おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液タブを使う場合はノートパソコンがおすすめ!メリットやデメリットを解説

   

Dell ノートパソコン Inspiron 14 5480 Core i5 Office バーガンディ 19Q32HBBG/Win10/14.0FHD/8GB/256GB SSD

液タブを使う場合、多くのものはパソコンと一緒に使う必要があります。

パソコンといっても、主にノートパソコンとデスクトップパソコンの2種類あり、それぞれ特徴は大きく異なります。

液タブを使用する時に、デスクトップパソコンで落ち着いて作業するのも良いですが、ノートパソコンにはノートパソコンにしかないメリットがあります。

ここでは、液タブとノートパソコンを一緒に使うメリットとデメリットを解説していくので、興味のある方はぜひご覧ください。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

液タブを使う時にノートパソコンを使うメリット

液タブを使う時はデスクトップパソコンではなく、ノートパソコンを使うことによって様々なメリットを得ることができます。

そのメリットとは、作業できる場所が幅広い。

コンパクトなのが嬉しい・コスパが良い、などです。

では、それぞれのメリットを詳しく解説していきます。

作業できる場所が幅広い

デスクトップパソコンは大きくごついので、持ち運んで使おうとする方はあまりいないことでしょう。

一方、ノートパソコンは、ノートという名前が付いている通り、持ち運びしやすいものとなっています。

そのため、液タブと一緒に使う場合でも作業できる場所の範囲が広く、外やファミレスなどで絵を描くことも可能です。

いつも自宅で絵を描いていると、息が詰まることもあるでしょう。

そのような時は、液タブとノートパソコンを持って外に出て描くと、気分転換することができます。

外だけでなく、外出先の室内でも使いやすいというのはノートパソコンの良いところですね。

コンパクトなのが嬉しい

コンパクトだと、なんだか可愛らしく感じて、持ち運びもしやすいことから愛着が湧くこともあるでしょう。

愛着が湧けば大事に使うようになり、大事に使えば長く使うことができます。

ですから、コンパクトということは結果的に大きなメリットになります。

また、コンパクトということには、机の上に置きやすいということでもあります。

大きいデスクトップパソコンだと、机の大きさなどによっては机の上に置くことが困難になる場合があります。

機能に優れたパソコンでも、大きすぎることでマウスやキーボード、液タブやプリンターなどが置きにくくなっては、作業しにくくなってしまいます。

L字型のパソコンデスクや、パソコンを使うのにちょうど良い棚がある机などもありますが、それらのデスクを持っていない方もいることでしょう。

コンパクトなノートパソコンなら普通の机でも起きやすく、液タブでの作業を邪魔しにくくなります。

ですから、液タブと一緒にパソコンも買おうと思っている方には、デスクトップパソコンだけでなくノートパソコンも合わせて検討することをおすすめします。

コスパが良い

現在のパソコンは、ノートパソコンよりもデスクトップパソコンの方が価格が高い傾向にあります。

高機能で大型のものだと、かなりの額になり、高機能なノートパソコンのほうがお得の場合が多くあります。

パソコンにできるだけお金をかけたくないというのであれば、ノートパソコンを選んだほうが良く、お金がかからない分だけ他のアイテムにお金をかけることもできます。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

