おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

【2017年】私が絶対おすすめするタブレット端末ランキングベスト

      2017/09/08

Fire HD 8 タブレット 32GB、ブラック

とても便利なタブレット。

でもたくさん種類があってどれを買えばいいか悩むこともあるかと思います。

そこで、今回はおすすめのタブレットをランキング形式でご紹介します。

スポンサーリンク

第1位 「Fire HD 8 タブレット」

Fire HD 8 タブレット 32GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー703件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

「Fire HD 8 タブレット」は、何と言っても端末価格が他のタブレットに比べ、圧倒的に安いという魅力があります。

同じ8インチクラスのタブレットの場合、安く購入出来て3万円前後ですが、このタブレットは16,000円以下で購入出来てしまいます。

Amazon独自に『Fire OS』をしているため、Androidのアプリは利用出来ないものの、インターネット検索やAmazonサービスの利用には最適です。

特にAmazonプライムビデオやKindle本をカラーで見れるというメリットがあります。

おすすめの使用方法としては、雑誌や漫画、小説など電子データで購入し、タブレットとSDカードに保存することです。

これならば、本の収納場所を確保することが無くなります。

また、microSDが200GBまで認識するため、大量のデータを保存することも可能です。

Amazonユーザーには高評価を得ていますが、日常的な利用も十分に熟せる性能があるため、格安のタブレットを検討される方にはおすすめの一品です。

詳細はこちらから

スポンサーリンク

第2位 「Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO」

Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO ホワイト ※Wi-Fiモデル RAM 2GB/ROM 16GB【日本正規代理店品】

Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー33件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

Huaweiの「MediaPad T2 8.0 PRO」は、CPUにオクタコアを採用し、RAMメモリが2GBと標準的なタブレットです。

端末は2万円以下で購入することができ、性能もスマートフォンとほぼ同等になっています。

何と言っても、8インチでフルHD以上の解像度(1920×1200)ディスプレイを採用し、動画の視聴やアプリゲームを大きな画面で楽しむことが出来ます。

低価格であることから、自宅でWi-Fi環境を完備している場合、サブ機として使用するのに非常におすすめの端末です。

子供が使用する分には申し分のない性能があり、日常的にインターネット検索をされたいという方には最適です。

スマートフォンの小さな画面で長時間の動画視聴や画像を拡大してみたいという方にはおすすめのタブレットになります。

詳細はこちらから

第3位 「Apple iPad mini 4」

Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GB MK9Q2JA アップル アイパッド ミニ MK9Q2JA ゴールド

Apple iPad mini 4
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー9件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

使いやすいタブレットをお探しの方におすすめなのがApple iPad mini 4です。

特にiphoneをお使いの方はiphoneと同じ感覚で使えますので良いですよ。

アンドロイドタブレットと違って画面が滑らかに動きますし、タッチパネルの反応の良さはさすがAppleと思わせる技術力の高さを感じます。

スマートフォンの小さい画面でwebページを閲覧するのは非常にストレスを感じますが、7.9インチのディスプレイは非常に見やすくて快適です。

ハードディスク容量も128GBと十分で、持ち運ぶ際も重量が約300gと軽いのでかばんの中に入れても重さが苦痛と感じません。

バッテリー駆動時間も10時間と1日使えて便利です。

タブレット選択で悩んだ場合はApple iPad mini 4を選択すればよいと思います。

詳細はこちらから

第4位 「NVIDIA SHIELD Tablet K1 8 インチの Android ゲーミングタブレット」

NVIDIA SHIELD Tablet K1 8 インチの Android ゲーミングタブレット [並行輸入品]

NVIDIA SHIELD Tablet K1 8 インチの Android ゲーミングタブレット
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー34件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

ゲーミングパソコンやグラフィックボードで有名なNVIDIAから発売されたタブレット『SHIELDTablet K1 8インチ』は、何と言っても日常的にゲームを楽しみたいという方におすすめな端末です。

何と言っても、『GeForce GTX』で培った技術が採用され、高画質な動画がサクサク動くため、ストレスフリーでアプリゲームを楽しめます。

近年では、アプリゲームも高画質化が進み、タブレットも見合った性能が必要となっています。

しかし、本タブレットであれば、CPUの処理速度が2.2GHzであり、搭載メモリは2GBとゲーミングには十分な性能を持ち合わせています。

日本国内では、ゲーミング可能なタブレットが少なく、価格も高いものの、本端末であれば3万円以下で外出先でも楽しめます。

詳細はこちらから

第5位 「エイスース 7.9型タブレットパソコン ZenPad 3」

エイスース 7.9型タブレットパソコン ZenPad 3 8.0 SIMフリーモデル (ブラック)ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4

エイスース 7.9型タブレットパソコン ZenPad 3
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー36件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

現在、日本国内でのシェアが高くなっているASUS(エイスース)製の7.9インチのタブレット『ZenPad 3』は、CPUに『Snapdragon 650(最大クロック数1.8GHz)を採用し、標準搭載のRAMメモリは4GBと非常に高性能スペックを実現しています。

画面は、フルHD(2K)となっており、高画質な動画の視聴やアプリゲームを楽しみたいという方にはおすすめです。

また、高性能でありながら実質購入価格は37,000円を切るものとなっており、コストパフォーマンスの高いタブレットです。

さらに、SIMフリーモデルであるため、格安SIMとの組み合わせも可能であり、毎月の通信費を削減したいという方には最適なタブレットです。

その他にも、一般的なタブレットでは非搭載の音声通話機能もあり、スマートフォンからの乗り換えも可能です。

詳細はこちらから

第6位 「Huawei 8.4型 タブレットパソコン MediaPad M3」

Huawei 8.4型 タブレットパソコン MediaPad M3 LTE 4G-32G/シルバー ※LTEモデル 【日本正規代理店品】

Huawei 8.4型 タブレットパソコン MediaPad M3
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー23件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

