おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブを使って絵が上達、またはプロの様な絵描きになることが出来るのか?3つのポイント

   

自由自在なイラストを描くことが出来るペンタブですが、使い続けることで誰でも上達することが可能なのでしょうか。

どうせ使用するならば、画力がぐんと上がるくらいの力をつけて見たいと感じるのも当然のことです。

また、ある程度の絵が描ける様になるまで購入するのは控えておいた方が良いのかも、合わせて詳しく気になりますね。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

ペンタブではどういうことが出来るのか

ペンタブの活用法として挙げられるのが、やはり何と言っても絵を描くことです。

多くの利用用途として、まずは絵を描きたいと感じる方がよく見られます。

その他にも、絵のみならず字を書くことも可能なので、美文字を習得したいと感じる方にもおすすめです。

メモ帳としてもささっと記入する役目を果たしますので、物理的に紙を用意するのが面倒だという方こそ、ペンタブは使い勝手の良い商品として見ることが出来るでしょう。

写真をパソコンの方に取り込めば、プリクラのようにデザインを組み込むことも出来ますのでセンスが試されます。

ペンを持ち上げてペンタブを走り回せば、マウスの様な役割を担ってくれるので、合う人にとっては合う、パソコンの製品としても捉えることが可能です。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

どこで買うことが出来るのか、またいくらくらいで売られているのか

ペンタブは家電量販店で購入することが出来る手軽さがあります。

大きな店舗であればブランド毎にいくつものペンタブが常備されているので、比較しながらより良いと感じるタイプを選べます。

近くに家電量販店が無いという場合、ネット通販を用いることで手に入れることが可能です。

同時に口コミ、使い勝手の良さを詳しく知れますので、参考として読み進めていけるでしょう。

条件が適用されれば送料無料として、自宅まで慎重に届けてくれるので非常にお得です。

万が一壊れていた際には無料で交換してもらえるのも嬉しい心遣いです。

値段として、安いものであれば五千円以内で買えます。

高いものであれば一万円以上しますが、一度購入すれば長い月日使っていけるものなのでコスパは良い方です。

時にセール品として、元の値段よりも安価な価格で売られていることもありますので、その時期を狙って手に入れるのも一つの方法でしょう。

ペンタブを使って絵が上手くなるための秘訣とは

ペンタブを購入したはいいものの、そこから上手くなるための秘訣等は存在するのか気になります。

どの様な対策を取れば、実力以上に素敵なイラストを完成させることが出来るのでしょうか。

とにかく隙間時間を作り、ペンタブを使う習慣をつける

まずはペンタブに慣れ親しむことです。

買った満足感により、後に触らなくなる方も結構な頻度で見られるので、とにかく触る癖を付けましょう。

パソコンを付けたらペンタブのUSBを差し込むなど、自己流のルールを用いると癖としても身につきます。

また、今日は何時間絵を描くと強い意気込みを持っても続きませんので、とにかく何か描いてみるとハードルを下げておくと気分も乗りやすいです。

日々の生活が忙しい方は毎日五分でも良いので触る癖を付けると、後日触らないと逆にモヤモヤした感情を得ます。

加えて、スマホだけで身の回りの業務が事足りる方はパソコンを触る機会も少なめですのでより気をつけておきましょう。

やる気が出ない時は、好きなイラストレーターさんの絵を見る、友人の絵を見させてもらうと、自分もこうなりたいと気力を起こさせることに成功します。

トレスを行い線を安定させる、癖を正す

大作を完成させようと最初から大きな目標を抱いても、達成出来なかった際には心が折れてしまうでしょう。

まずは元からある絵を、上からトレスさせてもらい、ペンタブを使った綺麗な線を描ける様に努めます。

最初は上手くいかないこともあり得ますが、徐々に機会を増やしていくと、安定したプロ顔負けな線が自然に引けるようになります。

力が入り過ぎていたり、無理な姿勢でペンタブを使用していたりすると、変な癖が身についてしまうので、常に正しい使い方を心がけましょう。

払いが苦手なら、その部分を徹底的に取り組むなど重点的に力をつけていく方法もおすすめです。

線画が完成したら色をつけて見るなど、元の作品そっくりに仕上げる根気を見せましょう。

後にその作品を自作として、何処かに発表するのはマナー違反ですが、技術の向上の為に使用するなら大丈夫です。

トレスに慣れてきたら、今度は模写に移ってみるなど、徐々にペンタブの使用技術を上げていくのが良いでしょう。

力が付いてきたらオリジナルの作品を描いてみるなど、今まで学んできた工程を思い出すようにペンタブを使っていきます。

描いた絵を誰かに見せる、評価を貰う

一心不乱にペンタブにかじりつく方法も大切ですが、やはり誰かに褒めてもらうことも重要項目です。

完成させた絵は知人に見せる、またイラスト投稿サイトに置くなど、誰かの目に触れられる場所に載せましょう。

気に入ってもらえた人達から、賞賛の声を貰うなど、描いて良かったという満足感に包まれる筈です。

また、時にはここをこうした方が良いというアドバイスを耳に入れることも可能です。

良い部分はそのまま伸ばして、改善させなくてはならない部分に目をかけていくなど、向上のさせ方も分かってきます。

また、同じペンタブ、ソフトを使用している絵師を探して、自身の絵と比較してみる方法もやる気が湧き起こります。

下手だからとフォルダにだけイラストを留めて置く術はもったいないです。

誰でも最初は初心者、怖がらず何処かに作品を発表していくのが一番です。

ペンタブは中古で手に入れることも可能か

ペンタブは新品で手に入れることは勿論、中古で購入することも出来ます。

更に安価な値段で手に入れることが出来るので、より安易な気持ちで購入に踏み切れます。

ペンタブとはどういうものかという程度で、買ってみるのが良いでしょう。

しかし、中古ということなので古いタイプのペンタブが出回っている場合も多く、買った瞬間から壊れていたというトラブルに見舞われる可能性も0ではありません。

誰かが一度使ったものなので、十分に承知した上で買うことが何よりです。

長く続けたい、一生ものの趣味として楽しみたい、プロになりたいという高い志があるのなら、やはり新品のペンタブに狙いを定めた方が無難です。

ペンタブが動かなくなってしまったら

正しく使っていたにも関わらず、ペンタブが動かなくなってしまうこともあり得ます。

そんな時は叩いたり乱暴に扱ったりせず、ペンタブを買った会社に連絡を一報寄越すのが適切です。

また、保証書によれば無料で修理してもらうことも考えられますので、買った時の箱は持続して控えておいた方が後の役にも立ちます。

加えて、電源を入れていない、そもそもコードに繋いでいないと初歩的なミスにより動かない可能性もあるので、一度環境を振り返ってみるのも一つの方法です。

その他にも、シャットアウトをしてから再度電源を入れると、いつもと同じように起動し始めるケースこそ見られます。

まとめ

ペンタブは使い続けることで必ず上達していきます。

また、描くたび何か気付きを得て、その後どう生かすか考えながら作品を作っていくと上達のスピードも早いです。

この事からやる気があるのなら、まだ納得のいく画力に到達していなくても購入に踏み切っても構いません。

毎日でも良いので、定期的に触っては、線でも良いので書き続けていくことが大切です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - タブレット端末