなっています。

利用者たちの口コミ

利用者たちの中には、描き心地がよくなっている所を気に入っている方がいました。

実際に、液晶ディスプレイの部分で、専用ペンが引っかかるような描き心地になっていたら、なめらかな線を引く事は難しいです。

そのため、線の引き方にこだわる方は、本製品を検討してみる価値があります。

さらに、Wacomの機種なのに値段が安くなっていて満足している方もいました。

HUION 液晶タブレット GT-156HDV2

『HUION 液晶タブレット GT-156HDV2』は、こだわりのサイズで設計されているので、室内で利用しやすいだけではなく、外へ持ち運びしやすくなっているのです。

さらに、機能性と利便性も両立しているので、本製品の魅力に迫ってみましょう。

製品情報の内容

本製品は、15.6インチになっているので、適度なサイズになっている事から、設置しやすくなっています。

さらに『薄型設計』になっていて、厚みが、わずか『15mm』しかありません。

これほど薄い液タブになっているので、外へ持ち運んで、宿泊先でノートパソコンと併用してイラストを制作する事も容易です。

本体部分には、14個もの『エクスプレスキー』が搭載されているので、効率よくイラスト作品を制作する事ができます。

視野角のほうは『178度』にもなっているので、色彩が安定しています。

実際に、視野角が優れていなければ、見る角度を少し変えるだけでも、色彩が変わってしまうので、視野角が広くなっているのは魅力的なポイントです。

値段のほうは、Amazonでは税込価格35,280円で販売されています。

利用者たちの口コミ

専用ペンは、少し軽くなっていて、扱いやすい所を気に入っている方がいました。

イラストを長く制作する場合には、専用ペンが重くなっていたら、腕が疲れやすくなってしまうので、専用ペンが軽くなっているのは注目すべきポイントです。

そして、液晶ディスプレイがサラサラとしている所を気に入っている方もいましたが、利用する方によっては滑りやすい場合もあるので、注意する必要があります。

まとめ

Amazonで販売している液タブは、様々な機種があるので、利用しやすいものを購入する事が重要です。

実際に、筆圧のレベルが低い機種もあれば、サイズが大きすぎる機種もあるので、自分の好みに合う機種を購入したほうが良いです。

自分の好みに合うサイズや機能になっている液タブを購入したら、快適に作業を進める事ができるでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.amazon.co.jp/GAOMON-PD1…
https://www.amazon.co.jp/HUION-%E6%…
https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90A…
https://www.amazon.co.jp/HUION-%E6%…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶ペンタブレット(液タブ)