8.4インチの『MediaPad M3』は、Huawei独自技術のオクタコアCPUを搭載したワンランク上のタブレットです。

CPUの処理速度は、4 x A72@2.3GHz + 4 x A53@1.8GHzとなり、一般的な格安タブレットを遥かに超える動作性を確保しています。

また、RAMメモリは、4GBと安価なタブレットの約2倍を搭載することで、AndroidOSに因る負荷領域に余裕を持っています。

そのため、複数のアプリを同時に使用しても、サクサク動作がするため高画質の動画視聴にも最適です。

また、SIMフリーモデルとWi-Fiモデルがあり、タブレット1台で外出先でのインターネット通信を可能にしたこと、Wi-Fiモデルの場合はご家庭でのサブ端末として十分なスペックを持っています。

スマートフォンとタブレット、モバイルルーターを携帯する必要が無いため、モバイル端末を1台に集約したい方には非常におすすめです。

本製品は、タブレットとして値段も高くなく、サイズや仕様に関してもどのような使い方でも使い勝手が良く、不便のないサイズだと思います。

デザインもシンプルな作りになっているので外出時での操作性や持ち運びなどにも適していて、軽量なので女性などに重たいものを持ち運びすることに抵抗がある人にもおすすめです。

詳細はこちらから

第7位 「Lenovo 2in1 タブレット YOGA BOOK ZA160003JP」

Lenovo 2in1 タブレット YOGA BOOK ZA160003JP /Windows 10/SIMスロット/Office Mobile搭載/4GB/64GB/10.1インチ

Lenovo 2in1 タブレット YOGA BOOK ZA160003JP
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー51件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

Lenovo製のタブレット『YOGA BOOK ZA160003JP』は、一般的なタブレットとは異なり、搭載するOSはWindows10となっています。

また、キーボードを搭載しモバイルパソコンとして利用することが可能です。

外出先での文書作成などにが行い易いため、ビジネス目的に使用するのにはおすすめです。

CPUは、省電力性の高いIntel製のAtom(1.44GHz)を採用し、RAMメモリは4GBと安価なモバイルパソコンよりも安定動作が期待できます。

また、画面サイズは、10.1インチの大画面を採用し、高画質な920×1200と動画視聴や外出先での作業にもおすすめ出来ます。

その他、重量も約690gと軽量であるため、携帯性に富んだタブレットになっています。

詳細はこちらから

まとめ

いかがでしたでしょうか。

見た目は似ていても意外に性能や特徴が違っていると思います。

ぜひご自身に合ったタブレットを見つけていただければと思います。

「エイスース 7.9型タブレットパソコン ZenPad 3」の詳細

エイスース 7.9型タブレットパソコン ZenPad 3 8.0 SIMフリーモデル (ブラック)ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4

エイスース 7.9型タブレットパソコン ZenPad 3
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー36件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

スマートフォンでインターネット検索や動画視聴を行っている方は非常に多い筈ですが、画面の小ささに悩まされることも多いと考えます。

アイコンをタップしようとしても、小さ過ぎて上手く操作が出来ない、動画が細かくなって目が疲れるという問題もあります。

そのような場合、7インチのタブレットを利用されるケースが多いですが、やはり画面の小ささやデータ処理速度の遅さが目立ち、10インチのタブレットを検討すると思います。

しかし、10インチともなると携帯性が悪く、自宅での使用限定してしまうケースが増え、タブレットとしてのメリットが無くなってしまいます。

ですが、『エイスース 7.9型タブレットパソコン ZenPad 3』なら携帯性に優れ、適度な液晶パネルの大きさ、そして高性能な情報処理速度を得ることが可能です。

7インチのタブレットよりも見やすい7.9インチの魅力!

やはり、タブレットを選択する上で悩むのが、7インチか10インチの2択になるのが一般的です。

しかし、携帯性や画面の見やすさを考えると何方も得意不得意があります。

しかし、『ZenPad 3』ならその中間である7.9インチとなり、適度な大きさであり、携帯性の問題となる重量も約500gとカバンやリュックに入れて持ち運ぶのにも苦労しません。

また、7インチには無い動画の迫力性も富んでいます。

外出先でアプリを使用した文書作成なども大きな画面なら快適にこなすことが可能です。

搭載メモリは何と4GB!複数アプリもサクサク快適に動作する!

さて、『ZenPad 3』ですが、最大搭載メモリ容量が4GBと一般的なスマートフォンや低価格のタブレットよりも多くなっています。

低価のものだと、少ないもので1GB、平均的なもので2GBとなり、容量が大きくなると価格も跳ね上がります。

一般的に4GBのタブレットとなると、surfaceの様に価格が最低でも8万円を超えてしまいますが、『ZenPad 3』なら3万円台で購入出来てしまいます。

そして、複数のアプリを同時に起動させても、動作が重くなり難いことや高画質のアプリゲームもサクサク動作してくれます。

タブレットでネットゲームも楽しみたいという方には、非常に低価格で購入可能でありおすすめです。

内部ストレージはモバイルパソコン以上!microSD無しでもデータ保存量が多い

スマートフォンやタブレット、そしてモバイルパソコンで不足がちなのが内部ストレージです。

一般的なスマートフォンやタブレットの場合、16GBと容量が少なく、動画や画像を保存する際、どうしても大容量のmicroSDカードを使用してしまいます。

microSDカードも容量が増えると値段も高くなってしまいます。

しかし、『ZenPad 3』は標準で32GBが搭載されており、安価なモバイルパソコンと同等の容量となっています。

32GBの容量があれば、動画や画像、アプリを大量に保存しても、AndroidのOS利用領域に余裕があります。

容量が不足しても、16GBのmicroSDカードであれば、1000円程度で購入も可能であり、無駄な出費も抑えられます。

低価格でもSIMフリータブレット!モバイルルーターの携帯が不要になる!

