おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

デジタルでお絵かきするのにかかせないペンタブ!

      2017/09/08

デジ絵

パソコン上でお絵かきをする道具として必要なペンタブレット、略してペンタブ。

マウスでもお絵かきは出来ますが、紙の上に直接線を引くようにしてPCに描けるペンタブはお絵かきが好きな人にはかかせない道具です。

Wacomのメーカーのものが一般的ですね。

お絵かきが好きな人、デジタルでお絵かきがしてみたい人になどおすすめしたい道具です。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

どんなことができるの?

文字を書いたり、絵を描いたり、漫画を描いたりという行為を、マウスよりも手軽に、簡単にできます。

マウスのかわりとして使っている人もたまにいます。

とくに絵を描く人にはおすすめの道具であり、これ一つあれば高価なグラフィックソフトがなくても、フリーグラフィックソフトなどを用いればすぐにお絵かきが出来てしまいます。

フリーではないものの、安価であり使い勝手も良く幅広く浸透しているSAIや、少々割高ながらもイラストから漫画まで描けてしまうCLIP STUDIO PAINTなどのソフトを用いれば、よりお絵かきが快適かつ楽しくできます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

どれを買ったらいいの?

一口にペンタブレットと言っても、さまざまな種類があるので迷ってしまいますよね。

基本的にはWACOM社がだしているペンタブレットがおすすめです。

私はもう10年以上もWACOMが出しているペンタブレットを使用していますが、サポートも充実していますし壊れにくいうえに数多くのグラフィックソフトとの相性もいいです。

BambooやIntuos、Cintiqシリーズなどがありますが、まだペンタブレットに触れた事のない人はBambooやIntuosなどの安価なものからはじめていいと思います。

長く使いたいという人にはショートカットも設定できるIntuos Proがおすすめ。

手首で描く人は小さいサイズで、腕を使って大きく描く人には大き目のサイズがいいですよ!
家電量販店では試し描きができる所もあるので、そう言った場所で描き味を確かめて購入の参考にしてみるのもおすすめです。

保護シートや替え芯って?

ペンタブレットを使っていると、徐々にペン先がすり減ってきます。

それはペンを走らせている部分とペン先が摩擦することによって起こる現象であり、そのためペン先はすり減り、描いている部分も傷が付いてしまいます。

その傷を防止するためには保護シートがおすすめ。

ペン先は消耗品の為ある程度すり減ったと思ったらピンセットで抜いて芯を取り変えましょう。

替え芯はアマゾンなどのネットショップでも購入できます。

手作りでパスタを使った芯や麺棒を使った芯なども存在しますが、あくまでも自己責任であり、それを使用して破損してもサポートは受けられない為リスクを冒すよりはメーカーのものを使用した方が安心です。

板タブレットと液晶ペンタブレットの違い

板タブレットとは、BambooやIntuos、Intuos Proなどの机に直接置いてパソコン画面を見ながら描くもののことです。

アナログ作画とは違い、手元を見ずに画面だけを見るので最初のうちは慣れないという人も多いです。

しかし、アナログとは違って自分のペンを持つ手が邪魔にならずに全体像をきちんと見ながら描く事が出来ます。

そして最大の利点は安価だということ。

安価であるからこそ手も出しやすいので初心者にはおすすめです。

液晶ペンタブレットとは板タブレットとは違い、よりアナログに近い感覚で作画できるものです。

海外製品もありますが、やはりサポートが充実しているWACOM社のCintiqシリーズが主流。

手元を見ながら紙にペンを引くように描けるのが最大の利点です。

より直感的に描けるので、個人差はありますが板タブレットよりも線画がはやくなったり、色塗りがはやくできたりします。

プロのイラストレーターさんや漫画家さんも愛用しています。

しかし板タブレットとは違い、自身の手が邪魔であったり、なんといっても一番小さくて安いCintiq 13HDでも10万円以上という手を出しづらい高価な品物のため、手を出しにくいのが難点です。

まとめ

ここ最近では、プロに関わらず趣味で液晶ペンタブレットに手を出す人や、入学祝い、合格祝いといった時に親御さんからプレゼントされたりすると聞きます。

しかし、どんなに便利な道具であっても、所詮道具は道具です。

持ち手の力量以上のものはだせません。

つまり、絵を殆ど描いた事がない初心者がいきなり液晶ペンタブレットという高価なものに手をだしてもあまりいい結果はでないでしょうと言う事。

もしかしたら殆ど使えずにしまってしまうなんてこともあるかもしれません。

だからこそ最初は安価で手を出しやすい板タブレットからはじめて自分の画力を高め、そして欲しければ頑張って液晶タブレットを買う。

そうすれば、きっといい買い物ができると思います。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ), 全件