おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

GAOMONのペンタブ『サインボードOSU-S56K』の魅力とは?

   

GAOMON 6 x 5インチソフトグラフィックスぺんタブレットサインボードOSU―S56K

ペンタブは、デジタルのイラストを製作しやすい事から、多くのイラストレーターたちが愛用している周辺機器です。

しかし、ペンタブは高額な機種が多いので、簡単には購入できないイメージを抱いている方は多いでしょう。

所が、GAOMONのペンタブ『サインボードOSU-S56K』は、マウス並みに値段が安くなっているので、気軽に購入できる機種もあるのです。

そこで、値段の安いペンタブを探している方のために、本製品について紹介するので、確認してみて下さい。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

GAOMON サインボードOSU-S56Kの魅力

マウスとペンタブでは、操作性に大きな違いがあるので、本当に同じような値段になっているのか、半信半疑の方は多いでしょう。

そこで、本製品の性能や値段について紹介するので、見ていきましょう。

コンパクトなサイズ

ペンタブは上位機種になれば、パソコンを併用しなくても利用できる機種があります。

しかし、そのような機種は、100,000円を超えてしまう機種ばかりなので、簡単に購入できるものではありません。

そのため、値段の安いペンタブを探している方は、パソコンやキーボードと一緒に、ペンタブをパソコンデスクに設置する必要があるのです。

そのため、コンパクトなペンタブを購入しなければ、パソコンデスクに設置する事は難しいです。

そこで、本製品はコンパクトなサイズを実現していて、207×205×10mmになっているので、あまり広くないパソコンデスクでも設置しやすくなっています。

筆圧レベル

ペンタブで、デジタルのイラストを製作するために、必要な機能として『筆圧レベル』が挙げられます。

筆圧レベルとは、線や色の太さをコントロールする機能の事です。

そして、本製品の筆圧は2048レベルもある事から、線や色の太さの幅が広くなっています。

そのため、極細から極太まで描きやすくなっているのです。

このような優れた機能を搭載しているペンタブなので、髪の毛や眉毛などをひと塗りで描く事もできます。

優れた反応率

筆圧感度が優れていても『反応率』が悪ければ、なめらかな線を引く事ができません。

なぜなら、専用ペンをペンタブに接してから引こうとするスピードに、ペンタブが追いつけないからです。

そのような事になれば、ゆっくりと専用ペンを引く必要があるので、ストレスを溜めてしまう事になりますし、デジタルのイラストを完了させるまで時間をかけてしまいます。

所が、本製品の反応率は『200PPS』もあるので、快適になめらかな線を引く事が可能です。

マウス並みの価格

本製品は、コンパクトなサイズをしている上に、ペンタブとしての性能も優れているので、本当にマウス並みの値段になっているのか心配になってしまった方は多いかもしれません。

所が、本製品の値段は、Amazonでは送料無料で、税込価格3,044円にしかなりません(2018年4月4日時点)。

実は、マウスの中には5,000円前後になっている機種もあるので、本製品は値段の高いマウスよりはリーズナブルな価格になっているのです。

そのため、コストパフォーマンスの高いペンタブを探している方には、本製品はおすすめです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

対応可能な環境

本製品はコストパフォーマンスの高いペンタブレットですが、この機種を利用するためには、いくつか用意しなければいけない物があります。

そこで、本製品を購入しようと考えている方のために、用意したほうが良い物を紹介するので、参考にしてみて下さい。

必要なOS

本製品とパソコンを併用するためには、このペンタブに対応可能なOSをパソコンにインストールする必要があります。

そして、本製品に対応可能なOSとは、Windowsは7・8・8.1・10で、MacはOS 10.10.0以降になっています。

ただし、このOSをパソコンにインストールする際には、大事なデータのバックアップを取ってからにして下さい。

なぜなら、パソコンにOSをインストールしたら、データが無くなってしまうケースがあるからです。

必要なソフト

ペンタブとパソコンを持っていても、専用ソフトを持っていなければ、ペンタブは、ただの箱です。

そのため、本製品でデジタルのイラストを製作する際には『Photoshop』や『Illustrator』などを用意する必要があります。

Photoshopは画像を編集・加工するソフトですが、線画から着色まで行う事ができるので、デジタルのイラストを製作したい方にはおすすめのソフトです。

さらにIllustratorは、リアルなイラストを製作する際には不向きなソフトですが、ロゴや簡易的なキャラクターを製作しやすいソフトになっています。

このように、特徴が違うソフトがあるので、デジタルのイラストを製作したい方は、あなたの好みに合うソフトを用意してみて下さい。

デジタルデータを扱うメリット

ペンタブを利用した事がない方は、デジタルデータを扱うメリットについて、よく分からないでしょう。

そこで、デジタルデータを扱えば、どのようなメリットがあるのか紹介するので、確認してみて下さい。

在宅ワーク

インターネットが普及している日本では、パソコンを利用して、副業を行う『在宅ワーク』が注目を集めています。

実際に、インターネットでは『クラウドソーシング』が多くの在宅ワーカー(自宅で仕事をする方たち)に仕事を紹介しているサイトがあるのです。

その仕事の中には、記事を執筆する仕事もあれば、イラストやロゴを製作する仕事もあります。

デジタルデータであれば、簡単にクラウドソーシングを経由して、イラストを送信する事ができます。

そのため、ペンタブでデジタルのイラストやロゴを製作できれば、簡単に副業を行う事が可能です。

データ管理が容易

自宅で、キャンバスやボードで絵を描いていたら、短期間で部屋の中はキャンバスやボードが占領していくので、置き場所に困ってしまいます。

所がパソコンの容量が多くなっている機種が増えているので、大量のデジタルデータを保存できるようになっているのです。

そのため、キャンバスやボードとは違って、デジタルのイラストを製作する場合には保管場所に困る事もありません。

利用者たちの満足度

本製品は魅力的なポイントが多いペンタブですが、マウス並みの価格で販売されているので「本当に利用者が満足できる機種なのだろうか」と心配になってしまう方もいるでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、マウスを押すような音が出ないので、満足している方がいました。

そのため、マウスを利用する際の音が気になってしまう方は、マウス並みの値段で販売されている本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

そして、本製品はコンパクトなサイズになっていますが、専用ペンが反応するエリアは大きめになっているので、絵を製作しやすくて、満足している方もいました。

否定的な口コミ

本製品が低価格になっている所を気に入っている方はいましたが、その方は専用ペンの耐久性があまり優れていない所を気にしていました。

ただし、本製品はマウス並みの価格になっているので、耐久性があまり優れていないのは、仕方のない部分です。

そのため、本製品を利用する際には、丁寧に取り扱って下さい。

さらに本製品の専用ペンが沈み込みやすくなっているので、筆圧を調整する事が難しく感じてしまうケースもありました。

そのため、本製品の操作に慣れるまで、時間をかけてしまう可能性があるので、注意して下さい。

まとめ

ペンタブは、デジタルのイラストを製作しやすくなっていますが、今までアナログのイラストばかりを描いてきた方は、ペンタブを購入するべきか戸惑ってしまうでしょう。

実際に、高額なペンタブを購入して、満足できないような操作性であれば、後悔する事になってしまいます。

そのため、ペンタブを利用する際には、まずリーズナブルな価格になっている本製品を購入して、試してみる事をおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)