タブレットの多くは、SIMフリーモデルよりもWi-Fiモデルが多く、価格も安価になっています。

SIMフリーモデルを購入すると高額になってしまいますが、『ZenPad 3』は3万円台で購入できるため、タブレット1台に絞りたいという方に非常におすすめです。

音声通話に対応した格安SIMを契約すれば、音声通話も出来るためスマートフォンをわざわざ携帯する必要が無くなります。

また、屋外でのデータ通信用としてモバイルルータを別契約している場合、大容量のデータプランを契約しても月額料金が2/3以下まで抑えることも可能です。

「エイスース 7.9型タブレットパソコン ZenPad 3」のまとめ

タブレット自体は、スマートフォンよりも性能が高く、モバイルパソコンよりも携帯性に優れています。

近年は、様々なシーンでタブレットが利用されており、日常的利用から業務での使用まで幅広くなっています。

『ZenPad 3』は、何と言ってもコストパフォーマンスが高いため、これからタブレットを検討されている方の入門用としても最適です。

また、性能も非常に高いため、慣れてきたらキーボードやマウスなどを接続して、パソコンの様にも扱えるため、非常におすすめ出来る端末です。

「Fire HD 8 タブレット」の詳細

Fire HD 8 タブレット 32GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー703件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

タブレットというと、OSはAndroidまたはWindows10が主流になっています。

しかし、Amazonから販売されているタブレットは、独自の『Fire OS』を採用し、ミドルスペックで低価格を実現し、画像や動画の視聴に最適化されたものとなります。

特にコストパフォーマンスが高い『Fire HD 8』は、日常生活からインターネットライフの向上に繋がる端末です。

コストパフォーマンスは非常に高い!

Amazonの『Fire HD 8』の魅力は、何と言っても低価格で購入可能なところにあります。

メモリストレージが32GBと64GBの2種類があり、12,800円と15,980円はタブレットの中でもお手頃です。

安いからといって性能が低い訳ではなく、CPUはクアッドコアで1.3GHzかつRAMメモリは1.5GBと動画視聴やアプリゲームを楽しむには十分な性能を有しています。

また、ディスプレイは8インチかつ高解像度(1200×800)のHD画質を楽しむことが可能です。

動画視聴では、非常に綺麗な画質で閲覧することを可能にしています。

また、メモリストレージを補うためにmicroSDカードを使用でき、認識できる容量が最大200GBと大容量のデータを保存することも可能です。

同価格帯でタブレットを購入しようとすると、性能が低くなり、快適な動作性を得られないケースがあるものの、『Fire HD 8』ならその心配がありません。

Amazonサービスを利用するなら非常におすすめ!

『Fire HD 8』は何と言っても、Amazonサービスを快適に利用出来る点にあります。

Amazonプライムビデオは、独自の『Fire OS』により最適化されているため、ストレスフリーで楽しむことが可能です。

また、kindleサービスも利用でき、200GBのmicroSDカードを利用することで、電子図書館を自宅内で実現することが可能です。

雑誌や漫画、小説など自宅に置くとスペースが必要になりますが、このタブレットを利用すれば1台で事が足ります。

また、漫画などを見る際は7インチ画面だと画像の見切れなどが生じてしまうものの、8インチの画面ならば本自体をそのまま手に取って見るのと変わらない状態になります。

読書が趣味の方や漫画を大量に収集している方などには、『Fire HD 8』はおすすめなタブレットです。

子供に与えても安心な制限機能付き!

『Fire HD 8』は、子供向けのタブレットとして利用することも可能です。

AndroidタブレットやWindowsタブレットの場合、機能制限が複雑で子供用の学習端末として利用をするのには躊躇してしまいます。

しかし、『Fire HD 8』は子供もターゲットにした端末であり、インターネット検索制限やアプリからの商品購入制限も可能となり、誤って商品が購入されてしまうことを防げます。

また、低価格タブレットの場合、本体自体の強度が弱く、落下すると画面が割れたり、外装自体が破損するという問題があります。

しかし、『Fire HD 8』は落下による耐久性も高く、誤って落としても、壊れ難いのが魅力的です。

価格も安く、壊れ難いという点は消費者の目線で考えると非常にお得に感じます。

Android端末で人気のアプリも楽しめる

Amazon独自の『Fire OS』を利用しているため、Androidアプリが全く使えないと考えてしまいますが、その点については対応がされています『Fire HD 8』は、人気に高いアプリが利用でき、アプリゲームも楽しむことが出来ます。

