おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

スマホのサイズじゃ満足できない?それならタブレット端末!

   

スマートフォンが普及したことでインターネットと私達の距離はぐんと身近なものになり、端末もむしろパソコンよりもスマートフォンの扱いに慣れている方も多いと言える状況となりました。

ですがスマートフォンには1つ大きな制約が課せられています。

それは「サイズ」です。

電話機能を兼任することが前提となっているためいくら進化しても画面サイズを大きくすることはできません。

そしてそんなサイズに不満を持っているならタブレット端末は最適な道具となるはずです。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

大画面だからこその迫力

確かにスマートフォンはパソコンより身近にあるネット端末ですし、年々進化も遂げています。

ですが画面サイズが小さいという縛りを外すことは今後も無いでしょう。

そして小さい画面で見る映像と言うのは、どうしても大きな画面で見る映像に臨場感で勝ることは難しいものです。

タブレット端末はパソコンモニタとスマートフォンの画面の丁度中間に位置するような大きさをしています。

そのためタブレット端末上で見る映像の迫力はスマートフォンよりも遥かに大きいのです。

また、パソコンモニタは通常画面から顔をある程度離して使うものですが、タブレット端末であればいくらでも顔を近づけることが可能となっています。

そのため実感としてはタブレット端末は最も大きな画面で映像を見ることができる道具と言えるかもしれません。

動画の閲覧を大画面で楽しめる

タブレット端末はスマートフォン並みとはいかないまでも携帯性は十分に確保できている端末です。

そのため居間でも台所でも寝室でも好きなところに持ち運ぶことができます。

そしてそれぞれの場所である程度大きな画面で動画を見ることができるのです。

スマートフォンの画面は少し離れるだけで大分小さいものになりますが、タブレット端末はパソコンのサブモニターとして機能するほどの大きさはあります。

設置台にタブレット端末を立てかければ分かりやすく迫力のある映像を好きな場所で見ることができるでしょう。

特に寝室で頭の横にタブレット端末を置けば大画面で影像を楽しめます。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

操作領域も広いので快適

スマートフォンの画面サイズは比較的狭く、しばしば指で画面の描画領域をふさいでしまったりなどの正確な操作が求められることもあります。

ですがタブレット端末であれば余裕をもって広いスクリーン上を快適に操作することができるでしょう。

これもまた単純に面積が広いというだけで大分快適になるものです。

スマートフォンに課せられたサイズという強力な制限はタブレット端末においてことごとく解消することができます。

スクリーン自体が大きいため迫力や操作の快適性がぐんと跳ね上がるのです。

単純なことですが、この要素は重要で余り軽視できないものだったりします。

もしタブレット端末を触ったことが無いなら一度実際に試してみて下さい。

操作が複雑なゲームに最適

操作領域が広いため、様々な機能をもったアプリを使うときにもスマートフォンとの違いを実感することができるものです。

例えば多少複雑な操作が要求されるゲームで遊ぶ場合、スマートフォンよりもしっかりと入力することができるので快適なプレイ環境となります。

基本的にスマートフォン用アプリは操作環境を考慮してできるだけ単純な操作で完結できるよう設計されているものですが、複雑なものはそうはいきません。

もしスマートフォン用アプリで操作の細かさの関係上、遊び辛い、使い辛いアプリがあるならタブレット端末で起動させてみると良いでしょう。

操作しやすくなるだけで遊びやすくなったり使いやすくなったりするかもしれません。

使い場所が限られるというデメリットも

良い事尽くめなタブレット端末ですが、もちろんデメリットもあります。

それはサイズが大きいことにより使う場面が限られるという点です。

画面サイズを大きくする事でスマートフォンより優れた面を持つのですが、逆に携帯性は悪化していると言えるでしょう。

街中で使う場合は常にタブレット端末を持ち歩かなければいけませんし、バッグに収納したとしても取り出す際に少しもたつくはずです。

ただこの問題については使う場所を限れば解決します。

街中でじっくり動画を見る機会もそうそうありませんし、移動時には大抵のことはスマートフォンで済むはずです。

それよりも喫茶店や会社など長時間過ごすであろう場所で使えば良いと言えます。

長い時間滞在するときにはスマートフォンよりもより使いやすいタブレット端末は重宝するでしょう。

一番使いやすいのは家の中

タブレット端末を使う上で最も利便性の高い環境と言えば家かもしれません。

wifiを家の回線に繋ぐことができたなら高速通信を何の気兼ねもなく使う事ができるようになります。

ちょっとした調べものや、確認したい動画などを見るときにタブレット端末は便利です。

確かにスマートフォンでもそうしたことは可能なのですが、スマートフォンで通信制限のある回線を契約しているときにはやはりタブレット端末のwifi接続は大きな助けになるでしょう。

スマートフォンを外出用、タブレット端末を家庭用と考えれば快適なネットライフを送る事ができるはずです。

特に寝床の側にタブレット端末があるというのは快適なもので、ついつい夜更かしをしてしまうかもしれません。

スマートフォンと違い迫力のある映像を楽しむ事が出来るので楽しい夜を過ごすことができます。

寝転がりながらリラックスした時間を楽しみましょう。

こうしたタブレット端末の使い方は非常に便利なのでおすすめです。

キャンバス代わりにもなる

タブレット端末ではタブレット端末用に開発されたアプリを使うことができます。

その代表的なものがお絵描きアプリです。

お絵描きアプリをインストールすれば大きなキャンバスへ直接絵を描く事ができます。

これはいわば液晶タブレットの代替的なものと言えるでしょう。

液晶タブレットはとてつもなく高価な端末ですが、通常のタブレット端末は数万円で手に入りますし性能も十分です。

少し描画速度が液晶タブレットより遅れる可能性もありますが、初期の液晶タブレットはそういうものでした。

高価な品物を安価に代用できるというのはそれだけでも十分な価値があります。

なおキャンバスとしてタブレット端末を使う場合は専用のタッチペンも購入すると良いでしょう。

指で描こうとすると少し座標がずれたりするので思うような絵にならなかったりします。

タッチペンは安価なものであれば1500円程度で購入できるため手に入れておくと何かと助けになるはずです。

値段も性能も良いものになってきた中華タブレット

タブレット端末の中でもより安いものが「中華タブレット」と言われる中国で生産・販売されているものです。

数年前までは安かろう悪かろうといった面も確かにあったのですが、現在では価格、性能ともに実用レベルに落ち着いていると言われています。

もしタブレット端末の価格に不安が残るなら中華タブレットを手に入れてみるのも良いでしょう。

高級なパーツが使われているという訳では無いので多少性能は原稿製品より劣るかもしれませんが、それでも十分に使えるはずです。

リスクとの兼ね合いとなりますが、興味が湧いたなら検討してみて下さい。

まとめ

スマートフォンと比較しながらタブレット端末の魅力について見てきました。

やはり一番の強みはスマートフォンでは打ち破ることのできないサイズです。

ただ単純に大きいというだけで、映像は迫力を増し操作も容易になっています。

もし手持ちのスマートフォンの小ささに不満があるならタブレット端末を試して見ましょう。

意外とお手ごろな値段で手に入れることができるので検討の余地は十分にあるはずです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - タブレット端末