おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

福岡のデザインの専門学校を4校まで紹介!九州で夢が叶う?

   

福岡県は、九州で最大の都市なので、九州に住んでいる方でデザイナーを目指している場合には、福岡の専門学校でデザインを学べる所がないのか探している場合もあるでしょう。

実は、福岡県には、デザインを学べる専門学校はいくつもあります。

そこで、数多くある専門学校の中から厳選して、短期間でスキルアップできる所を4校まで紹介するので参考にしてみて下さい。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

専門学校 九州ビジュルアルアーツ

専門学校 九州ビジュルアルアーツでは、短期間でスキルアップできる上に、多くの方たちがオープンキャンパスに参加できるように時間設定しているのです。

そこで、本校のオープンキャンパスや魅力などを説明するので、みていきましょう。

学校の特徴

多くの専門学校は、平日にオープンキャンパスを行なっているので、社会人では参加しづらいのが現状です。

ところが、本校では、平日と休日の両方で、オープンキャンパスを行なっているので、社会人の方でも参加しやすくなっています。

月曜・水曜・木曜は10時~11時・13時~14時に参加できて、火曜・金曜は10時~11時・13時~14時・17時~18時に行われているのです。

休日は、土曜日と日曜日に、10時~11時・13時~14時に参加できるようになっているのです。

本校は、プロ仕様の機材が揃っているので、ここで授業を受ければ、プロの業界で活躍できる事も夢ではありません。

実践的なスキルを習得できる所なので、社会人からデザイナーに転職したい場合には、本校はおすすめです。

デザインの学科

本校には『CG映像学科』があって『3Dアニメーション』や『3DCG制作』などを学ぶ事ができます。

CGと言えば、多くの方たちは全てパソコンで作成したデータと思ってしまうかもしれませんが、本校では『コンポジット』を行う方法を指導しているのです。

コンポジットとは、CGと実写映像の合成の事で、CGだけの映像よりも、迫力のある映像を完成させる事ができます。

『映像デザイン』や『VFX(視覚効果)』なども学べるので、様々なスキルを習得する事が可能です。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

福岡デザイン専門学校

専門学校で授業を受けたら、デザイナーになるためのスキルを習得できますが、そればかりではストレスをためてしまいます。

ところが、福岡デザイン専門学校では様々なイベントを行いながら、授業を受ける事ができるので、あまりストレスをためないでスキルアップする事ができるので詳しく紹介しましょう。

学校の特徴

本校は、春から冬にかけて様々なイベントを行っていて、気分転換をする事ができますし、クラスメートとコミュニケーションを取る事もできるのです。

4月には入学式が行われた後に『オリエンテーション』が行われていますし、6月には『ボウリング大会』が行われているので、クラスとメートと一緒にイベントを楽しむ事ができます。

8月には『デザインフェスティバル』が行われるので、気分転換できる上に、作品制作の際には大いに参考になります。

12月には『Xmasイベント』が行われるので、季節の移ろいを感じる事ができますし、Xmasに関連するデザインの作品の参考になるはずです。

ただし、2月には『進級制作』や『卒業制作』なども行われるので、緊張感を持つ事も重要なので、あまり気を緩めないように注意する必要があります。

デザインの学科

本校では『立体空間デザインコース』や『視覚情報デザインコース』などが用意されていて、様々なスキルを習得する事ができます。

立体空間デザインコースでは、建築デザイン・インテリアコーディネート・家具デザイン・ショップデザイン・プロダクト&雑貨デザイン・ディスプレイデザインなどが学べます。

視覚情報デザインコースでは、グラフィックデザイン・編集デザイン・webデザイン・パッケージデザイン・イラスト&キャラクター・CG&アニメーションなどが学べるのです。

このように様々なスキルを習得できるようになっているので、就職活動をする際には、選択肢が多くなっているので、就職活動を有利に勧められます。

ただし、2つのコースには、それぞれ学べる内容が違っているので、あなたが学びたいスキルを学べるコースのほうを選んだほうが良いです。

九州デザイナー学院

デザインのスキルを習得できる専門学校へ通っても、設備状況が悪くなっていたら、効率よく勉強できません。

そこで、おすすめしたいのが、九州デザイナー学院です。

本校は、充実した設備を完備しているので、詳しく紹介しましょう。

学校の特徴

日本では、家庭ではWindowsのパソコンが多く利用されていますが、デザイン業界ではMacを利用している企業が多いです。

そこで、本校では『Macルーム』が完備されていて、多くのMacが設置されています。

実際に、パソコンが少なくなっていたら、数人の生徒でパソコンを共有する必要があるので、効率よく勉強する事ができません。

そのため、パソコンを使って、デザインをしたい場合には、本校を検討してみる価値があります。

デザインの学科

本校には、多くの学科が多く用意されていて、トイデザイン学科・グラフィックデザイン学科・インテリアデザイン学科・総合デザイン学科などがあります。

トイデザイン学科では『型取り』から『3Dプリンターの制作』まで学べるようになっているので、フィギュア原型師やトイデザイナーなどを目指す事ができるのです。

グラフィックデザイン学科では『Illustrator』や『Photoshop』の操作方法を学べるので、グラフィックデザイナーを目指す事ができます。

インテリアデザイン学科では『CADの基礎や演習』や『立体構成』などを学べるので、インテリアの関連する職業に就く事も可能です。

総合デザイン学科では、様々なスキルを学べるので、どの職業に進むべきか悩んでいる場合には、おすすめの学科です。

このように、様々な学科が用意されているので、あなたの好みに合う学科を用意している専門学校が見つからない場合には、本校を検討してみる価値があります。

福岡デザイン&テクノロジー専門学校

専門学校は、学習期間がわずか2年の所が多くなっているので、あまりスキルアップしないうちに卒業してしまうケースもあります。

ところが、福岡デザイン&テクノロジー専門学校は学習期間が長くなっているので、多くの方たちがスキルアップしやすい環境になっているので、本校について詳しく解説します。

学校の特徴

学習期間が2年では、短いのでスキルアップする事が難しいですし、あまり多くの事を学べない所もあります。

そこで、本校では『3年制・4年制教育システム』を採用する事によって、多くのスキルを習得できるようになっているのです。

さらに、コンセプト・クリエーティブ・プレゼンテーションを学べる事で、デザイン作品を生み出す力を身に付ける事もできます。

『Wメジャーカリキュラム』も用意してあって、入学した時に選んだ学科の他にも、多くのスキルを学ぶ事も可能です。

デザインの学科

本校には『デザインワールド』が用意されていて、グラフィックデザイン専攻・イラストレーター専攻・総合イラスト専攻などがあります。

デザインワールドと言っても、デザインではなくイラストに関連する専攻もあるので、注意する必要があるのです。

しかし、グラフィックデザイン専攻では、デッサンからパッケージデザインまで学べるので、デザイナーにとって必要なスキルを習得する事ができます。

デッサンは、少し地味なイメージがあるかもしれませんが、デザイナーになるためには必要なものですから、本校でデッサン力を上げておく事は重要なポイントです。

まとめ

デザイナーになるためには、東京へ上京する必要があると思ってしまう方は多いかもしれません。

東京へ上京する事は簡単ではないので、可能であれば近くにある福岡県の専門学校で学ぶ事は重要なポイントです。

ただし、専門学校は学習期間が短くなっているので、授業を受ける時は集中力を欠いていたら、デザインのスキルをあまり習得できないので、注意する必要があります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