就職できるか不安!アニメ専門学校を卒業後にアニメ業界に就職する方法

専門学校で学ぶ

アニメ業界に進みたい方は、就職先を考えた上でアニメ専門学校への入学を考える方が多くいます。

しかし、アニメ業界の仕事は声優やアニメーターなど、一般職に比べて特殊な仕事が多いので学校を卒業して就職できるのか不安な方もいます。

アニメ専門学校に通うことで、希望の仕事に就くことはできるのでしょうか。

ここでは、アニメ専門学校を卒業後にアニメ業界に就職する方法をご紹介したいと思います。

Amazonタイムセール開催中!(9/19~9/21)>>私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら


アニメ専門学校卒業後の就職先

アニメ専門学校ではアニメ業界でプロとして活動するために必要なスキルを身につけることができます。

アニメ業界に憧れる方が多くいますが、具体的にどのような就職先があるのかよく分からないという方もいます。

アニメ専門学校卒業後にはどのような仕事に就くことができるのでしょうか。

大手のアニメプロダクション

大手のアニメプロダクションは世界的に有名なアニメ作品をいくつも制作している実績があることから、就職後は安定的にアニメ業界で働くことができます。

世界中から注目される作品の制作に携わることは、それだけで名誉なことでもありやりがいを持って仕事に取り組むことができます。

競争率が激しいことから大手のアニメプロダクションへの就職を希望する場合には、レベルが高いスキルが身につくアニメ専門学校を選ぶことが重要なポイントとなります。

中小アニメプロダクション

中小アニメプロダクションは、大手のアニメプロダクションが抱える仕事の下請けを担うことが多いです。

主にアニメ作品の制作を行うため、高いスキルが必要となり就職の際には即戦力となる高いスキルを備えている必要があります。

アニメーターの基本的なスキルはもちろんのこと緻密な絵柄の背景などを担当することもあるので、アニメ専門学校でデッサンなどの基礎を習得した上で幅広いジャンルの絵を描ききる能力が必要となります。

アニメ声優プロダクション

アニメ作品の声優は制作に直接携わる仕事ではありませんが、アニメ作品を完成させるために必要不可欠な役割を持ちます。

アニメの声優になるためには、アニメ専門学校の声優コースを選択してアフレコなどの専門的なスキルを身につける必要がありますが、声優の仕事をするためにはほかのアニメ業界の就職活動と違ってアニメ声優プロダクションのオーディションを受けて合格する必要があります。

アニメ専門学校を経て将来声優として活動をするためには、専門学校在学中にオーディションの合格を目指す必要があります。

Amazonタイムセール開催中!(9/19~9/21)>>私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら


アニメ業界に就職することのメリット

アニメ好きな方の多くはアニメ業界に就職することを目指しています。

アニメを趣味として終わらせるだけではなく仕事にするには、プロの現場に通用するスキルを磨いた上で希望する就職先を早めに決めて就職活動することをおすすめします。

アニメ業界に就職することのメリットについて見ていくことにしましょう。

大好きなアニメの仕事でお金が稼げる

アニメ業界に就職することのメリットは、何と言っても好きなことを仕事にしてお金を稼ぐことができる点です。

通常は安定した生活を営むために待遇などを見て仕事を選ぶため、その仕事が好きか嫌いかで選ぶことは少ないかもしれません。

しかし、アニメ好きな方であればアニメ業界に就職することで、好きな現場で1日の大半を過ごすことになるので充実した気分で仕事をすることができます。

憧れのアニメ業界の方と交流できるチャンスがある

アニメ好きな方の中は、アニメ作品の監督や声優など憧れの方がたくさんいるかもしれません。

アニメ業界に就職して万が一有名なアニメ作品の制作に携わることになれば、憧れの監督や声優の方と仕事を通して交流できるチャンスがあるかもしれません。

制作現場で働く場合、納期に間に合わせるなどの厳しさを感じる可能性がありますが、憧れの業界で働くことの楽しさもあるのでワクワクした気持ちで仕事をすることができます。