また、Amazon側も独自のアプリを導入しており、インターネット検索やショッピングなどにも幅広く対応しているため、不便と感じることがありません。

FireHD8のスペック

容量は16GBと32GBの選択。

容量の大きさで価格に3千円の差がでます。

また、200GBまでのマイクロカードに対応しています。

解像度は189ppi、ディスプレイサイズは8インチHDです。

バッテリーの時間は12時間と、充電をしなくても長い間継続して使う事が可能です。

主な機能

充実なコンテンツを楽しむ為の、Amazonのサービスが用意されています。

主に用意されているのは映画・書籍・漫画・アニメ・音楽・ゲームと、コンテンツを徹底的に楽しむ為の機能がこのタブレットの主な機能です。

有名なアプリも幾つかダウンロード可能で、TwitterやFacebook等のSNSも利用が可能です。

FireOS

Androidをベースとし、独自に開発されたOSです。

このOSはユーザーにとって使いやすい環境にするインターフェイスです。

快適な動作パフォーマンス

様々な機能がタブレットに搭載されているにも関わらず、快適な動作で操作する事ができます。

FireHD8について紹介している多くのブログでも「快適な動き」とあり、この部分についてはかなり高評価であると言えるでしょう。

BlueShade

FireOSの機能の一つで、睡眠前の読書を快適にします。

タブレットのライトを暗い部屋でちょうどいい光量に調整し、眼への光の刺激を抑えます。

その光の調整により、快眠にしてくれる機能です。

ユーザーが見ているものを視聴傾向からおすすめとして作品の選択し、推奨します。

料金

ストレージが16GBだと¥12950、32GBだと¥15980になります。

支払うのはタブレット代のみで、携帯と同じ様な定期契約の必要はないです。

使用する回線はWi-fiのみなので通信料金の支払いの必要はありません。

またFire HD 8を購入する事になる際、Amazonプライム会員なら4000円オフになります。

他のタブレットと比較するとFire HD 8の価格は仕様等の面から比較してもかなり良いコストパフォーマンスです。

同じタブレットとの比較

同じFireタブレットとを比較すると、同機種のFireよりも画質や容量がよく、またより大きいタブレットのHD10と同じ解像度を持っています。

それだけでなく、HD10よりも長い、12時間のバッテリー容量を持っています。

他のFireタブレットと比較しても、バランスの取れている機能な為、価格と機能の両方を考慮したい人にとってFireHDはかなりおすすめの機種です。

おすすめの楽しみ方

外出先に無料Wi-fiのスポットがあればFire HD 8を使う事ができますが、使用できるサービスが基本的に室内向けのサービスの為、室内でFire HD 8を使用するのがおすすめです。

FireHDにはAmazonプライム会員登録を通して、楽しめるコンテンツサービスが多種多様に存在しています。

Amazonプライムサービスの一例として、ドラマ・アニメ・映画の見放題、音楽の聞き放題、膨大な数の写真データの保存可能等が、存在しています。

また更に入会当初の30日間は無料でこれらのサービスを利用する事が可能で、かなりお得です。

無料期間終了後は年会費¥3990円で利用する事ができるので、膨大なコンテンツ配信量の割にはかなりのローコストのサービスです。

注意点

FireHD8を利用するにあたって注意する点が二つあります。

まず一つはログインする際にはAmazonアカウントが必要となります。

色んなサービスを利用する際にはこのログインでないとできません。

二つ目はgoogle playストアが使えない事です。

その代わりに使うのがKindleストアです。

Kindleストアでも豊富なラインナップがありますが、幾つか他の端末では使えていたサービス等が使えないという事がございますので、前の機種をWi-fi通信で利用していく等の対策は必要です。

「Fire HD 8 タブレット」のまとめ

Amazon独自のタブレットですが、汎用性が高く、コストパフォーマンスが高いため、タブレットを安価に手に取って楽しみたいという方には非常におすすめです。

特にAmazonプライム会員であれば、定期的に配布されるクーポンを利用することで、より安く手に入れることも可能です。

安いからと言って妥協点が無く、日常的に使用したり、ベットサイドに置いて就寝前の読書をするといった利用方法にはおすすめ出来ます。

「Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO」の詳細

Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO ホワイト ※Wi-Fiモデル RAM 2GB/ROM 16GB【日本正規代理店品】

Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー33件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

スマートフォンよりも大きな画面で、インターネット検索や動画視聴、アプリゲームをプレイしたいと考えている人は多いと思います。

しかし、ノートパソコンだと携帯性の問題やバッテリー容量の問題があり、タブレットを検討すると考えます。

でも、タブレットも意外に価格が高く、近年では中国製タブレットいわゆる中華タブに人気が集まっています。

その中でも、Huaweiの『MediaPad T2 8.0 PRO』はコストパフォーマンスが非常に高く、品質面でも高い評価を得ています。

何と言っても低価格でコストパフォーマンスが高い!

『MediaPad T2 8.0 PRO』の特徴は、2万円以下で購入可能であり、性能も高いところにあります。

CPUには、オクタコアMS8939(4×A53@1.5GHz + 4×A53@1.2GHz)が搭載されており、データ処理性能が高くなっています。

メインメモリとなるRAMは2GBと容量は標準的なものの、CPUのデータ処理能力が高いため、動作もサクサクと非常に快適です。

一般的なタブレットの場合、同価格帯になるとデュアルコアが主流であり、データ処理速度が不足気味になり、メモリ負荷が高くなります。

しかし、『MediaPad T2 8.0 PRO』ならその心配も無く、快適なインターネット検索や動画視聴も可能です。

インターネット通販などで中華タブレットが格安で購入可能ですが、もう1万円を追加すればワンランク以上のものとなり、性能を重視する方にはおすすめです。

Wi-Fiモデルなら自宅でのサブ機に最適!

