おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

面接?それともオーディション?声優専門学校に就職活動というものはあるのか?

   

様々な分野の専門学校がありますが、一般的に専門学校では将来の進路に合わせて専門的なスキルを身につけます。

声優専門学校は声優を目指す方が進学する学校ですが、声優は一般的な職種と仕事内容が異なるため声優を目指していても在学中の就職活動の仕方がよく分からないという方もいることでしょう。

ここでは、声優専門学校に就職活動というものはあるのか見ていきたいと思います。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

どんな方法で声優になれば良いのか

声優を目指している方の中には、どうやって声優になれば良いかまったく分からないという方がいるかもしれません。

まずは、声優になるための方法を把握した上で、自分にとって最適な進路を選択することが大切です。

さっそくどんな方法で声優になれば良いかご紹介します。

声優養成所に入ってレッスンに励む

声優養成所には声優を目指す多くの方が所属しており日々レッスンに励んでいます。

声優養成所に入るためには、募集要項によく目を通して自分が条件を満たしているかよく確認する必要があります。

募集要項には年齢や声優としての実績などが記載されていますが、すべての条件を満たしていることではじめて応募することができるのです。

養成所に入ればプロの講師から徹底したレッスンを受けることができるので、着実に声優を目指すことができます。

声優専門学校に入ってレッスンに励む

声優専門学校に入るには、まずは入学・出願資格を満たしていることが条件となります。

高等学校を卒業している方であれば、面接選考と書類選考を受けます。

声優専門学校に入学したら、カリキュラムに沿ってプロに必要なスキルを身につけていきますが、発生練習などの基礎的レッスンから始まり、プロの現場で使用する機材を使った実践的レッスンを積み重ねることで声優を目指します。

在学中にプロダクションのオーディションに合格すれば、声優としての第一歩を踏み出すことができます。

アニメ映画作品などのオーディションを受ける

アニメ作品によっては、主人公のイメージに合う声の持ち主をオーディションで募集することがあります。

声優プロダクションに所属している方がオーディションを受けることが多く、素人がいきなりオーディションを受けて合格するケースは稀なので、まずは、声優に必要なスキルを一通り身につけてからオーディションに挑戦することをおすすめします。

会場では面接をしたり台詞が描いてある用紙が渡されたりするなど、オーディションによって内容に違いがありますが、求められることを的確にこなしていく姿勢を持つことが大切です。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優専門学校に就職活動というものはあるのか

声優専門学校では、声優として現場に通用するスキルを丁寧に身につけていきます。

通常の専門学校では就職活動を通して入社を希望する会社の面接を受けて採用通知を待ちますが、声優専門学校ではプロダクションのオーディションを通して合格通知を待ちます。

声優プロダクションに所属することではじめて声優の仕事の依頼を受けることができるので、まずはオーディション合格を目指すことが大切なのです。

学校のレッスンで声優に必要なスキルを身につける

声優専門学校を通して声優を目指すための第一歩は、ひとつひとつのレッスンを真剣に受けることです。

声優として活動している講師からレッスンが受けられるので、プロの現場で求められるスキルを効率良く学んでいくことができます。

話し方や声優としての演技、声優としてメディアへの露出が多くなった際の対策としてタレント性を磨くレッスンなど、幅広い授業内容を通してレベルの高いスキルを身につけていきます。

声優プロダクションのオーディションを受ける

声優として仕事をしていくための第一歩となるのが、声優プロダクションのオーディションに合格することです。

声優専門学校では定期的に学内でオーディションを開催しているので、いくつものチャンスがあります。

また、学内オーディションは慣れた環境でオーディションが受けられるというメリットがあるので、在学中の声優デビューを目指したい方におすすめです

オーディションに合格してプロダクションに所属する

在学中にプロダクションのオーディションに合格すれば、卒業後は晴れて声優として活動を始めることができます。

知名度が高いプロダクションに所属することで、アニメ作品の大作に声優として出演するのも夢ではないかもしれません。

所属するプロダクションによって依頼される仕事内容に違いがあるので、幅広い活動を目指したい場合には大手プロダクションへの所属を目指すと良いでしょう。

一般的な面接とオーディションとの違いとは

事務や販売など一般的な職種を目指す専門学校では、プロに必要なスキルを身につけた後は希望する企業の内定を目指して就職活動をします。

しかし、声優になりたい場合には就職活動をするのではなく、オーディションを経てプロダクションへの所属を目指すことになります。

一般的な企業の面接とプロダクションのオーディションは、どのような違いがあるのでしょうか。

服装やメイクに大きな違いがある

一般的な企業の面接を受ける際には、スーツ着用の上でヘアスタイルやメイクなどは清潔感を第一に考える必要があります。

派手な服装やヘアメイクは厳禁なので、企業の社風に合わせた対策をとることが大切です。

しかし、プロダクションのオーディションを受ける際には、いかに自分らしさをアピールするかが重要なポイントとなるので、清潔感があり自分の魅力を引き立てる服装やヘアメイクを心がける必要があります。

会場で求められる内容に違いがある

一般的な企業の面接は志望動機や特技、入社を希望する企業に関する質問など、平均的な内容の質問を受けることが多いです。

しかし、声優オーディションでは、審査員の印象に残るような自己紹介をしたり、台詞が記載された用紙が渡されて演技テストをしたりなど実践的な内容となります。

声優は表現力の豊かさと人目を惹く魅力が必要となるので、積極的に自己アピールをすることが大切です。

相手側と自分との関係性の違いがある

一般的な企業の面接を受けて採用されれば、企業側と自分は雇用関係になり企業に所属して仕事に従事することで給料を受け取ります。

しかし、プロダクションのオーディションを受けて合格した後、プロダクションの所属が決まった場合に給料制のところもあれば歩合制のところもあるので、契約内容によってプロダクション側と自分の関係性に違いが出てきます。

オーディションに合格すればすぐに仕事ができるのか

プロダクションのオーディションに合格することが、声優として仕事をするための第一歩となります。

しかし、ひとつのプロダクションに所属している声優の数が多いこともあり、実力や実績によって依頼される仕事の内容や数に違いがあります。

果たして新人の声優はオーディションに合格すればすぐに仕事ができるのでしょうか。

プロダクションに所属するだけでは仕事はできない

プロダクションのオーディション合格は、あくまでもプロダクションに所属するためのものなので、確実に仕事が保証されるというわけではありません。

しかし、プロダクションを通して様々な仕事の依頼を受けるチャンスがあるので、声優になった場合でも日々のレッスンは欠かせません。

自分の個性にマッチした仕事であれば依頼を受ける可能性があります。

アニメ映画の声優オーディションはすぐに仕事ができる

プロダクションに所属することで、アニメ映画の声優オーディションの情報などが入ってくることがあります。

主人公の声のイメージにマッチしていれば大抜擢の可能性もゼロではないので、プロダクションに所属することで大きな夢に近づくチャンスを得ることができます。

映画の声優オーディションの場合、声優として採用された際にはすぐに仕事をすることができます。

まとめ

声優を目指す場合、声優にはどんなスキルが必要か、またどのような流れで声優になるのか把握しておくことが大切です。

声優専門学校は声優に必要なスキルが身につくだけではなく、在学中にオーディションが受けられるなど声優を目指す方にとってメリットが多いのでおすすめです。

声優プロダクション合格やアニメ映画の声の出演を目指すなど、目的を明確にしてレッスンに励むことで夢に近づいていくことができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校