おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液タブのおすすめのソフト4選!それぞれ機能に大きな違いが?

   

CLIP STUDIO PAINT PRO

液タブ(液晶タイプのペンタブレット)は、ペンタブ本体にイラストが描ける事から、紙に手描きしているような感覚で、イラストを製作する事ができます。

そのため、デジタルのイラストやアニメを描きたい方たちの間では、液タブは高い人気を集めているのです。

しかし液タブだけでは、イラストを製作する事ができないので、イラストを製作できるソフトも必要になります。

そこで液タブに対応できるソフトを4つまで紹介するので、どのソフトが、自分の好みに合うのか、参考にしてみて下さい。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

CLIP STUDIO PAINT

CLIP STUDIO PAINTは、多くのデザイン関係の専門学校で採用されているソフトです。

そのためデジタルのイラストやアニメを製作している方たちの中には、多くの方が利用しているソフトになります。

ただしCLIP STUDIO PAINTには『PRO』と『EX』の2種類があるので、その違いについて詳しく紹介します。

イラストはPRO

CLIP STUDIO PAINT PRO

PROは、イラストを製作するために作られたソフトで、デジタルのイラストを製作したい方には、おすすめのソフトになります。

液タブはマウスに比べれば、なめらかな線を描きやすくなっていますが、それでも少しだけ線がヨレヨレになってしまう場合があります。

しかしPROには、ヨレヨレになってしまう線を補正する機能を備えているので、なめらかな線を描きやすくなっているのです。

そして液タブを利用する際には、専用ペンの力加減によって、線の『入り』と『抜き』を行う事ができます。

しかし液タブの操作に慣れていない方は、線を入れようとしたら、最初から線が太くなってしまいますし、線を抜こうとしても線が細くなりません。

そこでPROでは、線の『入り』と『抜き』のパラメーターを調整する事ができるので、液タブの操作に慣れていない方でも美しい線を引く事ができます。

マンガはEX

セルシス CLIP STUDIO PAINT EX

マンガを製作した方であれば、多くの方が利用しているのが『スクリーントーン』でしょう。

このスクリーントーンは、マンガ原稿用紙に貼り付ければ、カケアミを製作する必要がないので、高い人気を集めています。

しかし液タブを利用したら、このような便利な物が使用できないと思っている方は多いかもしれません。

実は、EXでは数多くの『トーン』が用意されているので、スクリーントーンを貼らなくても、様々なトーンをマンガ作品に貼り付ける事ができるのです。

そのため、スクリーントーンを購入する必要がないので、マンガを製作する時間を短縮できるだけではなく、節約する事もできます。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

Illustrator

Adobe Illustrator CC  2017年版 |12か月版|オンラインコード版

液タブのソフトは数多くの種類がありますが、その中でも有名なのが、Adobe社の『Illustrator』や『Photoshop』です。

しかしIllustratorやPhotoshopの違いが分からない方は多いと思うので、まずはIllustratorの特徴や新機能などを紹介するので確認してみて下さい。