現在、タブレットの主流はSIMフリーモデルよりもWi-Fiモデルの方が多くなっています。

光インターネット回線が普及し、月額料金も低価格となったことから端末自体の通信機能を制限しても快適に使用できます。

『MediaPad T2 8.0 PRO』は、何と言っても価格が安いのが魅力であり、自宅でのサブ機として利用するのには十分な性能があります。

子供がインターネット検索をしたり、YouTubeなどの動画視聴をするのには非常におすすめです。

携帯キャリアが販売するタブレットは価格が高額で、小さな子供に遊ばせるのは不安です。

また、安価過ぎるタブレットだと性能も不十分なだけでなく、品質面での不安もあります。

しかし、『MediaPad T2 8.0 PRO』なら携帯ゲーム端末と同じように与えてもコストパフォーマンスと品質面で非常におすすめです。

大容量バッテリーでモバイル性も高い!

さて、タブレットは画面が大きいことやデータ処理性能が高いことからバッテリー消耗が激しくなります。

しかし、『MediaPad T2 8.0 PRO』は4800mAhとバッテリー容量も大きく、動画視聴なら連続10時間、3Dゲームでも連続5時間の稼働が可能となっています。

外出先での連続使用を行っても、充電する頻度が少なくなり、モバイルバッテリーを携帯する必要がありません。

モバイルバッテリーは、大容量となると重量が重くなってしまいますが、『MediaPad T2 8.0 PRO』の本体重量は約340gと非常に軽量であり、荷物になることもありません。

8インチのフルHDディスプレイはブルーライトもカット!

タブレットの魅力は、大画面での作業や動画視聴が可能ですが、8インチはモバイル性に優れたサイズとなります。

『MediaPad T2 8.0 PRO』は、解像度が1920×1200のIPSパネルを採用し、非常に綺麗な映像を楽しむことが出来ます。

また、液晶パネルが放つブルーライトをカットするため、目が疲れ難い特徴があります。

液晶ディスプレイを長時間見ていると目が疲れたり、肩こりの原因になりますがこれらの問題を解消してくれます。

また、画面がスマートフォンよりも大きいため、アイコンのタッチミスなども少なくなり、快適な作業を行うことが出来ます。

「Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO」のまとめ

現在では、大手キャリアや格安SIMを提供するMVNOもHuawei製のタブレットを取り扱うようになりました。

中国メーカーと言うと不安に考える方もいますが、コストパフォーマンスが高く、品質面での安全性も高くなっています。

国内メーカーが販売するタブレットと比較し、圧倒的に価格が安いため、サブ機や初めてタブレットを購入される方には非常におすすめの端末となります。

「Huawei 8.4型 タブレットパソコン MediaPad M3」の詳細

Huawei 8.4型 タブレットパソコン MediaPad M3 LTE 4G-32G/シルバー ※LTEモデル 【日本正規代理店品】

Huawei 8.4型 タブレットパソコン MediaPad M3
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー23件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

今やタブレットも低価格化が進み、コストパフォーマンスの高い製品が続々と登場しています。

その中でも、ここ1年間で急速に日本国内でのシェアを高めつつあるのが、『Huawei』です。

格安SIMやスマホの市場拡大に伴い、低価格ながら高性能なスマートフォンが2016年には有名となりました。

しかし、Huaweiの強みはタブレット端末の市場にも生かされ、非常にコストパフォーマンスが高いタブレットとして『MediaPad M3』が2016年末にリリースされました。

Huawei独自開発のCPUが凄過ぎる!

1年程前までは、大手キャリアが販売するタブレット端末が人気でしたが、その片隅で中国メーカーのタブレット端末の技術革新が進んでいました。

これまでは、Intel製Atomプロセッサの搭載率が多く、デュアルコアやクアッドコアが主流でした。

しかし、Huaweiの『MediaPad M3』は主流となっているプロセッサではなく、次世代のオクタコアを搭載しました。

使用されるプロセッサは、Kirin 950 オクタコア (4 x A72@2.3GHz + 4 x A53@1.8GHz)とモバイルPCのミドルクラスの性能を持っています。

オクタコアの採用により、データ処理領域の分散化による負荷低減が図られ、省電力化も確保されています。

オクタコア採用のタブレット端末となると、高額なイメージが強いものの、『MediaPad M3』は市場価格が3万5000円前後で購入できるという高いコストパフォーマンスが魅力です。

標準メモリのRAMとROMの容量が大きい!

安価なタブレット端末にありがちなのが、プロセッサの性能を上げ、RAMメモリやROMメモリを妥協し、コスト削減を図っている場合があります。

特に安価な中華タブレットの場合、RAMを1GBかつROMを8GBにして、実用的にギリギリのものが多くなっています。

しかし、『MediaPad M3』は低価格でありながらメモリは、RAM:4GB、ROM:32GBまたは64GBとパソコン並みの搭載量となっています。

RAMが4GBもあれば、複数のアプリを同時に立ち上げても負荷が少なく、高画質な動画視聴や3Dアプリゲームも動作するレベルです。

これまでの国内メーカー品や海外有名メーカー品の場合、価格に対するネームバリューが高く、コストパフォーマンスはイマイチでしたが、『MediaPad M3』は性能にこだわる方にもおすすめのタブレット端末です。

大容量バッテリーで長時間動作!軽量性も高い!

タブレットのこれまでの課題は、バッテリーの容量にありました。

約2年程前に主流だったタブレット端末のバッテリー容量は4000mAh前後であり、連続使用時間が約8時間前後と短く、モバイルバッテリーを同時に携帯する必要がありました。

そのため、カバンの中に入れると荷物の重要が重くなる欠点があります。

しかし、『MediaPad M3』は、本体重量830gとモバイルPCより軽く、動画視聴をしても連続11時間の稼働を実現しています。

モバイルPCの場合、1.2㎏の重量で連続稼働時間が10時間となるため、『MediaPad M3』は大容量にモバイルバッテリーの携帯を必要としなくなりました。

携帯したとしても、これまで6000mAh以上にバッテリーだったのが、半分以下にすることも可能です。

特にビジネスシーンで利用される方には、荷物削減に繋がり非常におすすめです。

8.4インチIPSパネルを採用!2K画質が楽しめる!

