おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液タブと板タブを徹底比較!あなたに合うペンタブの種類が分かる?

   

デジタルのイラストを制作するための機種は、大きく分けて2つのタイプがあって、それが『液タブ』と『板タブ』です。

液タブは高機能な機種と言われていて、板タブは低機能な機種と言われています。

そのため、購入する場合には、液タブのほうが良いと思ってしまうかもしれません。

しかし、2つのタイプには一長一短あるので、2つのタイプについて詳しく紹介するので、参考にしてみて下さい。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

液タブのメリット

液タブは、高機能なペンタブなので、様々なメリットがあるので、詳しく解説しましょう。

そのメリットを知れば、液タブは購入するほどの価値がある機種なのか分かるはずです。

直感的な操作が可能

液タブは、本体部分に『液晶ディスプレイ』が搭載されていて、このディスプレイにイラストが表示されます。

それに引き換え、板タブの場合には、イラストはパソコンのディスプレイに表示されるのです。

今まで、ペンタブを利用した事がない場合には、板タブを利用しようとしたら、ペン先を接している所にイラストが表示されないので違和感を抱いてしまうでしょう。

ところが、液タブの場合には、アナログのイラストを制作している環境に近いのです。

今まで、デジタルのイラストを制作していなかった方で、操作しやすいペンタブを探している場合には、液タブのほうがおすすめです。

高機能な機種が多い

液タブは高機能で、板タブが低機能なのは事実ですが、実は2つのタイプには共通している機能がいくつもあります。

それは、どちらとも『点』でイラストを表示できるようになっていますし『筆圧機能』も搭載されています。

しかし、板タブは多機能な機種であっても、搭載されている機能のレベルが低くなっているのです。

イラストを描く環境を少しでも良くしたい場合には、機能のレベルが高くなっている液タブを選んだほうが良いでしょう。

上位機種ではパソコンが不要

全ての液タブという訳ではありませんが、一部の液タブでは『パソコン』を必要としません。

実際に、パソコンとペンタブを接続しようとしたら、接続コードが必要になるので、コードが故障した場合には買い換える必要があります。

コードの本数が多くなっていたら、そのコードが邪魔になってしまう場合があるので、注意しなければいけません。

さらに、パソコンは高額な機種が多くなっていて、200,000円前後になっている機種もあるので、パソコンが不要になっている液タブを検討してみる価値があります。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

板タブのメリット

板タブは、液タブほど高性能ではありませんが、いくつかメリットがあります。

そのメリットも把握しておけば、自分の好みに合うペンタブが、どちらのほうなのか把握できるでしょう。

価格が安い

板タブの最大のメリットが『価格の安さ』です。

実際に、数多くある板タブは、Amazonでは50,000円以下で販売されている機種が多くあります。

それに引き換え、液タブの場合には、200,000円を超えてしまう機種が多くあるのです。

ただし、液タブにも例外があって、それがパソコンを必要としない機種です。

Amazonでは、パソコンを必要としない上位機種の液タブが、200,000円程度で販売されています。

パソコンと同じ程度の価格になっているので、パソコンを持っていない場合であれば、上位機種の液タブのほうがお買い得になる場合もあるので、注意する必要があります。

画面が見やすい

板タブは、イラストがパソコンのディスプレイに表示されるので、アナログのイラストを制作する場合と、環境が大きく違っています。

ただし、液タブを利用する場合にはイラストが表示される液晶ディスプレイの上側に手首を置く事になるので、手や手首などが邪魔になってしまって、イラストが見えづらくなってしまうので注意しなければいけません。

そのため、アナログの環境を重視したい場合には液タブを選んで、見やすさを重視する場合には板タブを選んだほうが良いでしょう。

紙を併用

液タブの機種によって違いはありますが、液晶ディスプレイがツルツルとしてしまって、専用ペンが滑ってしまう事があります。

それとは逆に、専用ペンが液晶ディスプレイに引っかかってしまって、スムーズに線や色を引けない場合があるのです。

ところが、板タブの場合には、イラストがパソコンのディスプレイに表示されるので、ペンタブ本体の上に紙を置いて専用ペンを滑らせていく事ができます。

紙を置けば、アナログの環境に近づける事が可能です。

液タブの機能で重視するポイント

液タブには、様々な機能が搭載されていますが、その中でも筆圧機能や傾き検知機能は、重視したほうが良い機能です。

今まで、ペンタブを利用した事がない方は、その理由について分からないと思うので、詳しく解説していきましょう。

筆圧機能

筆圧機能とは、専用ペンにかける力を強くしたら線や色を太く描けて、専用ペンにかける力を弱めたら線や色を細く描ける機能です。

ただし、筆圧機能のレベルが低くなっていたら、専用ペンを利用しても、線や色の太さの幅が狭くなっているので、効率よくイラストを制作する事ができません。

板タブの筆圧機能は、1,024~2,048レベルの機種が多くなっていますが、液タブは何と8,192レベルにもなっている機種があるのです。

もしも、効率よくイラストを制作したいのであれば、筆圧機能のレベルが高くなっている機種を選ぶようにしましょう。

傾き検知

筆圧機能のレベルが高くなっていたとしても、今までペンタブを利用した事がない方は、筆圧機能を上手く活用できないかもしれません。

ところが、一部の液タブの機種では、傾き検知機能まで搭載されている物もあるので、専用ペンを傾ける事によって線や色の太さを変える事ができるのです。

さらに傾き検知機能は、太さを変えるだけではなく、濃淡まで変える事ができます。

少しでも、手間暇を省きたい場合には、傾き検知機能まで搭載されている液タブを購入したほうが良いです。

液タブの性能で重視するポイント

液タブを選ぶ際には『機能』だけではなく『性能』も重視したほうが良いです。

なぜなら、性能を重視しておかなければ、イラストが見えづらくなってしまうからです。

そこで、液タブの性能の中でも重視したほうが良い『画質』や『視野角』について解説するので、確認してみて下さい。

高画質

ペンタブは『点』で表示すると説明しましたが、その点とは『画素』という呼び方で分かります。

実際に、多くのペンタブでは画素を表す言葉で『ドット』という言葉が使われています。

仮に、3840×2160ドットであれば、横方向に3,840個のドットが使われていて、縦方向に2,160個のドットが使われているのです。

これほど、多くの画素が使われていれば、なめらかなグラデーションや線を表示する事ができます。

液タブであれば、高画質になっているので、4K解像度(3,840×2,160ドット)にもなっている機種はありますが、板タブはそれほど高画質な機種がありあません。

そのような事を考えたら、液タブを選ぶ際でも、少しでも画素数が多くなっている機種を選んだほうが良いです。

視野角

液タブは、高画質になっている機種は多くても、見る角度を変えてしまえば、色が変わって見えます。

色が変わって見えたら、遠くからイラストを見る時に不便に感じてしまうので注意しなければいけません。

ところが、視野角が広くなっている液タブであれば、見る角度を変えても色があまり変わって見えません。

イラストの線が曲がっていないのか確認するために、遠くから確認したい場合には、広い視野角になっている液タブがおすすめです。

まとめ

液タブは、高額な機種になっていますが、高機能になっています。

しかし、パソコンを必要としない機種があるので、パソコンを持っていない方であれば、板タブよりも液タブのほうがおすすめです。

パソコンを持っている場合で、性能より値段を重視している際には、板タブを選んだほうが良いです。

このように、2つのタイプには大きな違いがあるので、どちらのほうが自分の好みに合うのか把握した上で、購入したほうが良いでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://illust-info.xyz/ekitab-pent…
http://hyakumanga.com/manga_methods…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶ペンタブレット(液タブ)