Illustratorの特徴

IllustratorやPhotoshopは、同じAdobe社のソフトなので、数多くの共通点があります。

実際に『レイヤー機能』や『フィルター機能』などは両方のソフトに搭載されているのです。

さらにIllustratorと言えば『ペンツール』で点を付けていく事によって、線を繋げていき、イラストを製作する事ができます。

ところが、この機能もPhotoshopにも搭載されているのです。

それでは、どのような違いがあるのかと言えば、Illustratorは『ベクトル画像』を扱う事に優れているソフトなのです。

このベクトル画像は縮小したり拡大したりしても、画像が粗くなりません。

そのため、Illustratorはロゴを製作する事に優れているソフトとして有名です。

Illustratorの新機能

Adobe社は、今でもソフトの改良を進めていて、2017年時点では、Illustratorは『アートボード』の量を増やしました。

実際に最新のIllustratorでは、最大で1000枚ものアートボードを作成できるようになりました。

このアートボードとは、ロゴを作成できる範囲の事で、Illustratorのキャンバスのようなものです。

つまり、最新のIllustratorであれば、1つのソフトに1000枚ものデジタル版のキャンバスを同時に用意できるという事です。

さらに『プロティパネル』機能も搭載されていて、全てのコントロールを使って作業できるようになったので、短時間でロゴを製作できるようになりました。

Photoshop

Adobe Photoshop CC  2017年版 |12か月版|オンラインコード版

Photoshopには、Illustratorにはない特徴や機能があります。

しかし、PhotoshopやIllustratorは、併用したほうがメリットがあるのです。

しかし、2つのソフトを併用するメリットを知るためには、Photoshopの特徴や新機能などを把握する必要があるので、詳しく紹介します。

Photoshopの特徴

Photoshopは、ベクトル画像よりも『ビットマップ画像』を扱う事に慣れたソフトです。

このビットマップとは、ファイルの名称に『.bmp』になっているものです。

ビットマップ画像は数多くの点の集まりによって作成された画像という事もあって、美しい画像を作成する事ができます。

しかしビットマップ画像には大きなデメリットがあって、拡大したり縮小したりしたら、画像が粗くなってしまうのです。

さらにビットマップ画像はデータ容量が大きくなりやすいので、この画像に圧縮して『JPG』や『GIF』などに変換する必要があります。

このように多くのデメリットがありますが、ベクトル画像よりも美しい色彩のあるイラストを表示する事ができるので、Photoshopを利用するメリットは大きいです。

そのため、Illustratorで作成したロゴを、Photoshopで作成したイラストに合成するという方法は有効です。

Photoshopの新機能

2017年時点のPhotoshopの新機能として『ブラシ機能』の改良が挙げられます。

このブラシ機能には様々な種類があって、ブラシ機能を活用する事によって、短時間で様々なタッチが可能です。

そして最新版のPhotoshopは、ブラシの並べ替えやフォルダー&サブフォルダーの作成などが可能です。

さらにプロのイラストレーターKyle T. Webster氏のオリジナルブラシが1000種類も用意されています。

そのため、最新版のPhotoshopを利用すれば、様々なブラシを活用する事ができるのです。

Painter

Corel Painter 2018

CLIP STUDIO PAINTや、Adobe社のソフトは日本では注目されていますが、意外にも『Painter』というソフトはあまり知られていません。

しかしPainterは、絵画のような美しいイラストを製作できる事から、プロのイラストレーターも使用しているので、詳しく紹介します。

絵画のような描写が可能

有名な絵画の中には、不透明(ガッシュ)や透明な色彩を駆使した作品があります。

実際に『ゴッホ』は厚塗りをする事によって、代表的な『ひまわり』という大胆で力強い名画を完成させました。

そしてイギリスの代表的画家『ウィリアム・ターナー』は、透明水彩を駆使して、美しい情景を描いてきました。

このように不透明や透明を駆使すれば、様々な名画を作成する事ができるので、絵画のようなイラストを作成したい場合には、Painterはおすすめです。

プロも使用

日本で多くの絵画やイラストを展示する事で、高い知名度を誇っているメーカーで『アールビバン』があります。

そのアールビバンは多くの展示会を開催してきて、その展示会では、台湾の『平凡』先生や『陳淑芬』先生たちも参加しています。

この二人のイラストレーターは、絵画のように描けるPainterで、多くの人物画のイラストを描いてきました。

こちらの二人は夫婦でもあり、仕事でもパートナーとして活躍しています。

そして二人の画集『陳淑芬+平凡自選画集 THE LIBRARY』では、Painterで作品を製作している所が、わずかですが載っているのです。

このようにPainterは、プロでも使用しているソフトなので、利用してみる価値はあります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液タブ(液晶ペンタブレット)