眼精疲労に注意!液晶モニターを使っている時の目の疲れ対策とは?

液晶モニタ

12.1インチ タッチスクリーン液晶モニター モニタコンピュータのVGA/USB POS用 LED TFTスクリーン

液晶モニターを長時間見続けていると、目は疲れてしまいます。

目の疲れは眼精疲労となり、目がかすんだりするだけでなく頭痛や肩こりなどを起こすこともあります。

そのため、液晶モニターを長時間使う時は、目の疲れ対策をすることが大切です。

ここでは、液晶モニターを使う上での目の疲れ対策を解説していくので、液晶モニターを使うことが多い方は、ぜひご覧ください。

Amazonブラックフライデー開催中!(最大10000ポイント)(12/2まで)

>>おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら


液晶モニターの長時間の使用は目に負担がかかる

液晶モニターの長時間の使用は、目に大きな負担をかけてしまいます。

液晶モニターをパソコンで使ったり、DVDを観るために使ったりする際、液晶モニターを集中して見続けることになります。

集中して見続けると、まばたきをする回数は減り、目は乾きやすくなります。

また、眼球の動きが制限されることで、筋肉が固まったような状態に陥りやすくなります。

更に、目は、液晶モニターから発生している光を受け続けることになります。

それらのことから、液晶モニターを長時間使っていると、目には大きな負担がかかってしまい、眼精疲労を起こしやすくなります。

眼精疲労を起こすことによって、目が酷く疲れたように感じる・目に痛みを感じる・頭痛や肩こりを起こすなどの症状が現れれやすくなります。

そのため、液晶モニターを使う時は、眼精疲労には十分注意する必要があります。

眼精疲労に注意するには、液晶モニターを使う上での目の疲れ対策を知ることが大切です。

Amazonブラックフライデー開催中!(最大10000ポイント)(12/2まで)

