おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液タブは活用次第では今まで描くことができなかったイラストを描ける

   

液タブを上手に活用することで、イメージ通りのイラストを描くことができるようになります。

液タブには多くのモデルがあり、そのモデルによってスペックが大きく異なってきます。

液タブを選ぶ場合には、ただ価格だけで選んでしまうのではなく、このスペックを中心として選ぶことが重要です。

決して安い物ではありませんので、失敗しない選び方を身につけましょう。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

液タブと板タブの違いとは

板タブとは

液タブや板タブなど、デジタルでイラストを描きたいと考えている人は間違いなくこの2つの違いについて分からなくなってしまいます。

どちらも同じような機能を持っていると勘違いしてしまい、深く調べることなく購入してしまえば間違いなく失敗をしてしまいます。

どちらもメリット、デメリットがありますがこの2つのメリットを深く知ることで自分がどちらのタイプを購入するべきかが見えてきます。

まず板タブですが、板タブはパソコンなどの画面を眺めながら専用の板タブに専用のペンを使用して描くことができる機器です。

今までマウスを使用してデジタルイラストを描いていた人は、この板タブがあることでとても便利だと感じることができます。

マウスでは自分がイメージしていたようなイラストを描くことは難しく、さらに細かい部分については描き辛いと言うことがありました。

板タブは専用のペンではありますが、イラストをペンで描くように使用することができるため、イメージ通りのイラストを簡単に描くことができるようになります。

しかし、一方で本物のペンを紙を使用して描いているような感覚にはなり、辛い面があります。

板タブにペンを走らせて描きますが、目線はパソコンなどの画面にありますので慣れるまでは感覚が難しいと感じてしまいます。

しかし、板タブはとても安価に購入することができるメリットもあります。

液晶画面などが付いていませんので、当然安価に購入することができさらに軽量であることもメリットです。

液タブとは

そして液タブとは、液タブ自体が画面になっていると言う特徴があります。

そのため、ペンと紙を使用して描いているような感覚にとても近くなるため、本格的なデジタルイラストを手軽にその場で描くことができます。

イメージしてみればすぐに想像できますが、液タブを紙として、専用のペンではありますが今まで使用していたペンのスタイルで描くことができますので、楽な体制でデジタルイラストが描けることは用意に想像できます。

また、今までデジタルイラストを使用したことがない人でも楽に描くことができるメリットもあります。

こうしたメリットを利用することができれば、外出先での仕事場でも手軽に利用することができるようになります。

また、自分が楽だと感じる角度に画面を動かすことができますので、さらに手軽さを利用して描くことができます。

しかし、液晶画面が付いていますのでどうしても価格が高くなってしまいます。

ただ、板タブはパソコンの画面が必要になってきますので、パソコンの画面も一緒に購入しなければならないことを理解しておきましょう。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

液タブのメリットを活用した利用方法

慣れるまでに時間がかからない

液タブは購入して、すぐに使うことができさらに慣れるまでの時間はほとんど必要ありません。

慣れるまでに時間がほとんど必要ないことが、液タブ大きなメリットでもあります。

すぐにイメージをしたことを形にしたい、すぐにメモを取るようにイラストを描きたいと言う人には、液タブはなくてはならない存在になります。

こうした使用方法を活用すれば、確実に作業効率はアップしていきます。

板タブとしても活用できる

そして、液タブは実は板タブとしても活用させることができます。

パソコンに液タブを接続させれば、板タブとしても使用することができるため、板タブとしてのメリットも得ることができるのです。

液タブは紙にそのまま描いているような感覚で使用できる反面、描いている部分が手に隠れてしまい描き辛いと言う面があります。

こうしたデメリットを感じている場合には、板タブと同じような使用方法を行い、液タブのデメリットを解消させて使用することをおすすめします。

上手に液タブを活用することで、スピーディーにイメージ通りのデジタルイラストを描くことができます。

液タブの上手な選び方

画面サイズは必ず重視する

液タブを選ぶときには、まず画面サイズは最初に悩んでしまう部分です。

画面サイズは購入した後から変更させることができませんので、必ず時間をかけて検討する必要があります。

画面サイズはどのメーカーでも小型、中型、そして大型とに分けられています。

小型サイズでは13インチモデルが多く、中型は16インチから22インチサイズが一般的です。

そして大型サイズになれば27インチクラスも多く販売されています。

重要なことは、どのような用途で使用するかと言うことです。

モバイル機器として使用する場合にはやはり小型から中型サイズに留めておくことをおすすめします。

27インチクラスの大きいな画面サイズを選んでしまった場合、描きやすいと感じますが確実に持ち運ぶには苦労をしてしまいます。

そして、自宅などで液タブとしても板タブとしても活用したいと考えている人は、大型の画面サイズが間違いなく有利になってきます。

機能性も重視する

また、液タブにもメーカーなどにより機能性に大きな違いがあることも理解しておきましょう。

この機能性によって、デジタルイラストを描く快適さが大幅に変わってきますので、できるだけ高性能なモデルを選ぶことをおすすめします。

高性能な液タブは、当然それだけ価格も高くなってしまいますが、長く愛用することをイメージした場合はやはり高額になっても高性能なモデルを購入した方が将来的には得だと感じることは間違いありません。

おすすめの液タブ2選

CintiqPro16

【Amazon.co.jp限定】ワコム 液晶ペンタブレット15.6型 Wacom Cintiq Pro 16 オリジナルデータ特典付き TDTH-1620/K0

ワコムのCintiqPro16は、全てのバランスに優れている液タブと言えるモデルです。

画面サイズも16インチと、さまざまな用途で使用できるベストサイズだと感じることができ、さらに高性能なProモデルになりますので、不便さを感じることは少ないと言えます。

重量も1.5キログラムとちょうど良く、どこにでも持ち運ぶことができ、いつでも思いついたイラストを形にさせることができます。

CintiqPro16は、多くの人に使用して欲しいおすすめのモデルです。

Cintiq22HD

ワコム 液晶ペンタブレット 21.5インチ Cintiq22HD 【新型番】2015年1月モデル DTK-2200/K1

ワコムのCintiq22HDは、フルHDに対応しているまさにプロ用の液タブと呼べる存在です。

チルト角度調整機能や、回転ができる高機能なスタンドが付属されていることなど、まさにデジタルイラストレーター専用の液タブモデルと言えます。

多くの液タブがありますが、Cintiq22HDは多くのバランスに優れているモデルなので、プロとして活躍している人でも、これからプロとして学んでいきたいと考えている人にもとてもおすすめできる液タブだと言えます。

画面サイズがとても大きく、描きやすさも追求されています。

まとめ

液タブを活用することで、今までのデジタルイラストの幅が大きく変わっていきます。

しかし、どのようなモデルを購入するべきかは、とくに今まで液タブを活用したことがない人であれば間違いなく迷ってしまいます。

これから液タブを購入する人は、まずは画面サイズなどの基本的なスペックを確認できる知識を備えてから選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液タブ(液晶ペンタブレット)