イラストの専門学校に通うことを無駄だなんて言わせない!ゴールは1つじゃない

2017年2月13日専門学校で学ぶ

3d01bbbd772150a9831b9df63d711af9_s

イラストの専門学校に通うことを無駄だという意見は一定数あります。

たしかに、イラストの専門学校に通ったからと言ってイラストレーターとしての将来が約束されるわけではありません。

しかし、無駄にするかどうかは自分次第です。

イラストの専門学校に通うことで得られるものはとてもたくさんあります。

独学では限界のあるものばかりです。

Amazonブラックフライデー開催中!(最大10000ポイント)(12/2まで)

>>私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら


イラストの専門学校は無駄なのか

イラストの専門学校に行くなど時間とお金の無駄という意見は根強くあります。

確かに、イラストの専門学校に通わなくてもイラストレーターとして成功を収めた人は大勢います。

一方で高い学費を納めて一生懸命に勉強をしてもイラストレーターになれないどころか、それ以外の仕事を見つけるのにも苦労をしている人も大勢します。

どうせ、イラストレーターを目指すのならば、あるいはイラストレーターになれないのならば専門学校に行くなんて無駄、独学で勉強して、ダメならばきっぱり諦めた方がダメージは少なくて済むというのがイラストの専門学校が無駄という意見です。

しかし、そうとばかりは言いきれません。

Amazonブラックフライデー開催中!(最大10000ポイント)(12/2まで)

>>私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら


イラストの専門学校卒業後の進路

イラストの専門学校の卒業後の進路は実際どのようなものなのでしょうか?

正直、イラストレーターの仕事に就ける人はほんの一部です。

そして、イラストレーターとして有名になったり、イラストレーターの仕事だけで生活を成り立たせることができたりするのはさらにごく一部の稀有な存在です。

イラストの専門学校の教師ですら、イラストのプロである一方で、それ以外の収入を得るために教師になっていることからもそれは伺えます。

看護学校に行けばほぼ確実に看護師になれます。

製菓の専門学校に行けば同様にパティシエとして活躍できます。

それに比べるとイラストの専門学校に行っても将来はあまり約束されず、無駄のように見えてしまいがちです。

就職状況自体は悪くない

確かに、イラストの専門学校に通ったからといって、イラストレーターとして活躍できる人は少数派ですが、就職自体ができないわけではありません。

イラストの専門学校はイラストレーターを養成することをもちろん、目指していますが、それが狭き門であることも十分に理解しています。

イラストの専門学校に通いたいという人と、その親を安心させるためにも、就職のサポートは手厚くしている場合が多いです。

イラストレーターではないけれど、デザイン系の仕事に就く卒業生も多いです。

また、在校中に多くの資格を取得することも可能です。

とはいえ、資格は実際には世の中にあまり需要がないものもあります。

どの資格が役立つのかよく見極めないと労力と時間とお金の無駄になってしまいます。

独学では学べないことを学べる

イラストは独学でも勉強することができます。

しかし、独学で学ぶには限界があります。

誰かの指導で格段に伸びることがあるのは珍しくありません。

特に、基礎はそうです。

デフォルメしたようなイラストであっても最初にデッサンなどの基礎が出来ていないと高い評価は得られません。

個性的なイラストを描きたいと望むのならば基礎をしっかりと学ぶべきです。

夢を同じくする人と切磋琢磨できる

独学や1人で夢を目指すというのはとても大変なことです。

孤独になったり、モチベーションを保ち続けたりすることはとても困難です。

イラストの専門学校に通うことで夢を同じくする人と一緒に学ぶことができます。

自分1人ならば諦めていたようなことでも周りにライバルがいれば頑張り続けることができます。

お互いに刺激し合うことで、独学では得られないようなイラストを描けるようになるでしょう。

幅広い技術を習得することができる

イラストの専門学校に通うと幅広い技術や知識を習得することができます。

イラストレーターになるには個性のあるイラストを描けることはとても大切です。

なので、独学でイラストの勉強をしようとすると自分の得意とする道具のみしか使わなかったり、自分の得意とするテーマのみしか描かなかったりします。

苦手なジャンルや普段使わない道具を独学で習得するのは難しいです。

しかし、イラストの専門学校に通うと様々なツールを使って様々なテーマのイラストを描くことになります。

自分は水彩画を得意とするイラストレーターになりたいからPCの勉強に多くの時間を割くなんて無駄と思うかもしれませんが、そうではありません。

イラストレーターとして活躍したいならば何でも描けるようになることを目指しましょう。

有名になったのならばともかく、イラストレーターの卵は仕事など選べる立場ではありません。

なんでも描けるようになってこそプロで、仕事を選べたり個性を主張できたり立場になるのです。

イラストの専門学校で人脈を作る

イラストの専門学校で得られるのはイラストの技術だけではありません。

人脈です。

将来の仕事を得る時にとても大切なものです。

もちろん、イラストの専門学校に行かなくても人脈を作ることはできます。

しかし、それには限界があります。

たいていの人はインターネット以外の方法で人脈を作ることはできません。

イラストの専門学校に通うことで直接会って話す濃い人脈やコネクションを築くことができるのです。

イラストの専門学校で可能性を高める

イラストの専門学校に通ったからといって絶対にイラストレーターとしての将来を約束されるものではありません。

しかし、イラストの専門学校に通うことでイラストレーターとして活躍できる可能性を高めることは十分にできます。

独学では限界があります。

もちろん、独学であっても成功している人はいますが、それはたぐいまれなる才能、運、努力を持ち合わせている極々一部の人です。

しかし、イラストの専門学校に行くことで、適切な指導で技術を伸ばし、モチベーションを高め、人脈を築くことは可能です。

どうしてもイラストレーターになりたくて、その可能性を少しでも高めたいのならばイラストの専門学校に通うことは決して無駄にはなりません。

行動しなければ夢は夢のまま

イラストレーターになりたいけれど、どうせ狭き門で自分にはきっと無理、イラストの専門学校は学費が高いけれど、将来を約束してくれるわけじゃないし、と言い訳ばかり言っていてはいつまでも夢は夢のままです。

夢を少しでも現実に近づけたいと思うのならばイラストの専門学校に踏み出してみることをおすすめします。

イラストの専門学校に通うのに遅すぎるということはありません。

中学や高校や大学を卒業したばかりの若い人もいますが、一方で、社会人として働きながら通っている人も多くいます。

社会人として働きながらイラストの専門学校に通えば学費の心配や就職の心配はそれほどありません。

夜間や週末の授業のコースも多くあります。

すぐにイラストレーターだけで生活をすることは難しくても、趣味が潤ったり、副業や内職としての仕事を得られたりする可能性は十分にあります。

また、イラストレーターにならなかったとしても自分は夢のために精一杯頑張ったという自信は将来の財産となるでしょう。

まとめ

イラストの専門学校に通うことを無駄にするかしないかは自分次第です。

イラストの専門学校に通うことで、独学では得られないものを多く手に入れることができます。

チャンスを広げることができます。

確実にイラストレーターになれるわけではありませんが、夢のために精一杯やったということは人生の大きな財産になるでしょう。






2017年2月13日専門学校で学ぶ