>>おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら


液晶モニターの明るさには注意する

液晶モニターでの目の疲れを軽減するには、液晶モニターの明るさには注意する必要があります。

液晶モニターが明るすぎると、まぶしく感じてしまうこともあります。

まぶしく感じるということは、目に負担がかかっている証拠です。

まぶしく感じてなくても、明るすぎることで気が付かないうちに目には負担がかかってしまいます。

目に負担がかかれば目は疲れたりしまい、眼精疲労の原因になります。

液晶モニターが明るすぎることで、目にはダメージも加わるため、目を悪くする原因にもなります。

そのため、液晶モニターは明るすぎないように調整してください。

1時間に10分くらいは休憩する

何時間も液晶モニターを見続けるのは目に良くありません。

そのため、1時間に10分くらいは休憩することをおすすめします。

遠くの方を眺めたり、目を閉じて瞑想したり、ストレッチなどをして目を休めるようにしましょう。

休憩中に注意することは、スマートフォンや携帯ゲーム機などを使わないことです。

それらのものを休憩中に使用すると、目を休ませることができなくなり、休憩する意味がなくなってしまうので注意しましょう。

光が画面に映り込まないような場所に設置する

太陽の光や照明などが液晶モニターに当たったり映り込んだりしてしまうと、画面は見にくくなります。

見にくくなることにより、目は頑張って見ようとしてしまうため、目には負担がかかりやすくなります。

そのため、太陽の光が反射したり、照明などが映り込んだりしないような場所に液晶モニターを設置するようにしましょう。

画面が見にくくなることは、ストレスを受けたり、パソコン作業が効率的にできなくなる原因にもなるため注意しましょう。

目に負担がかかりにくい姿勢をする

液晶モニターを使っている時に、目にかかる負担をなるべく少なくするには、液晶モニターを見る時の姿勢も重要です。

では、目に負担がかかりにくい姿勢とは、どのような姿勢なのかというと、椅子には深く座って背すじを伸ばし、足の裏全体が床にピッタリつくような姿勢です。

椅子に深く座った時に椅子の背もたれを使うと、楽に背すじを伸ばすことができます。

液晶モニターを置く位置は、視線がやや下がるくらいか、真っ直ぐになるような位置に置き、見やすい角度に調整しましょう。

液晶モニターとの距離は40cm以上あけることが大切で、ワイド画面の場合は50cm以上あけることが大切です。

そのような目に負担がかかりにくい姿勢をすることで、目にかかる負担を軽減することができ、腰や肩、首などにかかる負担も軽減することができます。

背中を丸めて、画面に近い距離で液晶モニターを使用していると、目を悪くしたり、腰や肩や首を痛めたりするので、姿勢には十分注意しましょう。

部屋を暗くしない

暗い部屋で液晶モニターを使用していると、目には大きな負担がかかってしまいます。

暗い部屋で液晶モニターを使うのと、暗い部屋でテレビを観るのは同じようなことで、暗い部屋でテレビを観ていて、いつも以上に目が疲れると感じたことがある方は多くいるかと思います。

そのように、暗い部屋で液晶モニターを使う場合も、いつも以上に目が疲れてしまいます。

ですから、目の健康を守るためには、暗い部屋で液晶モニターを使用しないことが大切です。

液晶モニターを使う時に部屋の中が暗い場合は、部屋の明かりを点けて使用しましょう。

ブルーライト対策をする

液晶モニターからはブルーライトが出ており、液晶モニターを見るとブルーライトの影響を受けてしまいます。

ブルーライトの影響を受けることで、目には負担がかかるため、ブルーライト対策を行うことが目の疲れ対策になります。

では、どのようにしてブルーライト対策をすれば良いのかというと、ブルーライトをカットするメガネや、ブルーライト低減フィルムを使うと効果的です。

それらを使うことにより、ブルーライトで受ける影響を少なくすることができ、目にかかる負担を軽減することができます。

ですから、何時間も液晶モニターを使用する方には、ブルーライトをカットするメガネや、ブルーライト低減フィルムを使うことをおすすめします。

目の健康を守るためには生活習慣を見直し改めることも大切

目の健康を守るためには、生活習慣を見直して改めることも大切です。

不規則な生活や、栄養の偏った食生活などをしていると、病気にかかりやすくなったり、疲れが取れにくくなったり、集中力が低下することが多くなったりします。

つまり、悪い生活習慣を続けていると健康を害するリスクは高まってしまうのです。

そして、目の健康を害するリスクも高まってしまいます。

寝る前のスマートフォンやパソコンの使用は、睡眠の質を低下させる原因になり、目にも良くありません。

そして、睡眠不足も目が疲労する原因になるため、規則正しい生活をして睡眠をしっかりとることは大切です。

目の健康を維持するには、栄養をバランス良く摂ることも大切なので、栄養バランスの良い食生活を送るようにしましょう。

悪い生活習慣は目に多くの負担をかけてしまうので、悪い生活習慣を続けいている方は、生活習慣を見直し改めるようにしてください。

蒸しタオルを使って目のケアをする

温かい蒸しタオルを使って目のケアをすることも、液晶モニターを使う上での疲れ目対策になります。

温かい蒸しタオルを目の上に載せると目を温めることができ、目が温まることで目周辺の血流が良くなります。

目周辺の血流が良くなることで、目の疲れを緩和することができます。

ですから、液晶モニターを使っていて目の疲れを感じた時は、蒸しタオルを使って目を温めることをおすすめします。

まばたきをしたり、様々な方向を見て目のストレッチをすることも疲れ目には効果的なので、休憩中にそれらを行っても良いでしょう。

まとめ

液晶モニターを使って、目に負担がかかってしまうのは仕方のないことです。

目に負担がかかることにより、眼精疲労になるリスクは高まってしまうので、疲れ目対策をしっかり行いましょう。

目にかかる負担を軽減するには、眼鏡やコンタクトレンズを見直すことも大切です。

目の良さは年月が経過することや生活環境によって変化することがあるため、長年同じ度数の物を使っていると、気が付かないうちに度数がズレていることがあります。

度数がズレることは目に負担がかかる原因になるため、1年に1度は眼鏡やコンタクトレンズの度数が合っているのかチェックするようにしましょう。






液晶モニタ