おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

学費の安い漫画の専門学校4選! その魅力は安さだけではない?

   

日本では、漫画家を目指している方たちの多くが、専門学校に入学して学ぶようになりました。

しかし、経済的に余裕がない方は「家族に迷惑をかけるので入学する事はできない」と諦めているでしょう。

そこで、学費の安い専門学校を4校まで紹介しましょう。

4校は、学費が安い上に、スキルアップしやすい授業を行っているので、今まで入学に躊躇(ちゅうちょ)していた方も入学したくなるはずです(学費やサポート内容は2019年3月17日時点の情報なので注意)。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

東京アニメーター学院専門学校

『東京アニメーター学院専門学校』は、今まで漫画を制作してこなかった方でも『アニメーター』になれるようなカリキュラムを用意しています。

さらに学費も安くなっているので詳しく紹介しましょう。

学費とサポート情報

日本の漫画の専門学校では、年間の学費が150万円近くになる所もありますが、本校は驚くべき事に97~100万円程度になっています。

今まで専門学校に入学していなかった方は、少し高いように感じるかもしれませんが、他校に比べたら学費が安くなっているほうです。

経済的に余裕がない方でも、アルバイトをしながら学習をすれば、家族にかかる負担を軽減できる学費になっているので、学びやすい専門学校と言えるでしょう。

他校ほどのサポートシステムは用意されていませんが、漫画に関連する『アニメーション学科』は、1年次が97万円・2年次が87万円になっているので、入学しやすい専門学校です。

授業内容

本校では『アニメーター育成カリキュラム』が用意されていて、1年次では徹底的に基礎的なスキルを習得できるように、指導が行われています。

その内容は、基礎描写・基礎デッサン・背景実技・キャラクター描写・パース基礎などです。

多くのものが、漫画を制作する上では欠かせないスキルになるので、今まで漫画を描いてこなかった方でも、漫画家を目指せる内容になっています。

2年次では、レイアウト実技や就職用作品制作&添削などが行われるので、実践的なスキルを学べる上に、アニメーションの制作会社に入社するための準備も行えるのです。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

大阪情報コンピュータ専門学校

『大阪情報コンピュータ専門学校』の場合には、東京アニメーター学院専門学校ほど学費は安くなっていませんが、様々なサポートシステムを用意しているので、詳しく解説しましょう。

学費とサポート情報

本校(大阪情報コンピュータ専門学校)の学費は、入学金12万円・授業料(1期)30万円・授業料(2期)30万円・実習費18万円・施設&設備費15万円で、合計金額は105万円になっています。

しかし、数多くの奨学金を用意していて、第1種奨学金は、自宅通学の場合には貸与金額2万~5万3千円・自宅外の場合には貸与金額2万~6万円になっているのです。

さらに『特別奨励奨学金』や『学業支援奨学金』などもあって、特別奨励奨学金の奨学金学は20万円にもなって、学業支援奨学金は10万円にもなります。

学費は少し高くなっていても、様々な奨学金が用意されているので、経済的に余裕のない方には、おすすめの専門学校です。

授業内容

本校には『CGアニメーションコース』が用意されていて、Premiere・Photoshop・Illustrator・3dsMAXなどの操作法を学ぶ事ができます。

Premiereは、アニメーション制作を行う事ができるソフトなので、アニメーションの制作会社で働きたい方には、覚えておいて損はしないでしょう。

Photoshopは、画像編集ソフトとして有名ですが、CGによる漫画を制作する事も可能なので、極めて重要なソフトになります。

Illustratorは、ペンツールによってキャラクターを制作できるソフトなので、漫画作品に登場させるキャラクターを制作する際の下書きとして作成する事も可能です。

3dsMAXは、3DCGのアニメーションを制作する上で、重要なソフトになります。

このように様々なソフトの操作法を学ぶ事ができるので、CGの漫画やアニメーション制作を学びたい方は、入学してみる価値があります。

名古屋モード学園

数多くある専門学校の中でも高い知名度を誇っているモード学園ですが『名古屋モード学園』では、学費を免除する制度を用意しています。

そのため、多くの方たちが入学しやすいと思うので、詳しく解説しましょう。

学費とサポート情報

2019年度の『グラフィック学科』の学費は、授業料78万円・教育充実費14万1千円・施設&設備維持費19万8千円で、年間の合計が111万9千円となっています。

本校も東京アニメーター学院専門学校ほど安くはなっていませんが『交通学割』を利用する事ができるので、遠く離れている方にとっては、嬉しいサポート制度を備えています。

さらに『AO入学』にエントリーする事も可能になっていて、出願時の選考料3万円を免除してもらえるのです。

授業内容

漫画やアニメーションのスキルを取得できる『グラフィック学科』では、デッサンからグラフィックまで学ぶ事ができます。

デッサン力を上げる事ができれば、イメージ通りのキャラクターを描けるようになるので、漫画を描きたい方にとっては、注目すべきポイントです。

授業では、プロが直接指導してくれるので、様々なスキルを取得する事ができます。

『WEBデザイン』を制作する事もできるので、自分のHPを制作して、そこに漫画作品を紹介する事も可能です。

実は、最近ではHPに漫画を掲載して、広告使用料で生活している漫画家も多いのです。

HPで有名になってきたら、本を出版するようになった方もいるので、WEBデザインを学んでみるのも悪くはないでしょう。

アミューズメントメディア総合学院

今回紹介する4校の中では、最もが学費が高くなってしまうのが『アミューズメントメディア総合学院』になります。

しかし、本校では多くのサポート制度を用意しているので、その魅力に迫ってみましょう。

学費とサポート情報

2019年度の『マンガ&イラスト学科』の学費(初年度)は、入学金10万円・授業費85万円・施設設備費17万円・演習実習費8万円で、初年度の合計は120万円にもなります。

2年次の学費は、授業費85万円・施設設備費17万円・演習実習費8万円で、2年次の合計は110万円になっているのです。

しかし、国の『教育ローン・学院提携教育クレジット』を利用できますし『AO入学制度』もあるので、経済的に余裕のない方でも入学しやすくなっています。

そして『新聞奨学制度』や『寮付アルバイト制度』まで用意されているので、アルバイトしても学んでみたいと思っている方には、入学しやすい専門学校です。

授業内容

マンガ&イラスト学科では、それぞれ担当講師が大勢いて、背景描写実習・模写実習・マンガ概論・マンガ技術実習などの講師がいます。

専門となる講師が細かく指導してくれるので、苦手な分野を徹底的に学んでいく事が可能です。

授業では『独自カリキュラム』を採用していて、個別に作品指導していくので、多くの生徒たちがスキルアップできる環境になっています。

実際に、個別指導できない所では、授業に追いついていけない生徒も出てくるので、個別指導してくれるのは本校の魅力的なポイントです。

まとめ

漫画の専門学校は、学費が高い所が多くありますが、学費が安くなっている学校もあるのです。

そのため、近くにある専門学校の学費が高すぎて諦めていた方は、今回紹介した4校の中から、検討してみる価値があります。

実際に、アルバイトをしながら学ぶ生徒をサポートしている所もあるので、経済的に余裕がない方でも学ぶ事は十分に可能です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 全件