おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

趣味とプロのイラストには違いがある! 自分の目標に合わせたイラスト通信講座の選び方

   

イラストを学んでみたい時、イラスト通信講座なら自宅で手軽にレッスンを始めることができます。

イラスト通信講座は、趣味でイラストを学びたい方とプロを目指すためにイラストを学びたい方のどちらにも対応する内容となっていますが、自分の目標に合わせた講座を選ぶことが大切なのです。

ここでは、自分の目標に合わせたイラスト通信講座の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

趣味でイラストを描くことの特徴

自分が描きたいと思う好きなイラストが描ける

趣味でイラストを描く場合、自分が描きたいイラストをのびのびと描くことができます。

自分の個性を生かして自由に表現することが趣味としてイラストを描くことの醍醐味なので、イラストを描くことが日常の中での良い気分転換となるでしょう。

ワクワクしながらイラストの作品を作り、まとまった数の作品が出来上がったら個展を開くなどの目標を持つことで作品に対して共感する方が増える可能性があります。

時間をかけて作品作りができる

趣味でイラストを描く場合、時間をかけて作品作りをすることができます。

仕事でイラストを描く時と違って納期がないので、納得がいく仕上がりになるまで丁寧に仕上げることも可能です。

時間に追われるというプレッシャーがないので、ストレスを感じることなくリラックスした気持ちでイラスト制作に取り組めるところが趣味でイラストを描くことの大きな魅力です。

好きな時に好きなだけイラストが描ける

趣味でイラストを描く場合、気分がのっている時は心の赴くままに何枚でも好きなだけイラストを描くことができます。

また、気分がのらない時は無理にイラストを描く必要もないので、いつでも心から楽しい気持ちでイラストを描くことができます。

仕事のようにこなさなければならないノルマのようなものがないので、のびのびと作品作りに取り組めます。

イラストに料金が発生しない

クライアントからイラストの依頼を受けた時にはじめてイラストに料金が発生しますが、趣味でイラストを描く場合、自分が描いたイラストに料金は発生しません。

料金が発生しない分、自分で好きなように作品作りできるところが趣味のイラストの良いところですが、稀に自分が好きなように描いているイラストが多くの方から注目されてイラストを販売してほしいという依頼を受けることもあります。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

プロとしてイラストを描くことの特徴

クライアントの依頼に沿ってイラストを描く

プロとしてイラストを描く場合には、クライアントの依頼に沿ったイラストを描く必要があります。

イラスト制作に入る前にクライアントと綿密な打ち合わせをするなど、自分の好きなものを描くというよりもクライアントが希望するイラストを描くことになるので、イラストの表現力と完成度の高さが求められます。

クライアントの依頼内容に沿っていなければ修正依頼が入ることもあるので、プロとしてイラストの十分なテクニックを培っておく必要があります。

納期に合わせて作品を制作する

仕事としてイラストを描く場合には、決められた納期に合わせて作品を制作する必要があります。

たとえば広告などに使用されるイラストを描く場合、文字や写真が配置されることもあるのでひとつの仕事を完成させるために違う分野のプロがチームを組んで仕事をします。

納期があることでチームで仕事を進めやすくなりますが、万が一納期を守れない場合にはほかの方の仕事が滞ることがあります。

プロはイラストのスキルが必要なのはもちろんのこと、うまくスケジュール管理することも仕事のひとつなのです。

いくつかの仕事を抱えて忙しくなることも

売れっ子のイラストレーターはイラストの仕事をいくつか同時に抱えることもあるので、同じ時期に集中的に忙しくなることもあります。

1日は24時間しかありませんが、プロとして仕事の依頼を受けたからには納期を守る必要があるので中には徹夜が続く方もいます。

決められた期日内でクオリティの高いイラストを描く必要がある点が、プロの大変なところかもしれません。

イラストに料金が発生する

プロとしてイラストの仕事の依頼を受けると、描いたイラストには料金が発生します。

料金はイラストレーターの知名度やクライアントが提示した条件によって大きな違いがありますが、仕事内容によっては破格の金額がつくこともあります。

クライアントの希望に沿った作品を描く必要があるものの、好きなイラストを描いてお金がもらえるということは、ただ作品を描く以上の大きな喜びがあります。

趣味でイラストを学びたい方におすすめの講座

肩の力を抜いて楽しみながらレッスンできる講座を選ぶ

趣味でイラストを学びたい場合には、分かりやすくシンプルな内容のテキストに沿って楽しみながらレッスンできるイラスト通信講座が良いでしょう。

肩の力を抜いてリラックスした気分でレッスンに取り組めるので、毎日の中でイラストを学び続ける習慣が無理なく身につきます。

短時間のレッスンでスキマ時間に学べる講座を選ぶ

趣味でイラストを学ぶなら、1回のレッスンが短時間で済むイラスト通信講座がおすすめです。

スキマ時間を利用して無理なく学べるので、仕事・家事・育児とレッスンを両立させることが可能です。

忙しくてイラスト教室に通えない方でも、短時間レッスンなら自宅で継続しやすいでしょう。

プロの講師の添削指導付きの講座を選ぶ

まったく初めてイラストのレッスンを始める方は、自分一人では心細く感じることがあるかもしれません。

そんな時、プロの講師の添削指導付きのイラスト通信講座なら、課題提出の際に分からないことを質問したり上達のためのアドバイスがもらえるのでおすすめです。

集中的に学んで短期間で修了する講座を選ぶ

趣味としてイラストを学ぶなら、短期間で修了するイラスト通信講座がおすすめです。

集中的にイラストを描くコツが身につくカリキュラム内容のものがあるので、途中でレッスンに飽きることなく楽しみながら学ぶ気持ちを保ちやすくなります。

プロのイラストレーターを目指す方におすすめの講座

イラスト専門学校が手掛ける講座を選ぶ

イラスト専門学校が手掛けるイラスト通信講座は、プロに必要なスキルを自宅でしっかり身につけることができるのでプロのイラストレーターを目指す方におすすめです。

レベルが高い講座内容となっているので、本格的にイラストが学びたい方にとって満足できるレッスンとなるでしょう。

徹底した添削指導を行っている講座を選ぶ

プロを育成するイラスト通信講座では、徹底した添削指導を行っていることから、イラストの上達が早いところが大きな魅力です。

課題提出した作品に対して、複数回添削指導が入ることもあるので科目ごとのスキルを着実に身につけていくことができます。

基礎から応用までをじっくり取り組める講座を選ぶ

趣味と違ってプロとしてイラストを描く場合には、イラストの基礎という土台をしっかり築いた上で幅広い表現が可能となる応用力を身につける必要があります。

基礎から応用までじっくり取り組めるイラスト通信講座なら、将来幅広い仕事依頼に対応するための力を身につけることができます。

まとめ

趣味としてイラストを描くことと、仕事としてイラストを描くことには大きな違いがあります。

これからイラストを学ぼうとする方は、将来どんな風にイラストを描き続けたいかをよく考えた上でイラスト通信講座を選ぶと良いでしょう。

イラスト通信講座はとにかく豊富な種類があるので、目標に沿って絞り込むことで自分に最適な講座を選びやすくなります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