おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブ「プレシジョンモード」を活用しよう

      2017/09/08

絵を描く

ペンタブレットIntuosシリーズの機能、「プレシジョンモード」をご存知でしょうか。

有効になっている間マッピングされるエリアが狭まり、ペンをゆっくりと動かすことができるという機能です。

「プレシジョン」とは、「精密」「精細」といった意味ですね。

有効化すると、画面内の入力できるエリアが小さく明るい枠に表示され、範囲外は暗くなります。

ズームと違い、広範囲を確認しながら作業ができるということです。

なお、プレシジョンモード中も、他に接続されているマウスなどは通常通りに動かせます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ファンクションキーに登録

すでに登録されているかもしれませんが、まずはファンクションキーに登録する手順をご紹介します。

ワコムタブレットのプロパティを開き、プレシジョンモードを使いたいソフトウェアを選択します。

「入力デバイス」は「ファンクション」を選択しましょう。

「ファンクションキー」というタブの中で、好きなボタンをクリック、リストの中から「プレシジョンモード」を選択すれば完了です。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

切り替えの挙動について

以前はボタンを押しっぱなしにしなくてはならなかったのですが、現在はトグル/切り替え式です。

一度ボタンを押せばプレシジョンモードに切り替わり、もう一度押せば解除、という挙動ですので、少し押しづらい位置のボタンに登録してしまってもいいかもしれません。

限りあるスロットに何を登録しておくのかは悩ましい問題で、修飾キーなどの押しながら使うボタンのための余地は残しておきたいところではあります。

なお残念ながら、ラジアルメニューの中には登録できない模様です。

画面上のエリアサイズ設定

登録した際、ウィンドウがポップアップしたと思います。

プレシジョンモード有効時の範囲はここで設定した目盛りで決まりますので、どの程度「遅く」動かしたいかにあわせてスライダーをいじってみましょう。

スライダーを「精細」側に寄せるとエリアは大きくなり、ペンが遅くなる度合いも緩やかになります。

反対に「超精細」側に寄せていくと相当狭い範囲まで絞り込まれ、ペンの動きも極めてゆっくりとしたものになります。

あまり極端な設定だと違和感があるかもしれませんので、はじめは標準設定か、もしくはそこから「精細」側に1、2目盛り寄せたあたりがおすすめです。

手ブレ補正・スムージング機能として

ソフトウェアによっては手ブレ補正機能を持つものもありますが、プレシジョンモードならばどんなソフトウェア上でもペンタブの挙動を変えられます。

描き込む段階になって一本一本気を遣った線を引いていく場合や、塗り・ぼかし・なじませの時に細かいコントロールを利かせたい場合など、ズームイン・ズームアウトを繰り返すよりも効率的に作業ができるかもしれません。

また、ワープ変形などで広範囲のバランスをみながら細かくノードを動かしたい時にもおすすめです。

ズームとの比較

画面に集中している時、時折眼をリフレッシュさせることはとても重要です。

一部分にズームインしての作業が長くなると、いつの間にかその部分だけ全体のバランスの中から浮いてしまっていたり、線・塗りを問わず描き込みが過ぎてしまったりといった問題が出てきます。

プレシジョンモードならば作業エリア外も常に意識しながら描いていけますので、ズームインばかりではなくこちらも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

なお、少しトリッキーな動きになってしまいますが、プレシジョンモード中もズームは可能です。

ズームアウトしてのプレシジョンモードとズームインしての通常モードを使い分けてみるのもいいかもしれません。

まとめ

数あるIntuosのキーファンクションから、今回はプレシジョンモードをご紹介しました。

ペンタブレットの場合、手元から視線を離して使用しますから、画面上でのペン先の挙動は大事な問題です。

好きな割合でペン先を安定させ、ズームとはまた違った特性で視界をコントロールするプレシジョンモード。

もしこれまで馴染みがなかった方は、一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ), 全件