おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

賢くお得に!通信契約なしのタブレット端末を外で使う方法とは?

   

無料WiFiに接続

タブレット端末は、本体だけ購入して、通信契約をしないで、Wi-Fiで使用するという方法もあります。

でもそうしてWi-Fiでタブレット端末を使用しようとすると、家でしか使えなくなることがあります。

せっかく買ったタブレット端末が家でしか使えないというのは、やはり勿体ないです。

なのでここでは、通信契約なしのタブレット端末を外で使用する方法を紹介します。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

テザリングで使用する

通信契約なしのタブレット端末を外で使用する方法として、もっとも簡単かつ、長い間使用出来る方法は、やはりテザリングで使用するという方法でしょう。

携帯キャリアでスマートフォンを契約している方の多くは、スマートフォンでテザリングが行えるはずです。

そうしてスマートフォンでテザリングができれば、そのテザリング機能で、タブレット端末をネットに接続することができるようになるのです。

しかもそのテザリングは、無料で使用できることが多いものなので、タブレット端末を外でネットにつなぐのも、無料で出来るという事になります。

なのでこういう方法で接続をするというのは、すごくおすすめです。

テザリングを見越した契約にしておくのが吉

ただ、そうしてタブレット端末をテザリングで使用するのであれば、その際には、そもそものスマートフォンの契約を、テザリングで使用することを見越した契約にしておく必要があると言えます。

タブレット端末をで見るインターネットが、たとえばただのニュースサイトとか誰かのブログとかSNSとか、それくらいなのであれば別に問題はないかもしれません。

でも、わざわざ家で使用するのがメイン用途であるであろうタブレット端末を外に持っていって、そうしたSNSやブログしか見ないという事はまずないでしょう。

それを外に持って行くということは、それなりにしっかりと、長時間ソレを使用するつもりなのでしょう。

そして長時間ソレを使用するということは、だいたいの場合で動画を見たりするのしょう。

動画を見たりするということは、それだけ通信容量をくうという事になります。

なので、たとえばスマートフォンの契約が5GBくらいなのであれば、すぐに通信制限になってしまうと言えるでしょう。

でも通信制限になるとテザリングも重たくなりますから、それは良くありません。

だからそうならないように、スマートフォンの通信容量は、特大にしておくべきなのです。

20GBくらいはほしいところ

外で頻繁にテザリングをするのであれば、20GBくらいは欲しいところになります。

20GBくらいあれば、多少外でタブレット端末を利用して動画を見たとしても、なかなか容量が使い切られることはないでしょう。

そして、その20GBくらいの契約と、5GBくらいの契約は、対して値段が変わらないことも多いです。

もちろん20GBの高いのですが、その容量の差を考えると、その値段の差はすごく小さいと言えるのです。

それならばやはり、20GB位は欲しいところです。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

公衆Wi-Fiがつなげるところで使用する

外で通信契約のタブレット端末を使用したいのであれば、公衆Wi-Fiが使用できるところで使用するというのもひとつの方法になります。

今では、日本でも公衆Wi-Fiは広まっています。

たとえば駅にもあるところはありますし、バスの中にもあれば、あるいはファーストフード店にも、コーヒーチェーンにもそれがあるところはたくさんあります。

なので、そういうところを探すこと自体は決して難しいことではないでしょう。

だから、簡単にそのWi-Fiを利用できると言えます。

お店の場合はコストがかかるのがデメリット

この方法にはデメリットもいくつかあります。

まず一つは、コストがかかることです。

駅などの公衆Wi-Fiの場合はコストもかかりませんが、駅の場合は、コスト云々の前に、あまり長いは出来ないでしょう。

なので、基本的には公衆Wi-Fiを使用する際には、お店に入ることが多くなるでしょう。

でも、お店に入るとなると、そのお店でのコストがかかるようになるのです。

そうしてコストがかかってしまうのは、やはりデメリットでしょう。

時間制限があることがある

また、こういう公衆のWi-Fiには、その使用に時間制限があることがあります。

時間の制限があると、使いたい時間分ネットを使えない可能性も出てきます。

そうして使いたい時間分ネットを使えないとなると、それはやはり満足がいく使用には至らないでしょう。

なのでそれもデメリットだと言えます。

お店に行くのが面倒

またネットにつなげるお店を探すのは簡単でも、そのお店に行くのが面倒になることは多々あります。

そもそも通信契約がない以上、直ぐにネットにつなげないのは仕方ないとしても、いちいちお店にまで行かないと使えないとなると、そこまでするなら使わなくても良いやとなることもあります。

飲みたいものや食べたいものがないこともあるでしょうし、そうなったらますますお店に行くのが億劫になるでしょう。

持ち運べるタイプのWi-Fiに変える

家で使用しているWi-Fiを、持ち運ぶことが出来るタイプのWi-Fiに変えるという方法も、外で通信契約なしのタブレット端末を使用する方法だと言えます。

家のWi-Fiは、置き方タイプのWi-Fiであることが多いでしょう。

それを、ポケットタイプに変えて、いつもそれを持ち運ぶようにするのです。

すると、タブレット端末は常時外で使えるようになるでしょう。

またそれにはもう一つ利点があります。

スマートフォンの通信費が下がる

その利点とは、スマートフォンの通信費が下がるという点です。

そうしてWi-Fiを外で利用できるようになれば、スマートフォンの通信も、そのWi-Fiを利用して行えば良いことになります。

そうなれば当然、スマートフォンの通信容量は、すごく少なくても良いという事になります。

そうして通信容量を下げることができれば、その分だけ通信費も下がっていきます。

なので、結果的に、全体的な通信費も下がると言えるでしょう。

それは間違いなく、お得です。

デメリットはものが増えること

では、こうして持ち運べるタイプのWi-Fiに変えることのデメリットはどこにあるでしょうか?

持ち運べるタイプのWi-Fiに変えることのデメリットは、持ち運ぶものが増えてしまうことです。

持ち運ぶものが増えてしまうという事は荷物も重たくなります。

また、充電しないとならないものも増えるので、家の中もごちゃごちゃしてしまうでしょう。

それが、デメリットです。

費用や手間のバランスで決めよう

このように、通信契約のないタブレット端末を外で使用する方法は、大きく分けて3つあると言えます。

この3つのうちどれを選ぶべきかは、費用や手間とのバランスの兼ね合いになるでしょう。

テザリングの場合はスマートフォンの通信費用はあがりますし、公衆Wi-Fiは面倒ですし、Wi-Fiを持ち運べるものに変えるのは、荷物が増えます。

なので、どれも費用が掛かったり手間がかかったりするのです。

そのあたりのバランスを比べて、自分にとってちょうど良い方法で接続していくと良いでしょう。

まとめ

通信契約のないタブレット端末を外で使用する際には、是非これらのことを参考にしてみてください。

このように、意外と通信契約なしでも外で問題なく使用できたりするので、タブレット端末を買う際には、あえてわざわざ通信契約をしなくても良いでしょう。

少しでも安く使用出来た方が満足度も上がりますから、こうしてお得に賢く使用していきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - タブレット端末