絵を職業にしたいなら専門学校に入学してイラストレーターになるべし

2017年2月6日専門学校で学ぶ

170a0877e3fd8bc746c0cd0fab083ca1_s

絵を描くのが得意な方。

職業にしてみませんか。

自分の趣味だけにとどめておくのがもったいないことです。

単なる趣味に終わらせず、さらに実力をアップさせましょう。

高校を卒業した後に、イラストレーターになるための専門学校に入学する方法もあります。

それでは、専門学校でイラストを学ぶメリットはどこにあるのでしょうか。

Amazonブラックフライデー開催中!(最大10000ポイント)(12/2まで)

>>私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら


絵の才能をさらに伸ばすために

絵を描くのが好きな方。

自分の趣味だけに、絵の才能を埋もれさせたくない人もいるでしょう。

そんなときには、専門学校に進学するという方法も考えておきましょう。

専門学校に進学すれば、イラストレーターになる可能性も出てきます。

絵の掛ける人は、生まれながらに才能を持っているということ。

才能がなければ絵など描くことはできません。

せっかく才能をもらったのですから、思い切って自分の才能を最大限に伸ばしましょう。

Amazonブラックフライデー開催中!(最大10000ポイント)(12/2まで)

>>私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら


井の中の蛙にならないためにも

自分の周りを見渡してみて、意見が一番うまいのは私だ。

確かにあなたの周りではそうかもしれません。

しかし世の中には多くの人がいます。

絵の才能のある人など日本中、そこら中にいます。

そのような人たちにもまれることによって、さらに、絵の才能が磨かれます。

専門学校に進学することで、絵やイラストに自信のある人が集まってきます。

このような人たちと友達になり、ライバル関係になることによって、才能はどんどん磨かれていきます。

競争というものは大事です。

イラストレーターの専門学校に通うことによって、新しい出会いもあるでしょう。

そのためにも、このような専門学校に進学するということは大切なことなのです。

普通の大学はやっぱり普通

「それでも、イラストの専門学校なって通っても、将来お金にならないんじゃないの?」「まともに仕事をした方がいいんじゃないの」このように周りの人から止められてしまう人もいるでしょう。

そんな時には、周りの人の意見はあてになりません。

自分がどう思うかで判断しましょう。

一般的な大学に通えば、はっきり言って絵の才能は磨かれることはないでしょう。

はっきり言って普通の人生です。

絵を描くこともなく、誰でもできる仕事をするためにある大学です。

ただ会社の名前でランクがわかれているだけ。

大抵の仕事は高校卒業すればできるものばかりです。

絵の才能など使うところは一切ないでしょう。

大変もったいないですよね。

それならば、やりたいことをきわめるべきです。

進路に迷いがあるという方にも、イラストレーターの専門学校に通うというのは魅力的なものなのです。

自分の判断を信じましょう。

人生は一度きりしかありません。

せっかく才能をもらっているのですから、その力を最大限に引き出しましょう。

普通の仕事だったらいつでもできます。

就職もできる

イラストレーターの専門学校に通って、そのまま放り出されることにはなりません。

就職するチャンスが与えられます。

イラストレーターの学校ということで、絵の需要というものはもちろんあります。

どこの会社でも、絵をかける人は一定数が必要です。

そのため、就職や仕事の役に立つ情報もあります。

このようなイラストの専門学校に通わなければ、絵を描いて仕事するというのは難しいでしょう。

いきなり自分で仕事を取ってくることなどできないでしょう。

専門学校に入ってから人脈を作り、会社に入ったりして絵の実力を高める。

そうすれば信用が高まって仕事も入ってくるようになります。

少し時間はかかるかもしれませんが、このようなステップを踏まないで、いきなり職業にするのはまず無理でしょう。

絵の才能を職業として高めたければ、イラストレーターの専門学校に入るというのは妥当なものといえるのでおすすめです。

絵の才能を最大限に高めるために

もちろんイラストレーターの専門学校に入ればさまざまなカリキュラムがあなたを待っています。

最近では、イラストが多様化しています。

普通のイラストで、コミック系のイラスト、3Dなどさまざまな需要があります。

その中でも自分の専門を作り、自分の専門がわからなければ試してみたい、とさまざまな希望をかなえることが可能です。

イラスト得意だけど、具体的にどのような作品をつくればいいのか、どのような適性があるのか自分でもわからない。

そんな時にも、どの方向性で絵の才能を高めていったらいいのか、悩んでいる人の助けにもなってくれます。

専門学校に通わなければ、いくら絵が得意だと言っても、それは抽象的なレベルにとどまっています。

具体的なレベル、お金が稼げるレベルに高めるためにも専門学校に進学することを視野に入れてください。

うまくかけなくても大丈夫

上に紹介した説明だと、絵の才能がなければ入ってはいけないように感じてしまいます。

しかしそんなことはありません。

それほどうまくかけなくても、専門学校ならカリキュラムがしっかりしています。

本格的なイラストを書いたこともなくても、ゼロからサポートしてくれるシステムがしっかり準備されています。

これならイラストに興味はあるけど本格的に書いてみたいというレベルの人でも、充分対応してくれます。

イラストの専門学校は、それほど敷居が高いものではないのです。

本格的に絵を描いてみたいけど、まだまだ全然力が足りなくて自信がない人にもおすすめできるのがイラストの専門学校なのです。

魅力のある先生たち

そして教えてくれる先生には、その業界でトップを走る人たちだったり、さまざまな経験を積んでいる人たちだったりと、普通の学校では絶対に教わることのないような人たちに、イラストの描き方を伝授してもらえます。

彼らに手取り足取り教えてもらい、ためになるセミナーを聴くことによって、さらにイラストの実力が高まります。

初心者でも大丈夫。

才能がありすぎる人にも大丈夫です。

さまざまな魅力的な先生がいるので、イラストの専門学校に入学して、新しい出会いを期待しましょう。

仕事の心構えまで学べる

このような経験豊富な講師陣は、お金をもらって仕事をしているプロばかり。

どのようなスタンスで仕事をしているか。

どのように仕事を仕上げているのか。

プライベートとの兼ね合いはどうするのか。

仕事としてイラストを描いたことのない人は、具体的な業界の事情もわからないことでしょう。

このような経験豊富な先生たちに、仕事術や精神論まで教えてもらうことができるのです。

イラストの専門学校に入った人たちの特権だといえるでしょう。

自主的に学ぶ

イラストの専門学校とは言っても、頭ごなしにこのように描きなさいと教えるはありません。

専門学校は、絵の書き方という手段を教えてくれる道具に過ぎません。

そのため自分の才能をつぶすこともありません。

知識や技術を習得して、さらに個性を出していきましょう。

今どきのイラストレーターと専門学校は、頭ごなしに教えるのではなく、自分の才能を高める場所になっているのです。

専門学校に入って既成の型に収まりたくないという人でも大丈夫。

さらに自分の実力や才能に磨きがかかることは間違いありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

絵を描くことを仕事にしてみませんか。

絵の才能があり、イラストを描くことに興味があるのに、それを埋もれさせてしまうのはもったいないことです。

普通の大学に進学するのでは出られない体験を、イラストの専門学校では得られるのです。

絵を職業にしたい人、才能をさらに引き出したい人は、イラスト系の専門学校に通うということも視野に入れておきましょう。






2017年2月6日専門学校で学ぶ