おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

jiufei ペンタブレット 描画usbでイラスト製作

   

ペンタブレット 2048筆圧 描画usb デジタル デジタルイラストタブ レットペンタブ 5080 LPI 230 RPS 極薄7.8mm 傾き感知 10x6インチ ペンタブ 8つエクスプレスキー support Mac Windows 10/8/7 / vista

現代はデジタル化が進んでいて、キャンバスやボードにイラストを描く時代から、ペンタブレットやパソコンを利用してデジタルのイラストを製作する時代になりつつあります。

しかし、ペンタブレットは高額な機種が多いので、簡単に試す事ができないのが実情です。

ところが『jiufei ペンタブレット 描画usb』は、低価格なのに高機能になっているので、その魅力に迫ってみましょう。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

jiufei ペンタブレット 描画usbの魅力

ペンタブレット 2048筆圧 描画usb デジタル デジタルイラストタブ レットペンタブ 5080 LPI 230 RPS 極薄7.8mm 傾き感知 10x6インチ ペンタブ 8つエクスプレスキー support Mac Windows 10/8/7 / vista

本製品には魅力的なポイントが4つあって、それが、筆圧感度・レポートレード・エクスプレスキー・作業領域です。

この4つのポイントがあるお陰で、本製品はデジタルのイラストを製作しやすくなっているので、詳しく紹介しましょう。

筆圧感度

ペンタレブットで、デジタルのイラストを製作する際には『筆圧感度』が重要になります。

なぜなら、筆圧感度のレベルが低かったら、線や色の太さの幅が狭くなってしまうからです。

そのため、キャラクターの眉毛を描こうとしたら、眉毛の輪郭線を引いていかなくてはいけません。

ところが本製品の筆圧感度は『2048レベル』になっているので、線や色の太さの幅が広くなっています。

そのため、ひと塗りで眉毛を製作する事ができるので、効率的にイラストを製作する事が可能です。

レポートレード

ペンタブレットは、専用ペンを本体に引いていく事によって、パソコンのディスプレイで線が出力されていきます。

ところが、ペンタブレットの反応が遅かったら、少しずつ線がズレていくので注意しなければいけません。

そこで本製品は、レポートレードを『230RPS』にする事によって、素早く反応できるようになっています。

そのため、本製品を利用すれば、線がズレづらくなっているので、イメージ通りのイラストを完成させる事ができるのです。

エクスプレスキー

デジタルのイラストを製作する際には、加工や修正が容易に行えるので、アナログのイラストを製作していた頃のような苦労をする必要がありません。

しかし、デジタルのイラストを製作する際には、線が描いたり色を塗ったりする際には、ツールをクリックする必要があります。

もしも、専用ペンからマウスに持ち替えて、ツールをクリックしていたら、手間暇をかけてしまうのです。

ところが、本製品の本体には8つの『エクスプレスキー』が搭載されているので、効率よく作業を進められます。

作業領域

ペンタブレットを利用する際には、専用ペンを本体の作業領域に接していく必要があります。

そのため、作業領域の狭いペンタブレットを製作していたら、勢いよく線を引く事ができないので注意しなければいけません。

ところが、本製品の作業領域は『10×6インチ』もあるので、勢いよく線を引く事が可能です。

そのため、作業領域が狭いペンタブレットを利用している方は、10×6インチもある本製品に買い換えてみる事をおすすめします。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

おすすめの専用ソフト

ペンタブレットやパソコンを用意していても、専用ソフトまで用意しなければ、デジタルのイラストを製作する事ができません。

そこで、本製品に対応可能な専用ソフトをいくつか紹介するので、参考にしてみて下さい。

Photoshop

デジタルの画像を編集・加工する事で有名な『Photoshop』は、本製品でも利用する事ができて、デジタルのイラストを製作する事ができます。

実際にPhotoshopは画像の拡大や縮小だけではなく、様々なフィルターをかけていく事ができます。

さらに『ペンツール』も搭載されているので、リアルなイラストだけではなく、ゆるキャラのような簡易的なキャラクターも描く事が可能です。

そして『レイヤーツール』を利用すれば、間違った部分を簡単に修正できるので、幅広いジャンルのイラストを製作したい方には、Photoshopはおすすめです。

Painter

簡易的なデジタルのイラストよりも、リアルなイラストを中心に製作したい方に、おすすめなのが『Painter』です。

このPainterは、本製品でも利用する事ができて、油彩画風から水彩画風に製作する事も可能です。

実際にPainterを利用して、デジタルのイラストを製作しているプロのイラストレターたちは多いので、リアルなイラストを製作したい方は、Painterを試してみる価値はあります。

製品情報の内容

ペンタブレットを購入しても、対応可能なOSがパソコンにインストールされていなければ、2つの機種を併用する事ができません。

そこで、本製品に対応可能なOSや、価格なども紹介するので、見ていきましょう。

対応可能なOSの種類

本製品に対応可能なOSは、Windowsは10・8・8.1・7・Vistaで、MacはOS 10.6.8以降になっています。

もしも、これらのOSの中から1つも搭載されていなければ、パソコンを併用する事ができません。

さらに、OSをインストールしようとしたら、大事なデータがなくなってしまう事もあるので注意して下さい。

そして、メモリの空き容量が足りない場合に、OSをインストールしてしまえば、フリーズする回数が多くなるので、事前にメモリの空き容量を増やしておいて下さい。

コストパフォーマンス

ペンタブレットと言えば、高額な機種が多いので、本製品が本当に低価格なのか心配になってしまう方はいるかもしれません。

ところが、本製品は、Amazonでは送料無料で、税込価格6,388円にしかなりません(2018年4月25日時点)。

実際に数多くあるペンタブレットの中には、200,000円を超えてしまう製品はいくつもありますし、高額な機種になれば300,000円を超えてしまう物まであるのです。

そのため、コストパフォーマンスが優れているペンタブレットを探している方にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの口コミ

本製品はコストパフォーマンスが優れているペンタブレットですが、実際に利用している方たちが満足しているのか、知りたい方もいるでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミも紹介するので、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品の作業領域が、10×6インチになっている事もあって、作業しやすい大きさになっている所を気に入っている方がいました。

実際に小さすぎるペンタブレットは作業しづらいのですが、実は大きすぎるペンタブレットも作業しづらくなっています。

なぜなら、大きすぎるペンタブレットをパソコンデスクに設置したら、そのパソコンデスクの上にイラストに関連する資料を置く事が難しいからです。

そのため、適度な大きさになっているのは本製品の大きな魅力です。

さらに本製品は、230RPSもあるので、反応がよくなっている所を気に入っている方もいました。

悪い口コミ

本製品は反応が優れている製品ですが、線がズレてしまうケースがありました。

実際に反応が優れているペンタブレットでも『板タブ』と呼ばれるタイプは、パソコンのディスプレイにイラストが映るので、少しだけズレてしまいます。

本製品は板タブのペンタブレットなので、多少は線がズレてしまうのは仕方のない部分です。

そして、本製品の作業領域はツルツル滑ってしまうので、作業しづらく感じてしまうケースもあったので、注意して下さい。

まとめ

ペンタブレットは、板タブよりも液タブのほうが、アナログのイラストを製作する環境に近い状態でイラストを描けます。

しかし、液タブは高額な機種が多いので、注意する必要があるのです。

それでも、本製品は線がズレてしまうので、気になってしまう方はいるかもしれません。

そのような方でも、何回も利用していけば、線のズレに慣れていく事はできるので、まずは低価格な本製品から試してみる事をおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 板タブ(ペンタブレット)