液タブを使う時にノートパソコンを使うデメリット

先程解説したように、液タブを使う時にノートパソコンを使うことには嬉しいメリットが3つあります。

しかし、メリットがあればデメリットもあるもので、ノートパソコンを使うことにもデメリットは存在します。

では、そのデメリットとは何なのか、確認していきましょう。

画面の大きさが物足りない

基本、ノートパソコンはデスクトップパソコンよりもサイズが小さい傾向にあるので、調べものなど絵を描く以外の作業をする際、使いにくく感じてしまうことがあります。

液タブを使う作業をするにしても、持ち運びを重視して液タブのサイズが小さすぎると、イラストを描きにくくなってしまうことがあります。

それに対して、サイズが大きめの液タブの場合は、思い切って線を引いたりすることができるので、作業が窮屈になることはありません。

できるだけ画面の大きさを気にせず線を引きたいのであれば、液タブのサイズをしっかり確認して、作業しやすいサイズのものを選ぶようにしましょう。

持ち運ぶことで壊れるリスクがちょっと高くなる

デスクトップパソコンの場合、室内のデスクに設置して動かすことはあまりないため、壊れれるリスクは少ないです。

一方、ノートパソコンの場合、持ち運びしやすいことから、様々な場所に持って行ってしまい、そのことによって壊れるリスクが
ちょっと高くなってしまいます。

それはなぜかというと、持ち運んでいる最中に落としてしまう可能性があるし、どこかにぶつけてしまう可能性もあるからです。

また、持ち運んでいる最中に雨に降られれば、雨で濡れて壊れる可能性もあります。

持ち運びしやすいということは大きなメリットになりますが、デスクトップパソコンのように一カ所で使い続けるよりも壊れるリスクがちょっと高くなってしまいます。

ファミレスなどで作業していると注意されることも

液タブを使う時にノートパソコンを使用すれば、ファミレスやカフェなどでも使うことができます。

ファミレスやカフェは居心地が良く、液タブでの作業が捗ることもありますが、長い時間いると注意されてしまうことがあります。

お店としては、客席を多く回転させることが利益に繋がるため、食事が終わっているのに液タブの作業で長居されると困ってしまいます。

そのため、外出先でも使えるノートパソコンでも、飲食店で使用していると注意される可能性があり、それが液タブでノートパソコンを使う時のデメリットになってしまいます。

液タブとノートパソコンを使って外で作業するメリット

液タブとノートパソコンを一緒に使って外で作業することには、2つのメリットがあります。

室内でしか液タブの作業をしない方にとっては魅かれるメリットなので、ぜひチェックしてください。

良い気分転換になる

室内にこもって液タブを使ってイラストを描いていると、ストレスが溜まってしまうことがあります。

ストレスが溜まってイライラすると集中力は低下し、作業の効率は悪くなってしまいます。

そのような時に、作業する場を室内から外に移せば、気分転換することができます。

好きなカフェなどでイラストを描けば、リフレッシュすることができることでしょう。

良い作品ができることにも繋がる

作業する場所をいつもの室内から喫茶店などに移すことにより、良い気分転換になって集中力が高まることがあります。

集中力が高まればイラストの質は高まり、結果的に満足のいくイラストができあがる場合もあります。

そのため、いつも同じ部屋で液タブを使って作業していて、どうしても集中できない時は、液タブとノートパソコンを持ち出して、外など作業する場所を変えてみることをおすすめします。

パソコンがなくても使える液タブのメリット

デスクトップパソコンに比べると、ノートパソコンは遥かに持ち運びしやすいものですが、液タブとノートパソコン両方持ち運ぶのは面倒という方もいることでしょう。

そのような方におすすめなのが、パソコンを一緒に使わなくても使える液タブです。

外でイラストを描きたい時は、液タブだけ持ち出せば良いので、とても楽です。

ノートパソコンと接続する場合は、接続する手間や設定する手間がかかってしまいますが、高機能の単独で使用できる液タブであれば、パソコンに接続する必要がないため、接続や設定の手間がかかりません。

まとめ

液タブを使用する時にデスクトップパソコンではなく、ノートパソコンを使用すれば、外に持ち運んでイラストを描くことが簡単にできます。

そのため、いつも作業している部屋ではなく、外など他の場所でも作業したいという方には、ノートパソコンを使用することをおすすめします。

いつもと違う場所でイラストを描けば、良い気分転換になりますし、打ち合わせなどで仕事相手の会社に行く時などにも便利です。

参考URL・参考文献・根拠など

https://pentablet.club/pentabunoteb…
https://pentablet.club/ekitabu-osus…
https://www.owet45.jp/entry/462

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶ペンタブレット(液タブ)