初心者でもデザインのスキルを習得できる専門学校を紹介!

専門学校で学ぶ

デザインの仕事をしたいと思っても「自分はデザインを全く勉強してこなかったから、デザイナーになる事はできない」と諦めていないでしょうか。

実は、日本の数多くある専門学校の中には『日本デザイナー学院』のように、初心者でもデザイナーになれるように指導してくれる所もあるのです。

そこで、デザイナーになりたくても自信が持てない方のために、本校について詳しく紹介するので、参考にしてみて下さい。

Amazonブラックフライデー開催中!(最大10000ポイント)(12/2まで)

>>私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら


本校をおすすめするポイント

本校は、デザインをあまり勉強してこなかった方でも、短期間でスキルアップできるような取り組みを行っています。

それでは、どのような取り組みを行っているのか解説するので、確認してみて下さい。

初心者でもスキルアップ可能

デザインをあまり勉強してこなかった方が、高度なテクニックを教えている専門学校へ入学したら、授業に追いつけない可能性があります。

専門学校は中学校や高校とは違って、学習期間が2年しかない所が多いので、授業に追いつけなくなったら、プロになる事は凄く難しいです。

そこで、本校では『基礎的なスキル』から覚えてもらえるようなカリキュラムを用意しています。

基礎的なスキルから習得していけば、今までデザインを学んでこなかった方でも、しっかりとスキルアップする事が可能です。

作品を制作できる時間

デザインのスキルを習得するためには、どのようにデザインをしていけばいいのか勉強するだけではなく、作品を完成させる事も重要です。

しかし、スキルを習得させる事を重視している専門学校へ通学してしまえば、作品を制作する時間が足りなくて、デザイナーにとって必要な経験を積む事ができません。

そのような事では、仮にデザイナーになれたとしても、多くの仕事を任せてもらえないでしょう。

ところが、本校では作品を制作できるように、多くの時間を割いているので、デザイナーにとって必要な経験を積む事ができます。

Amazonブラックフライデー開催中!(最大10000ポイント)(12/2まで)

>>私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら


日本デザイナー学院の学科

本校には、デザインに関係がある学科が4つあって、それが、ビジュアルデザイン科・ソーシャルデザイン科・グラフィックデザイン科・インテリアデザイン科などです。

この4つの学科は、それぞれ大きな違いがあるので、詳しく解説しましょう。

ビジュアルデザイン科

多くの専門学校では学習期間が2年になっていますが、ビジュアルデザイン科では3年もあります。

これだけ多くの学習期間があるので、しっかりとデザインを学びたい方には、おすすめの学科です。

さらに、ビジュアルデザイン科では『最先端の映像技術』を学ぶ事ができるので、映画・PV・CMなどの映像作品を制作するためのスキルを習得する事が可能です。

そして『インターンシップ』も用意されているので、在学中にデザイン業界で必要なスキルを習得する事もできます。

ソーシャルデザイン科

ソーシャルデザイン科も学習期間が3年もあるので、様々なスキルを習得する事ができます。

ただし、ソーシャルデザイン科で学べる内容は、ポスター・広告パッケージ・ロゴなどになっているので、TVというよりは印刷に関係する内容になっています。

そのため、雑誌のデザインが好きな方であれば、そのカリキュラムの内容に満足できるでしょう。

そして『創世チャレンジプロジェクト』を実施していて、地域の方たちと共に、問題となっているものを解決していく事もできます。

創世チャレンジプロジェクトで、問題を解決する事ができれば、デザイナーにとって必要な対応力を身に付ける事が可能です。

グラフィックデザイン科

グラフィックデザイン科は、学習期間が2年しかありませんが、昼間に勉強できる『専門課程l部』と、夜間に学べる『専門課程Ⅱ部』があります。

専門課程l部では、グラフィック関連のソフトを操作する方法を学べる上に、今までにないデザインを思いつく『発想力』を身に付けられるような授業を行っているのです。

専門課程Ⅱ部では、集中的に専門分野を学べる内容になっていて、基礎的なスキルから、印刷メディアやWEBデザインの技術なども学べるようになっています。

あなたの学びやすい時間を選べるようになっているので、学生の方だけではなく、社会人の方でも学びやすい学科です。

インテリアデザイン科

インテリアデザイン科は、名前の通りでインテリアに関連するスキルを習得していく学科です。

そのため、ポスターや映像などのスキルを学ぶ所ではありません。

インテリアデザイン科の学生が目指せる職業は、インテリアデザイナーや住空間デザイナーなどになっています。

雑誌のデザインや、CMの映像よりもインテリアのデザインに惹かれる方には、インテリアデザイン科はおすすめの学科です。

本校の設備

本校は、初心者でも学びやすいカリキュラムを用意している上に、充実した設備を完備しています。

実際に、設備が充実していなければ、スキルアップしたり、就職活動を行ったりする事が難しい場合もあるので、本校の設備について詳しく紹介しましょう。

コンピュータ実習室

本校の『コンピュータ実習室』では、多くのMacが完備されていて、全ての生徒が一台のMacを利用できるようになっています。

実は、日本国内には多くのMacを完備しているとアピールしている所はありますが、生徒二人で一台のMacを共有している場合があるのです。

二人でMacを共有するような学び方では、効率よく勉強する事ができないので、短期間でスキルアップする事が難しいので注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、多くのMacが完備されている本校であれば、短期間でスキルアップする事が可能です。

キャリアセンター

デザイナーにとって必要なスキルを習得したとしても、就職活動に失敗してしまえば意味がありません。

そこで、本校では『キャリアセンター』を完備していて、インターネットで最新の求人情報を確認する事が可能になっています。

さらに、企業情報を閲覧できる『就職相談室』もあって、スタッフの方が相談に応じてくれるのです。

実際に、就職活動で思うような結果が出ない時には、自身を失いやすいです。

そのような場合でも、このように充実した設備があれば、自信を持って就職活動に取り組む事ができるでしょう。

本校の説明会

本校の魅力を紹介してきましたが、入学する前に、どのような専門学校なのか詳しく知りたい方もいるでしょう。

そのような方のために、本校では『学校説明会』を行なっているので、詳しく解説します。

出張説明会

本校は、渋谷駅から徒歩5分の所にあるので、首都圏に住んでいる方であれば、行きやすい所に立地しています。

しかし、首都圏に住んでいない方であれば、学校説明会へ行く事も難しいでしょう。

そこで、本校では『出張説明会』を行なっていて、地方都市に住んでいる方でも、本校の学校説明会へ参加しやすくなっているのです。

実際に、今まで東京や神奈川のような大都市だけではなく、山形や長野のような地方都市でも開催しているので、多くの方たちが気軽に参加する事ができます。

説明会の内容

専門学校の学校説明会と聞いたら、多くの方たちが学科や設備の説明と思ってしまうでしょう。

ところが、本校の学校説明会では、学校に関する説明だけではなく、学費・入学・就職などの説明も行なっているのです。

そのため、本校へ入学するべきか悩んでいる方でも、学校説明会で分からない事を質問したら、多くの事を把握する事ができます。

まとめ

本校では、初心者でもスキルアップできるように、基礎的なスキルから教えてくれます。

そのため、今までデザインを勉強してこなかった方でも、デザイナーを目指す事は十分に可能です。

さらに、昼間だけではなく夜間でも学べる学科も用意しているので、学生の方だけではなく社会人の方でも学びやすい専門学校です。

夜間で学べば、会社を辞める必要がないので、転職活動に成功してから会社を辞める事ができるので、あまり貯金を減らさないでデザイナーになる事ができます。






専門学校で学ぶ