おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優の専門学校は夏休みの間に実力差が開くことが多い

   

声優になりたい人も多く、今では専門学校の数も増えてきています。

新しい専門学校が出き始める中、専門学校にも夏休みというものがあります。

ですが普通の大学とは違い夏休みの日にちというのは基本的に短いです。

しかしながら夏休みの間にだらけてしまうと差がどんどん開いてしまいます。

実力差というのは地道な努力が必須になりますが、どういったことをすれば実力をつけることができるのか詳しく見てみたいと思います。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優の専門学校の夏休みは短い

これは声優に限らず他の専門学校にも言えることですが、基本的に夏休みというものが少ないです。

他にも冬休みや年末年始に休みというものはあるものの、専門学校は長期的な休みがありません。

なので1ヶ月以上ある専門学校での休みというのは珍しいことになります。

ですが夏休みの間というのは、一時は離れたいという気持ちもありますよね。

常に声優について学ぶというのは、もしかすると疲れるかもしれません。

そんな時にリフレッシュをすることは大事ですが、何もしないように気をつけることが重要になるでしょう。

休みの間は何をするか

専門学校の休みはまとまった休みがないので、言うのであれば期間が短い中で何をするか考えなくてはいけません。

例えば、アルバイトをしたり、実家に帰省をしたりということもあります。

ですが中には学校の課題に取り組んでいるという人もいますよね。

特に休み中というのは課題が多く出てしまい、その課題を終わらせるのに精一杯だという人もいるかもしれません。

休みの間にどうするのか、夏休みはどの様に過ごすのかをしっかりとチェックをすることが大事になります。

事前にスケジュールなどを組み立てておくと良いでしょう。

そうすることで、充実した夏休みを送ることができます。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

夏休みだからと言ってダラけない

ここで大事なことは休みだからと言ってダラけてしまうことが多いという点です。

どうしても人というのは息抜きをしなくてはいけません。

そのためついダラけてしまい、練習や勉強、課題をしないというような人も多いです。

しかしながらそこできちんと練習をしたりするような人は、夏休みの間に実力をつけて後期を迎えます。

なので夏休みとは違った成長ぶりを見ることができるようになるのです。

基本的に声優になりたいという人は多いと思いますが、練習も欠かせないようにすることが大切です。

ダラけてしまうと、何でも面倒だと感じてしまい、疎かになってしまうので気をつけるようにしましょう。

リフレッシュをする感覚で過ごそう

何もしないという日もあって良いでしょう。

ですがその時に次の日もダラけるというような事が無いようにすることが大切になります。

例えば1日おきに練習をするということでも良いでしょう。

そうすると夏休みの半分は練習や勉強にあてたことになります。

ですが2日、3日と続いてしまうとどうしても練習や勉強をする気力が無くなってしまいます。

そのため、1日だけ置くという形を取ったり、少しでも勉強をしたりすることで実力も少しずつついてくるようになります。

それを続けることが大事です。

継続して続けることが、どんどん実力をつける事にもなるので、誘惑などに負けずに少しずつ勉強や練習をするようにしましょう。

夏休みは進路が決まる期間でもある

どんな事でも多忙になったりで忙しいと感じてしまうと、中々続かなくなってしまいます。

特に夏休みが終わって何人か辞めているというような例も少なくありません。

その理由というのはまさに夏休みの過ごし方になるのです。

例えばもっと違う理由で辞めるという人もいます。

人間関係や声優の世界を見て挫折をするというような人も多いです。

夏休みだからこそ、一時は考える期間があるという事なのです。

そのため、夏休みを自分のために使うというような人もいますが、課題をしたり練習を欠かしたりしないという人もいるでしょう。

生半可な気持ちでは声優になれないと知った人は、より一層練習や勉強をしなくてはいけないという焦りも覚えるかもしれません。

それでも無理だという人は、そのまま専門学校を中退するという形を取るかもしれません。

夏休みというのは、いろいろな考えや進路が決まってしまう期間でもあるのです。

一気に人がいなくなることもある

様々な進路を考えてしまうので、声優ではなく他の道に行きたいという人も出てくる可能性が高いですよね。

専門学校では様々なコースがありますが、途中で変更をすることもできます。

もちろん条件はありますが、声優のコースを変えて別の道を歩む人も多いのです。

なので皆がずっと声優のコースで進んで卒業をするという事は絶対になく、誰かしらが迷って他の道を進むということもあるのです。

それほど声優というのは、実力などがついてくる職業ということになります。

専門学校に通っている人、誰もが声優となって活動をできるという訳ではないですよね。

声優でなく、他の中小企業に行くということや、フリーランスとして活動をするという人も珍しくないです。

それほど夏休みは変動がおきてしまうのです。

そこで何もせずにそのままいるのではなく、他の人達に負けない気持ちも持たなくてはいけません。

実力差がついてしまうのは、この休みをどの様にして過ごしているのかでも決まります。

声優になることができるのは才能などではなく、地道な努力もたくさん必要になります。

そこで夏休み期間中に何も勉強をしていないという事が無いようにすることが大切になるでしょう。

夏休み中の過ごし方

例えばアルバイトをするというのも1つの選択肢ですが、アルバイトにも種類があります。

もし声に自信があるのであれば、レコーディングのアルバイトなどに応募をすると良いです。

アルバイトと聞くと、どうしても派遣や単発アルバイトというイメージが強いですよね。

ですがそれ以外にもレコーディングのようなアルバイトもあるのです。

その様なアルバイトをして過ごしつつ勉強をするという方法は、自分自身の実力もついてきます。

他にも声を出すようなところでアルバイトをするのも良いでしょう。

声が普段から小さい人や、何か特徴的なものを無くしたいという人も多いはずです。

そんな時は夏休みで声を出せるアルバイトをしつつ、改善していくと良いです。

声を出さないのも練習

よく声優などは声を酷使してしまうので、どうしても喉が痛くなったり調子が悪くなったりという事もあります。

ですがその様な状態でやり続けてしまうと、喉を潰しかねません。

適度に練習をするのは大事ですが、もっと大事なことは声を出さない、いわゆる休ませることも必要なのです。

声というのは声優にとって大事なものであり、一人一人特徴がありますよね。

その声を台無しにはできないと思います。

そのため、声を出さないような時間も作ることが大切です。

基本的に練習をしない時や一人でいる時というのは、必ず喉を休ませるようにすることも大切です。

夏に練習や勉強をしすぎてしまい、調子が悪くなるというような事もあります。

適度に休ませるというスケジュールを組むことも大切になるので、夏休みだからと言って無理をしないようにすることも大切なのです。

まとめ

声優の専門学校に通うとどうしても夏休みなどが短く感じてしまいますよね。

だからこそ、ダラけてしまうということや遊んでしまうという事もあると思います。

ですがその期間少しずつ練習をすればするほど、どんどん実力もついてきます。

特に練習をしてきた人というのは、どんどん調子なども良くなり、自分の理想にも近づいてくるのではないかと思います。

しっかりとスケジュールを立てて、実力差が開くことなく他の人に負けないようにしましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

実際に声優の専門学校に行っていた同級生の話しを参考にしています。

東京アニメ・声優専門学校
https://www.anime.ac.jp/

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校