『MediaPad M3』の特徴は、高コストパフォーマンスのタブレット端末ですが、8.4インチの2K仕様のIPSパネルと使用していることにあります。

コンパクトでありながら、解像度が2560 x 1600と動画視聴に最適です。

また、画質がきれいなことから作業性もし易くなり、目の疲れも軽減されるというメリットがあります。

スマートフォンの小さな画面で作業をするよりも8.4インチのディスプレイで作業をする方が作業効率も格段にアップします。

「Huawei 8.4型 タブレットパソコン MediaPad M3」のまとめ

『MediaPad M3』は、これまでの主流メーカー製品を遥かに超えるタブレット端末に仕上がっています。

中国製タブレットと聞くと品質面を気にされる方がいますが、パソコンやスマートフォンの生産技術の向上が高く、コストパフォーマンスが高いものをどんどん投入してきます。

結果、格安スマホ市場では、Huaweiの『HUAWEI P9 lite』や『honor8』といったコストパフォーマンスの高い端末がシェアを拡大しています。

今現在は、コストパフォーマンスの高いタブレット端末として『MediaPad M3』は高い人気を集めています。

「Huawei 8.4型 タブレットパソコン MediaPad M3」の詳細2

IT技術の進歩が著しく、進歩とともに新しい製品が年々増えてきています。

携帯電話、パソコン、テレビ、モニターなど様々なものが高品質化している中、タブレットもその一つになります。

タブレットも色々な製品があるので、どれを選べばいいか迷うことがあると思います。

その数あるタブレット製品の一つを紹介します。

Huawei 8.4型 タブレットパソコン Mediapad M3

Huaweiが発売したタブレット製品であるMediapad M3は、高解像の8.4型液晶となっています。

Mシリーズの特徴でもある音楽や映像などを楽しめるマルチメディア性能の高さがMediapad M3にも搭載されています。

8.4型でありながら、薄さは約7.3mm、質量約310gと薄型軽量のタブレットです。

バッテリー容量は5100mAhと大容量でOSはAndroid6.0になります。

内臓ストレージはスタンダードで32GB、プレミアムモデルで64GBになります。

航空機グレードのアルミ素材に先進の技術などを用いて、シンプルながら上品かつエレガントな印象を持てる洗練された仕上がりとなった本体になります。

軽量なので片手での操作も苦にならず、背面のしっとりとした質感が手元を滑らせて本体をさせることが少なくなると思われます。

サウンドへのこだわり

サウンドは、米国のハーマン社による音響チューニングにHuawei独自のサウランド技術であるSWS3.0、高出力なスピーカーが2機、厚みのある音を再現するパワーアンプのSMAER PAなどによって、極上の温室を楽しむことが出来ます。

最高水準であるAKM社製のオーディオチップであるAK4376によってCDのクオリティを超える音質で、音の細部まで再現してくれます。

ライブ音源の臨場感は、まるでその場にいるかのような音を聞くことが出来ます。

プレミアムモデルは、専用イヤホンとカバーが付属されていて、イヤホンは音響メーカーのAKGが設計したものです。

世界的な音響メーカーによる巧みな技術が詰め込まれたイヤホンは、つけ心地の良さに軽量となっています。

高精細な液晶

液晶は8.4インチの2560×1600ドットの2Kとなっています。

プライベートだけでなく仕事にも利用できるサイズで、高画素密度と高色彩ディスプレイは本物であるかのような豊かな表現力となっています。

カメラを使用すると、約800万画素によって、どんなシーンでも色や明るさが自動で最適化を行い高品質で美しい画像を残すことが出来ます。

高品質な画像を残すだけでなく、ブルーライトのカットも加わり目の疲れを軽減させたり、暗い場所でも対応してくれます。

Huawei独自の画像調整技術により、最適な画質調整を可能にして鮮明な画質となります。

カメラや動画の閲覧だけでなく読書にも適した液晶となっています。

その他の機能

Huawei独自の技術によりバッテリーが5100mAhという大容量とフル充電時は最大11時間ほどのフルHD動画視聴に最大45時間の音楽再生を可能にしています。

通信速度はLTEで下りが最大150Mbps、Wi-Fiの802.11acが最大433Mbpsによって高速接続を可能しています。

Huaweiではおなじみの指紋認証機能が搭載されていて、正確で瞬時に認識することが出来ます。

簡単なロック解除は、スピーディーかつ高い安全性を保ちます。

また、指紋認証センサーと一体化したホームボタンで、簡単なシステムナビゲーションとして利用することも出来ます。

最新技術を凝縮したCPUのKirin950と4GBの内蔵メモリが高い処理能力を実現しています。

それに高いエネルギー効率が加わることで、Mediapad M3はより高いパフォーマンスと省電力性を提供してくれるおすすめのタブレットになります。

「Huawei 8.4型 タブレットパソコン MediaPad M3」まとめ

今回はHuaweiのMediapad M3を紹介いたしましが、他にも様々なタブレットが製品化しています。

その中でもMediapad M3は最新の技術が詰め込まれた高品質な製品です。

この製品が販売されてから人気が上がっていき、タブレットPCのランキングの上位に入るほどになっています。

もしタブレットの購入を考えている人は、1度は必ずこの製品に目を向けてみるといいと思います。

「NVIDIA SHIELD Tablet K1 8 インチの Android ゲーミングタブレット」の詳細

スマホでゲームをしていると画面が小さいため目がチカチカしたり、動きが見えにくかったりすることありますよね。

そんなときはタブレットが便利です。

スマホよりも画面が大きいので見やすいし動きもわかりやすいのでストレスなくゲームを楽しむことができます。

NVIDIA SHIELD Tablet K1 8 インチの Android ゲーミングタブレットはコスパと性能を兼ね備えていると評判のタブレットです。

他のタブレットに比べて値段が安い

タブレット製品を購入しようとすると平均的に5万円ほどかかってしまいますが、NVIDIA SHIELD Tablet K1 8 インチの Android ゲーミングタブレットはAmazon価格で26,980円なので他のタブレットよりも安く購入することができます。

