プログラミングスクールとしては高い?WebCampProの特徴って何?

プログラミングスクール

プログラミングスクールにはいろいろなところがありますが、だいたいのところで、高くても1か月10万円ちょっとです。

そして期限を延ばすごとにやや安くなり、3か月くらいでは20数万円とか、10数万円というのが一般的になります。

ただ、WebCampProは3か月で50万円弱になるんです。

なぜそんなに高いのか、その特徴を見ていきましょう。

Amazonタイムセール開催中!(9/19~9/21)>>おすすめのプログラミングスクールランキング


就職転職保証のあるプログラミングスクール

WebCampProの一番の特徴は、なんといっても転職・就職保証のついているプログラミングスクールだということ。

転職・就職保証がついているということはどういうことかといいますと、もし転職・就職をすることが出来なかったら、全額返金してくれるということなのです。

それもあってか、WebCampProでは就職・転職率は驚異の98パーセントとなっているんです。

つまりほとんど場合で就職や転職をすることが可能。

なので、絶対に転職・就職をしたいと考えている人は、WebCampProはおすすめできます。

確かにコストはかかりますが、それでもそれさえクリアして、しっかりと勉強していけばまず就職・転職できるわけですから、いずれペイしていけます。

しかもそれは、割と早くペイできる可能性が高い。

ある程度給料が良いところに就職転職できる

それは、就職・転職先にもきちんとこだわりがあるから。

確かに転職就職率を上げたいだけならば、受講者をどこでもいいから放り込んでいけばいいことになりますよね。

たとえば給料が安くて全然応募者が来ないというところであれば、誰でも就職したり転職出来たりする可能性は高い。

だからそういうところにどんどん放り込んじゃえばいいんです。

それでも就職転職率は上がりますよね。

でも、WebCampProはそういうことをしているわけではない。

基本的には最低でも400万円以上の年収がもらえるところに就職・転職できるようにサポートしてくれるのです。

なのでたとえば、もし年収500万円のところに就職できたとしたら、50万円の支払いだって3か月4か月でペイできる可能性は高いですよね。

もちろんたくさんの分割にしてもっとじっくり払っていくことも可能ですが、それだけの稼ぎがあればさっさと払ってしまうということもできる。

給料が良いところに就職・転職が出来るというのは、すごくポイントなのです。

それにもしそういうところに就職・転職できなくても、最悪全額返金もできるわけですから、それはそれで問題はありません。

Amazonタイムセール開催中!(9/19~9/21)>>おすすめのプログラミングスクールランキング


通学タイプで学んでいく仕組み

WebCampProは、オンラインで勉強をするというタイプではなく、しっかりと教室に通って勉強をするというタイプのプログラミングスクールになります。

なので、基本的には渋谷に通える人でないとこのコースを受講することは出来ないんです。

ただ教室の稼働は長いので、多少遠いくらいであれば通うことはできるかもしれません。

11時から23時まで開かれていて、その間であればいつでも講師がいますから、その間であれば勉強をすることが出来るんです。

通った方が勉強の効率はよくなる

通うタイプのプログラミングスクールの場合、通学に時間がかかるという難点があります。

しかし、それを補うようなメリットもあるんです。

特に大きいのは、わからないところをすぐに解決できるという点。

分からないところは、別にチャットでもすぐに質問はできますし、ビデオ通話でも質問はできます。

だから、オンラインでもすぐに質問をすることはできるんです。

でも、それがすぐに解決することにつながるかというと、そうではない。

ビデオ通話ならばまだしも特にチャットの場合は、言いたいことがきちんと伝わらない可能性も高いのです。

文章だとやっぱりニュアンスは伝わらないですよね。

でも、通えばそのニュアンスの齟齬がなくなります。

直接画面を見せながら質問をすることが出来るわけですから。

結果、わからない点がよりスムーズに解決するようになるんです。

分からないことが多そうな人には、そちらの方が合っています。

なので、初心者から就職・転職を目指すという場合には、WebCampProはピッタリです。

3ステップの勉強スタイル

WebCampProの勉強スタイルは、ざっくりまとめると3ステップになります。

まずは個人で勉強をして基礎知識をつけていく。

そしてそれからグループで制作をして、実仕事の流れを学んでいく。

そして最後に個人で実際にサービスをつくってみる。

それは就職の際のポートフォリオにもなるので、実に効率的です。

こんな風に3ステップで学んでいく中で特殊なのは、やはりグループでの制作があるという点ですね。

グループでの制作をしたことがあるかどうかというのは、やはり後々就職してからはすごくポイントになります。

というのも、就職してからはグループで動くことしかないですから。

就職したのに個人で何かを制作するということはまずありません。

基本的にはグループで何かを制作することになるんです。

だから、ここでそれを経験しておけば、後々困らなくなります。

ただ就職できる転職できるというだけではなく、こうして転職・就職した後にもこまらないようにできるというのは大きいですね。

モチベーションも上がりやすい

グループ制作というステップを通すことの利点は、それを経験しておけるということだけではありません。

そのほかにも、モチベーションが上がりやすいというメリットもあるんです。

グループで制作をするということは、当然他の受講者の方との絡みがあるということ。

そこでは当然刺激もうけますよね。

そしてそれがモチベーションになる。

もともとのモチベーションは、転職・就職して良い給料をもらいたいということになるでしょうが、それはまだ先の話。

なので、時にはモチベーションがなくなることもあります。

そんなときに、この人たちには負けたくないという刺激をもらえる相手が出てくるというのは、すごく大きいのです。

選抜試験があるのも特徴

WebCampProは、プログラミングスクールとしてはかなり珍しく、選抜試験があります。

とは言えそれはプログラミングのスキルをチェックするというよりは、意欲や基本的なタイピング能力などのパソコンの扱いのレベルのチェックになります。

だから別に初心者だからその選抜試験に通らないということはありません。

初心者でも全然問題なく通ることはあります。

ただ、意欲が感じられなかったりすると、ここで受講することはできないのです。

だからこその全額返金保証

それはある意味当然ではありますよね。

それがないと、いろいろ教えたはいいけど良いところに就職・転職できない可能性がある人が出てきてしまいます。

全額返金保証をしているWebCampProにとっては、そういう人が多くなるのは致命的です。

なので、そうして転職・就職できない人が出てくる可能性を少しでも減らすため、意欲が高い人に教えたいと思う。

その結果のこうした選抜試験なのです。

これがあることは、本当に良いところに就職・転職させようと思っているということの証拠とも言えますね。

まとめ

確かに決して料金は安くはありませんが、就職出来たら割と簡単にペイできることは間違いないですし、そして何より本当に良いところに転職・就職させようとしてくれているのがWebCampPro。

なので、プログラミングスクールを通して本当に良いところに転職・就職したいならば、WebCampProは全然おすすめできます。