不器用でもなれる?デザイン専門学校でファッションの仕事に就く方法

専門学校で学ぶ

ファッションが大好きでお洒落に興味がある方の中には、将来ファッションデザイナーになりたいと思っている方がいるかもしれません。

しかし、ファッションデザイナーになりたくても、絵が描けなかったり裁縫が苦手など不器用であることを悩んでいる方もいます。

不器用さを悩んでいる場合でも、デザイン専門学校でファッションの仕事に就くことはできるのでしょうか。

Amazonブラックフライデー開催中!(最大10000ポイント)(12/2まで)

>>私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら


ファッション業界で働くにはどんなスキルが必要か

ファッション業界で働くには、デザイナー・パタンナー・縫製スタッフ・販売員など様々な分野があります。

中でもファッションデザインの仕事に携わりたい方であれば、プロの現場に通用する専門的なスキルを身につける必要があります。

市場の流れを見ながら服のデザインをするスキル

自分が好きなデザインの服を多くの方が共感することで人気が出るデザイナーの方もいれば、市場の流れを見ながら服のデザインをすることで人気が出るデザイナーの方もいます。

一般的に会社に所属した上で仕事をするデザイナーの場合、市場の流れを見ながら服のデザインを手掛けるスキルが必要となるので、デザイン画を描くスキルとマーケティング調査のスキルが必要となります。

縫製用の服の型紙を作るスキル

ファッション業界の仕事はデザイン画を制作する仕事ばかりではありません。

パタンナーといって、デザイン画をもとに実際に着用できる服を作るために縫製用の服の型紙を作る仕事があります。

手描きでパターンを作るスキルやCADのスキルを身につける必要があるので、専門的技術に関する資格取得を目指すことも大切です。

型紙に沿って丁寧に縫製して服を仕上げるスキル

ファッションアイテム制作の最終段階に位置するのが縫製の仕事です。

デザイン画をもとに作られた型紙をもとに、生地を裁断して丁寧に縫製していきます。

服のデザインによっては縫製の高いスキルが必要となるので、基礎から応用まで幅広く縫製技術を身につける必要があります。

緻密な作業の連続なので集中力を培うことも大切かもしれません。

Amazonブラックフライデー開催中!(最大10000ポイント)(12/2まで)

>>私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら


ファッションデザイン専門学校に通うことのメリット

ファッションデザイン専門学校はプロを育成するカリキュラム内容となっている上に、整った設備の中で必要なスキルの習得が目指せます。

また、優秀な講師が在籍しているので、初心者の方でも安心してプロを目指すことができるでしょう。

ファッションデザイン専門学校に通うことにはどのようなメリットがあるのか見ていくことにしましょう。

ファッション業界で働くために必要なスキルが身につく

ファッションデザイン専門学校では、実践的な授業を受けることからプロの現場に通用する高いスキルの習得を目指せます。

ひとつのアイテムが完成するまでにはいくつものスキルが必要となりますが、目指す分野を絞って必要なスキルを身につけることが大切です。

目指す分野に関するコースを選べば、効率良くプロに必要なスキルの習得が目指せます。

ファッション業界への就職活動に役立つ資格がとれる

ファッション業界で活動するためには高いスキルが必要となりますが、せっかくプロレベルのスキルを身につけてもファッションメーカーに就職することができなければスキルを生かすことができません。

ファッションデザイン専門学校では、業界への就職に役立つスキルや資格の習得が目指せる上に、就職にまつわる説明会や面接指導を実施しているので安心して就職活動に専念できます。

良質な求人をもとにファッション業界の就職が目指せる

ファッションデザイン専門学校の中には、知名度が高く信頼性抜群で良質な求人が多く集まるところがあります。

評判が良く安定的に働ける会社への就職を目指すことができるので、在学中は安心してスキルの習得に専念できるでしょう。

ファッション業界はどんな就職活動の仕方をするのか

ファッション業界の中でもクリエイティブな分野は、一般的な職種と違って学歴などの履歴書の内容よりも、即戦力となる人物かどうかが重視されます。

デザイン専門学校在学中は、プロに必要なスキルを身につけると同時に希望する会社に就職するための準備をします。

ファッション業界はどんな就職活動の仕方をするのか見ていくことにしましょう。

専門学校の求人をもとに就職先を探す

ファッション業界で活躍するには大手のメーカーに就職する方法があります。

フリーのファッションデザイナーに比べてある程度の制約はありますが、給料をもらい生活を安定させながらファッション業界で活躍できます。

より良い条件で就職するためにも良質な求人を探す必要がありますが、ファッションについて学べる信頼性の高いデザイン専門学校には良質な求人情報が集まるので、その求人をもとに就職先を絞り込みます。

履歴書と作品のポートフォリオ持参で就職活動する

ファッションメーカーに就職活動する際には、履歴書のほかにデザイン専門学校在学中に作成した作品のポートフォリオを持参する必要があります。

パタンナーを目指している場合には、ファッションアイテムの制作に関する資格を取得しておけば履歴書の内容を充実させることができます。

また、デザイナーを目指している場合には、デザイン画の数々を見やすいようにファイルしておくことをおすすめします。

インターンシップ制度を機に希望の会社に就職する

ファッションデザイン専門学校の中には、インターンシップ制度を通して在学中にメーカーで仕事を体験できるところがあります。

専門学校で学ぶことと実際に会社で仕事をすることには、デザインに取り組む姿勢に違いが出てきますが、実践的なカリキュラムを通して入社したい会社が見つかれば進路に迷うことが少なくなるでしょう。

憧れだけで就職先を決めると、イメージとのギャップでプロの業界で長く活動するのは難しいですが、実体験を通して就職先を決めればフラットな気持ちで目の前の仕事に取り組むことができるでしょう。

ファッション業界で働く時に必要な要素とは

ファッション業界は流行の最先端に位置する分野なので、業界で活躍したい場合には常にアンテナを張って新しいアイテムを世に送り出す姿勢を持つことが大切です。

業界で活動するには、高いスキルを身につけると同時にどのような要素が必要となるのでしょうか。

好奇心旺盛でファッションに関する流行に敏感

ファッション業界は流行を作る側なので、誰よりも好奇心が強く幅広い分野に興味の対象が広がっている方に向いています。

ファッションデザインのインスピレーションは、別の分野に興味を持つことでヒントを得ることがあります。

興味の対象が広く、面白いと思ったテーマをもとに自分の個性を通して新しいデザインに起こす才能があれば、これまでにないファッションアイテムを生み出すことができるでしょう。

誰とでも調和を持って仕事を進めていける能力

ファッション業界でひとつのファッションアイテムを作り上げるまでには、多くのプロの技術が必要となります。

周囲のスタッフと連携してひとつのプロジェクトの成功を目指すこともあるので、誰とでも調和を持って仕事を進めていける能力が必要となります。

まとめ

ファッションデザインの分野は、流行の移り変わりが早く多くの人から求められるアイテムを作り出す必要がある厳しい業界です。

その分、やりがいを持って仕事に取り組むことができる上に、自分が手掛けたアイテムが実際に店舗で販売されるという喜びがあります。

ファッションデザイン専門学校では、不器用なことを不安に思う方でも基礎から応用まで丁寧に学べるのでファッション業界で活動したい方におすすめです。






専門学校で学ぶ