おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

逆に寿命を早めちゃう?やってはいけない液晶テレビのケア方法とは

   

液晶テレビは、基本的にはあまり汚れやすいものではありません。

しかし、頻繁にそれに触れていたり、その近くでご飯を食べたりすることがあるのであれば、液晶テレビも汚れてしまうことはあります。

そうなったらやはりケアをしないとなりませんが、液晶テレビをケアする際には、やってはいけない事があります。

ここではそれについてみていきたいと思います。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

濡れたもので画面を拭くことはNG

液晶テレビをケアする際に、やってはいけないケア方法としてまず言えるのは、濡れたもので画面を拭くという事です。

たとえば濡らしたタオルで画面を拭いたり、あるいはウェットティッシュで画面を拭いたりしまっていたという方もいるのではないでしょうか?

でも、基本的には濡れたタオルやウェットティッシュで液晶テレビの画面を拭くというのはNGになるのです。

ではなぜそうして濡れたもので液晶テレビの画面を拭くのがNGになるのかわかりますでしょうか?

画面に跡がついてしまうから

それは、シンプルな話で、濡れたもので画面を拭いていると、画面に跡がついてしまうことがあるからだと言えます。

濡れたもので拭くと、その水滴が跡になってしまうものがあります。

たとえばステンレスの物や、あるいは鏡などはそれにあたるでしょう。

そして、液晶テレビの画面というのも、同じくそれにあたるのです。

だから、濡れたもので拭いていたら、逆に画面を汚く見せてしまうことになる可能性も出てきます。

それを避けるためにも、基本的には液晶テレビをケアする際には、乾拭きで行うようにしていきましょう。

画面だけではなく全体的にNG

そしてそれは、画面だけではなく全体的にNGだと言えます。

一番汚れが目立つのは画面ですし、汚れになりやすいのも画面なので、基本的には画面を濡れたもので拭くのが一番NGにはなりますが、それがNGになるのは、何も画面だけではないのです。

というのもそういう水の跡というのは、別に画面だけではなく、上部やサイドでも残るものなのです。

画面とは違い目立たないので別に良いと思う方もいるかもしれませんが、基本的にはそれは避けた方が良いでしょう。

また、濡れたものでボディを拭いていると、コンセント部分やどこかとの接続部分に無駄に水がついてしまうことがあります。

そうなるとそれは事故や故障のもとになりますから、そういう意味でも、液晶テレビのボディを濡れたもので拭くのは避けるのがおすすめです。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

画面をティッシュで拭くのも避けた方が良い

液晶テレビをケアする際には、画面をティッシュで拭くという方もすごく多いでしょう。

ティッシュであれば、濡れていないのでそれが跡になる心配もないですしから、それで拭いているという方も多いはずです。

しかしそれも実は、液晶テレビのケア方法としては避けた方がよいものになるのです。

なぜなら、ティッシュというのは、刺激が強いものだからです。

傷つけてしまう可能性がある

ティッシュは、そこまで固いわけではありません。

でもそれなりの目も荒いですから、それで画面を拭いていると、傷がついてしまうことがあるのです。

もちろんそうそう簡単に傷がつくわけではありませんが、何回も繰り返していると、そのダメージが次第に蓄積して、画面を傷つけてしまうことになる可能性もあると言えるでしょう。

それを防ぐためには、やはりティッシュでは画面を拭かないようにするべきなのです

では何で拭けばよいのか

濡れたもので拭くのも、そしてティッシュで拭くのもだめだと言われたら、そもそも液晶テレビの画面は何で拭けばよいのかわからなくなってしまうという方もいるでしょう。

基本的には液晶テレビの画面は、タオルで拭くのが正解だと言えます。

それも、ごわごわなタオルではなく、なるべくやわらかいタオルで拭くと良いでしょう。

そうすれば、画面に対してあまりダメージを与えることなく、画面だけを綺麗にしていくことが出来るでしょう。

なので、それが一番無難なケア方法になります。

洗剤や洗浄液などを使用するのもだめ

画面がすごく汚れている場合には、たとえば薄めた洗剤やあるいはメガネの洗浄液などをつけて、それで汚れを落としていきたくなることもあるでしょう。

でもそれも、避けないとならないケア方法だと言えます。

確かに画面についていてなかなか落ちないような頑固な汚れは油汚れである可能性は高いです。

画面に手がふれることがあれば、その手から皮脂が就いたりすることもありますし、あるいは実際に料理の油などが跳ねることもあるでしょう。

そしてそういう油汚れは頑固なので、落とさないまましばらく放置していたら、なかなか落ちない汚れとなってしまうこともあります。

そうなったらソレを落とすために、油汚れに強そうなアイテムを使って、それの力で落としていきたくなるものです。

でもそれはダメなのです。

なので、基本的にはそういう頑固な汚れも、地道に落としていくしかないと言えるでしょう。

その汚れはそうしたやっかいな物なので、そもそもそういう汚れが付かないようにしていくということも、すごく大切なことになります。

画面がとけてしまうこともある

そういうものを使用してケアをしていくと、マレにですが、画面がとけてしまうこともあります。

そうなったら当然ながら、その液晶テレビは再起不能になります。

そもそも液晶テレビのケアというのは、少しでもその液晶テレビを長く使いたいからケアしているというところがあるでしょう。

それなのに、こうして間違ったケアをしてしまうせいで、その寿命が早くなってしまっていたら、それはすごく残念です。

なので、そうならないように、こういうケアは避けていきましょう。

強くこすらないこともポイント

液晶テレビをケアする際にやってはいけないこととして、強くこすって汚れを落とそうとするという事も挙げられます。

頑固な汚れなどは、ついつい強くこすって落とそうとしてしまうこともあるでしょう。

でも強くこすったからといって、その分汚れが落ちやすくなるということはまずないと言えます。

それがどんな類の汚れであれ、強くこすっても落ちやすくなることはそうそうありません。

なので、強くこする意味もないのです。

強くこすると画面が剥がれることもある

それなのに画面を強くこすっていたら、そのせいで画面が剥がれてしまうこともあります。

もちろんいきなり全体的に剥がれるわけではありませんが、コーティングされているものなどが剥がれてしまうという事は、全然起こりえます。

そうしてそれが剥がれてしまうと、当然その分テレビの状態は悪くなります。

また、その剥がれは次第に広がると言えるので、そう遠くないうちに全然うつらなくなるということも考えられるでしょう。

もしそうなったらすごく残念です。

そうしないためには、強くこすらないという事が大切になります。

強くこする事にはデメリットしかないのですから、基本的にはやさしくなでるように汚れを落としていくように心がけていってください。

液晶テレビと言うのは、それだけ繊細だということです。

まとめ

液晶テレビのケア方法としてやってはいけないことは、以上の通りになります。

きちんと液晶テレビをケアしてあげることはすごく大切なことになります。

でも、そのケアにケアとしての効果をきちんと出していくためには、正しくケアをしないとなりません。

せっかくのケアを逆効果にしてしまわないためにも、こうしたしてはならないケア方法はしっかりと頭に入れておいてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