特にタブレットを初めて購入する方はいきなり高い値段のものを購入するのに躊躇してしまいます。

高いものだから絶対に良いものという確証はないし、実際に使ってみないと自分に合っているかどうかなんてわかりません。

また、タブレット初心者でなくても出来るだけ安い値段で手に入れたいものですよね。

そんな方には比較的安い値段のNVIDIA SHIELD Tablet K1 8 インチの Android ゲーミングタブレットをおすすめします。

安いからといっても性能抜群

値段が安いと聞くと性能が悪いのではないかという不安があります。

でもこのNVIDIA SHIELD Tablet K1 8 インチの Android ゲーミングタブレットは性能も抜群です。

192コアのNVIDIAケプラーのCPUと2.2GHzのクアッドコアCPUを備えたNVIDIAのTegra K1プロセッサを搭載しているので驚くほどのグラフィックが得られます。

また重そうなゲーム(デレステやヘイブンなど)でもサクサク動くし、タッチパネルの感度も抜群です。

映像が乱れていたり音声が聞こえにくかったりすると気が散ってなかなかゲームに集中できませんが、NVIDIA SHIELD Tablet K1 8 インチの Android ゲーミングタブレットは映像もキレイですし、サウンドの音質も良いのでゲームに熱中できます。

持ち運べるし飽きのこないデザイン

NVIDIA SHIELD Tablet K1 8 インチの Android ゲーミングタブレットは8インチの画面なので大きすぎず小さすぎない大きさで、持ち運びも楽々です。

そのため家のなかでもリビングや寝室など、自分の好きなところへ持ち運べるので便利です。

また見た目もカラーは黒で、余計な印刷等がないので男性でも女性でも性別関係なく飽きのこないデザインです。

Amazonで購入できるので安心

ネットで購入出来るのはお店に行く手間が省けるので便利ですが、いくら安くても聞いたことのないネットショップで購入するとなるとためらってしまうものです。

『本当に注文どおりの製品が届くのか』とか『不良品が届くのではないか』など、何となく不安になってしまいます。

その点、NVIDIA SHIELD Tablet K1 8 インチの Android ゲーミングタブレットはAmazonで購入できるので安心できます。

またAmazonの口コミでの評価も星3.7とまずまずですし、コスパも良いし性能も良いと評判の製品です。

「NVIDIA SHIELD Tablet K1 8 インチの Android ゲーミングタブレット」まとめ

タブレットは欲しいけどいざ購入するとなると性能はもちろんですが、お値段も気になるところです。

値段が高いものを購入しても実際に使ってみると操作しずらかったりすることもあります。

NVIDIA SHIELD Tablet K1 8 インチの Android ゲーミングタブレットはお値段が安いのに加えて性能も抜群なのでおすすめです。

「Apple iPad mini 4」の詳細

スマートフォンで電話やメール、SNSといった連絡ツールとしての機能を使用するのは問題ないけど、動画を見たりゲームをしたり新聞や本を読んだりするときには画面が小さいため見えにくかったり操作しずらかいことがあります。

そんなときはスマートフォンよりも画面の大きいタブレット製品がとても便利です。

その中でもApple iPad mini 4は外見でも性能でも魅力的な要素がたくさんあります。

安心のApple社の製品であること

タブレット製品が欲しいと思っていても色んなメーカーから発売されていて値段もピンキリなので、どの製品を購入すればいいのか迷ってしまいます。

その点、iPad mini 4は安心のApple社製なので他のあまり聞いたことのないメーカーのタブレット製品よりは信用度が高いです。

iPhoneを使っている人であれば、iPhoneとiPad mini 4とで同期できるし使い方も同じなので抵抗なく使い始めることができます。

洗練されたデザインであること

iPhoneもデザインはシンプルでありながらスタイリッシュで洗練されたデザインですよね。

iPad mini 4も同じです。

カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色から選べてどれもシンプルかつスタイリッシュな外観なので、持っていると人目をひくこと間違いなしです。

また薄さ6.1ミリ、重さ298.8グラムと驚異的な薄さと軽さなのに、強度も抜群でアルミニウム製の頑丈なボディは何年たっても損なわれることはありません。

画面は7.9インチなので持ち運びにも困ることは少ないでしょう。

デイパックはもちろんクラッチバッグ、機内持ち込み用バッグなどほとんどのカバンに入れて持ち歩くことができるので、外出先から飛行機の中に至るまであらゆるシーンで楽しむことができます。

小さくてもハイスペックであること

iPad mini 4は解像度2,048×1,536で310 万ピクセルであることから画像が驚くほど鮮明であることに加えて、反射防止コーティングを施しているため屋外などの明るい場所でも光の映り込みをiPad mini 4以前の製品に比べて56%も抑えることができたので屋内外を問わずほとんどの環境で鮮明に映し出すことができます。