アニメ業界のプロとして仕事の実績を積むことができる

アニメ業界の制作現場への就職を希望している場合には、業界での仕事を通してプロとしての実績を積むことができる点が大きな魅力です。

制作現場の仕事は技術者としてのスキルが必要となるので、業界で身につけた実績をもとにさらなる飛躍を夢見て大手のアニメプロダクションへの転職を目指すこともできます。

アニメ業界に就職するための準備とは

アニメ業界は専門的なスキルが必要な業界であることから即戦力が最も重要視されます。

アニメ業界への就職を考える場合、まずは必要なスキルを身につけるところから始める必要がありますが、アニメ専門学校は目指す方向性に合わせてコースを選び効率良くスキルを身につけることができるのでおすすめです。

アニメ業界に就職するための準備について見ていくことにしましょう。

就きたいアニメ業界の仕事に合わせてスキルを学ぶ

アニメ業界とひとことで言っても様々な職種があるので、就きたい仕事に合わせてスキルを身につけることが大切です。

アニメ専門学校には専門的な分野ごとのコースがあるので、就きたい職種に合わせてコースを選ぶことが大切です。

専門的なコースで基礎から応用を学ぶことで、就職活動をするまでに必要なスキルを身につけることができるでしょう。

在学中にアニメプロダクションの情報を集める

アニメ専門学校の中には業界とのパイプが太く、アニメプロダクションの良質な求人情報が集まる学校があります。

安定的にアニメ業界で働くには大手アニメプロダクションに就職するのがおすすめですが、より良い条件で働くためには、高いスキルを身につけた上で幅広い求人情報を集めてその中から理想に合う就職先を見つけることが大切です。

在学中に制作した作品のポートフォリオをまとめる

アニメ業界に就職する際には、学歴以上に現場に通用するスキルの高さを見られるので、面接の時には履歴書と在学中に制作した作品のポートフォリオが必要となります。

学生は仕事の実績がないことから、在学中に制作した作品を目安にどのくらい実力があるか判断されるため、面接の際に持参するポートフォリオの制作には力を入れておくことをおすすめします。

アニメ業界に就職できない場合はどうしたら良いか

アニメ専門学校で真剣に学び必要なスキルを身につけたのにも関わらず、アニメ業界に就職することができない場合に不安な気持ちになってしまう方がいます。

在学中にアニメ業界への就職活動をしても、なかなか就職先が決まらない場合はどうしたら良いのでしょうか。

身につけた制作のスキルを生かした仕事に就く

アニメ専門学校では、絵を描くスキルやアニメ制作現場で働くために必要なスキルを身につけることができます。

万が一アニメ業界に就職できない場合でも、絵を描いたりキャラクターを制作するスキルを生かしてキャラクターデザイン会社への就職を希望したり、イラストレーターとしてデザイン会社に就職する方法があります。

アニメ制作会社の契約スタッフからスタートする

アニメ業界に正社員として就職できなかった時、どうしても業界で働くことを諦めきれない場合にはアニメ制作会社の契約スタッフからスタートすると良いかもしれません。

正社員として就職するのは競争率が激しいので、まずは契約スタッフとしてアルバイトから始めて現場で実績を積みながら正社員になるチャンスを待つという方法もあります。

この場合、正社員登用制度がある制作会社を選ぶことが重要なポイントなので、事前に条件などをよく確認しておくことが大切です。

まとめ

アニメ業界で働く夢を持っている場合には、いつ現場で働き始めても良いように必要なスキルを身につけておくことをおすすめします。

アニメ専門学校は授業を通して現場に通用するスキルを身につけることができますが、業界とのパイプが太い専門学校なら業界を身近に感じながら必要なことを学ぶことができます。

在学中に将来のための準備をしておくことで、安心して就職活動に専念することができます。






専門学校で学ぶ