またiPad mini 4に搭載されているチップはデスクトップクラスの第2世代64ビットアーキテクチャを持ったAppleのA8チップなので、動画の編集から3Dゲームまであらゆることをスムーズに行うことができます。

iPad mini 4以前の製品に搭載されたA7チップよりも最大30%早いCPUパフォーマンスを発揮するので、アプリの起動やゲーム中の動作もより速くなめらかになりました。

またA8チップはパワフルなだけでなく電力効率も優れていて、バッテリーは最大で10時間持続します。

また使用者が動いているときは加速度センサーやコンパス、気圧計などのデータを継続的に測定することで、A8チップの負担が軽減されて電力効率が向上します。

iPad mini 4は魅力がいっぱい

ここまで述べてきたようにiPad mini 4はデザインもおしゃれだし性能も驚くほどのハイスペックな製品です。

購入したあとで『買わなきゃよかったな』などと後悔する可能性は少ない製品であるといえます。

タブレット初心者の方でも使いやすい製品なので、迷っている方には是非おすすめしたいタブレットです。

「Apple iPad mini 4」まとめ

今やあらゆるメーカーがタブレット製品を発売している中でiPadの人気が衰えることはありません。

それはやはり見た目のデザインが優れていることや、小さくて薄いなかにも圧巻の性能が備えられていることが人気の理由であると言えます。

持っていれば誰かに自慢したくなるし、使っている自分もなんだか嬉しくなるものです。

iPad mini 4は年齢性別関係なくおすすめできる製品です。

「Lenovo 2in1 タブレット YOGA BOOK ZA160003JP」の詳細

今や外出時でもネット接続は当たり前の世の中となりました。

そんな時に役に立ってくれるのが、スマホやタブレットPCです。

特に外出の多い仕事の方の場合、歩きながらのネットは出来ないものの、仕事第一での使用の場合はタブレットがおすすめとなります。

特にこのLenovo 2in1 タブレット YOGA BOOKは、大変い使いやすくまた重さもこのタイプでは軽量なので、外出先でのお仕事の多い方には大きな助っ人になってくれるでしょう。

2in1 タブレットなので仕事での使用も楽々

普通のタブレットも勿論携帯するのに便利ですが、残念ながら文字の打ち込みと言う点でいささか普通のPCに劣ってしまいます。

しかし2in1タブレットならば、キーボードを使用できますので、文字の打ち込みのストレスがありません。

外出時にメールのチェックにレス、またふとアイデアを思い付いた時にすぐに記録して置けるのが、最高の強みです。

薄さが命のタブレットPCなので、キーボードには触感フィードバック(バイブレーション)搭載しています。

打ち込んだと言う感覚が伝わってくるので、非常に使いやすい仕様になっています。

使い慣れたWindows10を搭載

会社や家のPCはWindows10を使っているのに、タブレットやスマホだけはOSが違うので使いにくいという思いは、誰もしたことがあるでしょう。

この製品は嬉しいことにWindows10を搭載していますので、画面などの違和感なく使用していただくことが出来ます。

OSの違いで、ちょっとしたミスをしてしまった、等と言うことの無いようにするためにも、何時もと同じOSで使用できるのは嬉しいことですね。

画面サイズはとても見やすい10インチ超えなのに689g

画面が10インチと言うのは、仕事で使用する場合特に画面に対するストレスが少なくなります。

文字の問題にしても、7インチと10インチでは目の疲れ自体が違ってきます。

サイズ的に少々かさばると言う心配はあるでしょうが、結果としてPC使用時の疲れが減るわけですので、そう言う言意味でも実はこちらが正解になります。

しかもこのサイズで重量は689g、700gを切っています。

しかも厚さは1㎝弱と言う薄さを実現しています。

PC収納用のバックパックに収納すれば、重さや荷物の多さをを感じることなく持ち運びできる重さと薄さです。

見やすくしかも軽い薄いと言うのが、この製品の最大の特徴でもありますね。

CPUもHDDもメモリも充実

CPUはインテルのAtomを採用、速度は1.44GHzを可能にさせています。

またHDDの容量は64GB、メモリも4GBを実現させています。

これだけあれば外出時のネットにも、また仕事にも充分に対応してくれますね。

薄くて軽い上にこれだけの性能は、ちょっと他に類を見ません。

長時間の外出にも安心

外で使用する機器の場合、使用者が一番気になることが、バッテリーの駆動時間です。

これがある程度ない場合は、充電器まで持って歩くことになりますので、出来るだけ長時間のバッテリーのもちが期待されるわけです。

この製品の場合、バッテリーの寿命は13時間ですので、昼間の外出時の使用なら充分すぎるほどにバッテリーがもってくれると言う事になります。

仕事で午前午後ともに外出する、などと言う方にも安心して使っていただけることになります。

半日の外出は当たり前、と言う方には本当におすすめの品です。

安心のSIMスロット付き

近頃では当たり前になってきました、SIMフリースマホにタブレットです。

特に個人で使用される場合、やはり通信料は抑えておきたいのが正直なところでしょう。

この製品はSIMフリーですので、格安SIMでの使用が可能になっています。

通信料を抑えたい方には、やはりこのタイプがおすすめですね。

「Lenovo 2in1 タブレット YOGA BOOK ZA160003JP」まとめ

このように特に外出時に便利な製品ですが、勿論家や会社での使用にも充分に耐えてくれる製品でもあります。

何しろ画面サイズが10インチを越えているわけですので、どこでも使いやすくまた見やすいと言う事でもあるのです。

身近に置いてお仕事にまたエンターテイメントにと、気軽に手軽に利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - タブレット端末